STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

NYへ向けて出発

朝5時に起きて6時に家をでる予定がすっかり寝坊してしまい、呼んでいたタクシーからの電話で起こされました。幸先の悪いスタートです。普段、忘れ物をすることはあっても寝坊することはないんですが、なんだかんだ年末で疲れていたようです。

15分で支度をすませ空港へ。空港までは15分くらいでいけます。さすがに年末のこの時間は空いています。

チェックインをして、エスプレッソ・アメリカーノでカプチーノを飲みました。ここに来るとこれを飲まずにはおれません。この店は日本にもありますが、発祥はホンジュラスなんですね。

アトランタまで3時間半のフライト。アトランタに来るのは初めてです。アトランタといえばCNNでしょうか。ジョージア州は南部アメリカだと思うんですが、CNNのイメージが強いせいかテネシー州やアラバマ州に比べるとちょっと身近な感じがします。

アトランタの近くには、アセンズという大学街があります。この街はREMの出身地なんですね。マイケル・スタイプはジョージア大学の学生だった時にREMを結成したはずです。このアセンズ、名前の由来はギリシアのアテネなんです。どういう歴史があってアテネに冠する名前がついたかわかりませんが、なかなか歴史のありそうな街ではあります。いつか行ってみたいと思います。

アトランタでは3時間のトランジットの後いよいよNYのラガーディア空港です。フライト時間は2時間弱。近いです。

到着するとやっぱり寒いです。ラガーディア空港はドメスティック空港みたいなものでそれほど規模は大きくありません。そして結構古いですね。マンハッタン近辺には3つの空港がありますが、このラガーディア空港が一番マンハッタンまでは近いです。

荷物を受け取ってから、オンラインで事前に予約していたスーパーシャトルのカウンターへ。20分くらいしたら来るからそれまで待っていてと言われ、近くのベンチで待つことに。30分経ってから名前を呼ばれたのでカウンターに行ってみると、渋滞のせいでさらに30分くらいかかるとのこと。今は年末なので交通渋滞はわかりますが、それにしても随分時間がかかります。結局1時間以上待つ羽目になりました。こんなんじゃオンライン予約した意味がほとんどないし、全然スーパーじゃないかと愚痴のひとつも言いたくなります。途中から乗ってきたアメリカ人は『2時間も待たせやがってこのヤロー』とキレていました。それに対して運転手も言い返していました。さすがアメリカです。

ラガーディア空港からマンハッタンのホテルまではチップ、タックスを入れて16ドルちょっとでした。

今回滞在するホテルは、Wyndham Garden Manhattan Chelseaにしました。

ちょうどマンハッタンのど真ん中に位置し、東西南北どこへでもアクセスが良さそうです。


大きな地図で見る

チェックインして部屋に入ってからテレビを付けてみると、ブレイザーズの試合が放送されていました。全国放送のようです。思わず最後まで見てしまいました。

明日は妻を迎えにJFK空港まで行ってきます。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|TRAVEL|2013-12-26_23:32|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント