STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

今シーズンの新人は。。

NBAが始まって3週間が経過しました。

今シーズンに関しては、新人はかなりの不足であると聞いていましたが、今のところそのとおりの展開になっています。特にドラフト1位のネバダ大学ラスベガス校の彼は、特に怪我しているわけでもないのに、試合にすら出れていない状況。怪我していないのに、ここまで試合に出れていないドラ1プレイヤーを僕は知りません。そんなわけで、彼のいるキャブスは苦戦を強いられています。

でも、問題は1位だけではなく、2-9位あたりもパッとしておらず、ここまで不作なのは久しぶりでしょう。
また、来期以降期待できるような素材型プレイヤーもほとんどいないように感じます。

ことプロスポーツの戦力均衡に関しては、アメリカはかなり真剣に取り組んでおり、MLBにしろNBAにしろなるべく多くのチームに優勝のチャンスが与えられるようになっています。基本的には、ドラフトは弱いチームから指名権が与えられています。翻って欧州のサッカーなどは、完全に戦力が偏っており、是正されることはかなり難しいのが現状です。たとえば、プレミアリーグだと毎年優勝争いできるのは4-5チームだけであり、リーガエスパニョーラにいたっては毎年バルサかレアルしか優勝争いしていないという有様です。こんなのがずっと続いているわけですが、ファンは白けないのか不思議です。

話がズレましたが、新人が不作でも2年目のプレイヤーがかなり有望なので今シーズンはそこに期待したいと思います。なお、ブレイザーズの新人は、プレシーズンで怪我を負ってしまいましたが、チームは好調で現在8勝2敗。奇跡に近いです。機会均等オフェンスと中は捨てて外を抑えるディフェンスが機能しているように感じます。新人君が戻ってきたらさらに楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2013-11-19_13:07|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント