STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

南米パラグアイから戻り、2017年5月からタイ(バンコク)に行くことが決まっています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

FINAL FOUR 2014 第一試合

NCAAトーナメントの準決勝が行われました。

どちらもすごくいい試合で、見応えがありました。

第一試合 コネティカット大学対フロリダ大学。
どちらは上級生がチームの中心で、大学バスケらしいチームです。こういう言い方は少し変ですが、ケンタッキー大学のように将来のNBA候補生を各高校からリクルートして、一年生を中心にしたチームがあります。そういうチームに比べると大学らしいバスケチームということです。

コネティカット大学は、ネイピアーを攻撃の中心にしたチームで、基本的に彼がボールを運び、ゲームメイクし、シュートを決めるというくらいの大黒柱ぶりを発揮して、ファイナル・フォーまで勝ち上がってきました。彼の出来がチームの出来を決めます。監督は、ケビンオリー。先週準々決勝を見ていた時に、なんか見たことある顔だなと思っていたのですが、NBAで10年以上もプレーしていたケビンオリーでした。

現役時代とほとんど変わっていません。2012年からチームを率いており、まだ40歳ちょっと過ぎのはずですが、良いチームを作り上げてきました。彼は、もちろんコネティカット大学卒業です。

ちらっと調べてみると、コネティカット大学は、NBA選手を多く輩出しています。

http://www.cbssports.com/collegebasketball/alumni-tracker/school/3915

一番は、なんといってもレイ・アレンです。ケビンとレイアレンは、おそらく大学時代に1-2年一緒にプレーしていますね。

一方のフロリダ大学は、突出した選手はいないのですが、チームのバランスが良いチームです。全米大学バスケランキングで1位にランクされており、全米で一番強いチームということになります。優勝候補筆頭です。

過去の選手を調べてみると、こんな感じです。

http://www.cbssports.com/collegebasketball/alumni-tracker/school/5812

こちらは、やはり2006-2007のBack to Back(連覇)の時のメンバーが印象的です。ノア、ホーフォード、ブリュワーのフロントコートは強力で、彼らは現在NBAで主力として活躍しています。

試合は、テキサスのアーリントンにあるというA&Tセンターで行われました。なんと観客が8万人近く入るという、バスケの試合ではありえないスケールです。まるで、アメフトの試合です。

戦前の予想では、やはりフロリダが勝つのではないかと言われていました。僕は、コネティカットを応援していました。特に理由もはないですが、大概こういう場合は苦戦を強いられそうな方を応援します。

試合が開始して最初の10分のスコアは、4対17でフロリダが圧倒します。特にディフェンスが良くて、コネティカットのエースのネイピアーを徹底的に封じていました。フロリダのディフェンスが、かなり強力そうだったので、このまま終わるかと思ったのですが、ここからコネティカットが、戦術を変えて相手に行った試合の流れを断ち切ることに成功しました。

ネイピアーがボール運びをやっていたのですが、それを別の選手にさせ、ボールを分散させるようにしました。これがコーチの指示だったのか、ネイピアーが咄嗟の判断でそうしたのかわかりませんが、この判断がいい方向に流れました。ここからボールが、スムーズに回るようになりネイピアーを囮として、他の選手が点を取り始めます。そして、そのいい流れがディフェンスにも波及し、フロリダのオフェンスを窮屈させました。

結局前半のスコアは、25対22でコネティカットが逆転します。

後半も一進一退でしたが、大事なところでエースのネイピアーが点を決め、突き放しました。第二エースのダニエルズが3P2本を含む、20ポイント10リバウンドのダブルダブル。今日のMVPは彼だと思います。前半の厳しい時間帯で連続3Pを決めて、試合をつなぎました。あれがなかったら負けていたかもしれません。

最終スコアは63対53。

フロリダは、PGのウィルベキンが膝を痛めてしまい、そのせいか精彩を欠いていました。PGの彼が不調だとチームに勢いがでません。フロリダはヤングの孤軍奮闘だったと思います。

これでコネティカットは2011年以来のファイナル。ここ10年でも3回目のファイナルです。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2014-04-06_14:30|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント