STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

Lonely Planet

日本人が海外旅行に行く際には、旅行ガイドとして地球の歩き方が最も読まれている(買われている)と思います。僕もわりに地球の歩き方を利用することが多いです。直近だとNY編を活用しました。

海外では、旅行ガイドというとまずロンリープラネットが思い浮かびます。情報量が半端ないというのが人気のようです。情報量に関しては、現地に住んでいる人の情報収集能力を最大限に活用している印象です。

ロンリープラネットが好きな日本人の中には、地球の歩き方を旅行ガイドとして2流もしくは3流と評価する人がいますが、僕はそんなことはなく、割に気に行って使っています。載っているレストランで外れたことがないですし。大体、どこもおいしいところばかり載っています。地図もわりと使いやすいし。

ただ、地球の歩き方の欠点としてあげられるのは、その値段の高さです。そして電子化されていないこと。
ロンリープラネットもそこそこいい値段がしますが、電子版が出ており、13-4ドルで買えます。これはいいですね。お手頃です。

今後、海外旅行する際には電子版のロンプラを活用しようと思います。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2014-02-13_13:41|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント