STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

運転免許を取得するために

運転免許を取得しようと思っています。

免許申請に際して、やらなければならないことは血液検査、視力検査、心理テストの3点です。
これらの試験は、赤十字で行いますが、その場で検査料を支払うのではなく、前もって決められた銀行で支払うことになります。そこで、領収書を受け取り、それをもって赤十字に行き検査を受けます。

検査の順番は特に無いのですが、まずは血液検査(20分待ち)、次に視力検査(30分待ち)、最後に心理テスト(1時間待ち)ということで、都合約2時間待ちでした。建物の中が非常に冷えていてきつかったです。半そで一枚で外出することはこの国ではかなりキケンです。

視力検査は、かなり古ぼけた検査機材を使っており、これで本当に調べられるのか怪しいです。日本のように上下左右というタイプではなく、アルファベットになっており、それを読み上げていきます。検査官がわりに適当でこちらが間違えると正してくれます。結果として合格でした。

心理テストは、スペイン語の筆記試験で3択です。意味が取りづらい問題があって少し苦労しましたが、検査官にはパーフェクトと言われました。何がパーフェクトなんだかよくわかりませんが、こちらもパス。血液検査はタイプを血液型を見るだけなのですので、これですべてOKです。

あとは、これらの結果を警察署に持っていき、免許申請するだけとなります。普通は1週間くらいで取得できるということですので、楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|中米(日記)|2013-12-25_23:58|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント