STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

ストーブリーグ

レブロンが、キャブスに戻りました。
ヒートだと勝つチャンスがないと思ったのか、それとも生まれ故郷のクリーブランドに戻りたかったのか、その真意はわかりませんが、これでキャブスは一気にコンテンダーになりそうです。

クリーブランド・キャブス。レブロンが4年前にこのチームを離れてから、ずっと低迷しています。
低迷していたので、ドラフトでは上位指名権を獲得し、上位選手が揃っています。
奇跡的なのは、去年ドラフト1位を指名できたのですが、今年も1位指名権をゲットし、2年連続同じチームがドラフト1位選手を獲得しました。

でも、まったくチームが強化されていません。どうも中途半端な選手が多いようです。アービングも得点力はありますが、チームを勝たすようなプレイはできず、しかも怪我が多い。昨年ドラフト1位のベネットに関しては、試合にも出れないレベルです。今年指名のアンドリュー・ウィギンスは、それなりに期待できますが、線が細いのでまだまだ時間がかかりそうです。高校時代はレブロンの再来かといわれていましたが、大学で評価を落としてしまいました。

そんなチームに戻ってきたレブロン。いったいどんなプレイを見せるのか注目です。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2014-08-01_02:28|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント