STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

美容室

美容室に行ってきました。

予約制のきちんとしたところです。料金もわりかしきちんとしています。1000円くらいします。普段、そこらへんの人に床屋はいくらくらいなのか聞くと大体300-500円くらいという返事が返ってくるので、誰でもいけるところではないところだと思います。男性用の美容室で、美容師は男性と女性がいました。

料金システムは細かく分かれており、サービスをひとつ追加すると課金されます。たとえば、カットだけならいくら、カット+洗髪でいくら、カット+洗髪+シェイブでいくらという風に。日本とそんなに変わりません。

席に着くと、まずは洗髪されます。洗髪は仰向け式で、美容師が洗うのではなく洗髪に特化したおばさんが洗髪してくれます。。洗髪した後に肩モミされます。おばさんの力が強いせいか結構気持ちいいです。その後カットになりますが、カットはものの10分で終わりました。

え?もう終わり?てな感じです。1000円も払っているんだから、もう少し丁寧にやってよと思いましたが、思ったよりも悪くない仕上がりになったかと思います。(その後、家に帰ってからもみ上げなど微調整しましたが)

ただ、雰囲気としては客も店員も少しお高くととまっているように感じました。

次回は、同じところにするかもしくは新しいところを開拓するか思案中です。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|中米(日記)|2013-12-24_23:58|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント