STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

日々の成長が明らかにわかる


写真や動画を見ているだけでも、息子が日々成長しているのが分かります。
どんどんできることが増えています。本人は、自覚があるのかな??

2週間くらいまでは、手はずっと握っていたのですが、少しずつ開いている時間が長くなっているようです。まだ自分でものを掴むことはできませんが、掴ませるとずっと握っています(でも自分では離せない。。)

首も徐々にすわってきているように感じます。首を抑えなくとも、頭が前に落ちません。あと2週間くらいですわりそうな印象です。

寝返りは、まだもう少しかかりそうですが、それでも一人で寝返りをうとうと奮闘しているようです。寝返りをうとうと踏ん張っているのは、見ていて微笑ましいです。踏ん張りながら少し唸っています。

追視も、2週間くらい前だとできなかったようですが、いつの間にかできるようになっています。

バランサーも、2週間前は嫌がっていたのに、今では長い時間乗っていられるようになりました。

手足バタバタ運動の一環で、左手をぶんぶん振り回すことが多くなっていますが、これは左利きの素養があるのかもしれません。自分の場合、スポーツはすべて左、、筆や箸は右ですが、息子がどうなるか楽しみです。

日に日に成長しているのが分かるので、スラダンの中で花道を見守る安西先生の気持ちがすこし分かります。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|日本(日記)|2014-08-21_12:14|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント