STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

オックス・テール

知り合いの日本人の方から、ビーフシチューをご馳走になりました。
それがあまりにも旨かったので、何か自分でも作ってみようと思い、スーパーでオックステールを購入しました。

目的は、オックステールスープを作るためです。

日本だと100gで198円くらいが相場のようですが、この国では非常に安いです。800gでたったの3ドルでした。これは強烈に安いです。5分の1です。これだと毎週末オックステールを購入できそうです。

P1120928_convert_20140224012109.jpg

作り方を調べてみると、1.血抜き、2.下茹で、3.水洗い、4.本茹で(4時間が目安)と4段階に分かれるようです。

さっそく、血抜きします。ただ水に浸すだけです。およそ15分。結構血が出ています。

P1120935_convert_20140224012232.jpg

次に下茹でします。肝は水から茹でることだそうです。

P1120937_convert_20140224012513.jpg

そして水洗いします。余分な脂質等を洗い落とします。

P1120939_convert_20140224012620.jpg

ここから本茹でに入ります。肝は、ニンニク、ジンジャー、長ネギ等を入れることのようです。僕は、ニンニクを4かけとジンジャーを少しスライスしていれました。あとはひたすら茹でるだけです。アクは思いの外出ませんでした。予めきちんと洗ってあるのかもしれません。

P1120943_convert_20140224012726.jpg

結局、計6時間ほど煮込みました。

P1120944_convert_20140224012844.jpg

P1120949_convert_20140224013121.jpg

こんな感じです。塩コショウだけの味付けですが、なかなか濃厚なスープです。滋養があるような気がします。ちなみに塩は写真にあるようにオホーツク産の燻塩を使用しました。

P1120952_convert_20140224013208.jpg



今度は、豚足スープを作ってみようかと思います。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|中米(日記)|2014-02-24_01:36|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント