STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

北部出張へ

1泊2日の日程で、出張に行ってました。

場所は、この国の北部で国境近くになります。車で4時間くらいでしょうか。
標高が800mほどなので、夜は涼しくなります。涼しいと疲れはそれほどたまらないように思います。
この国は、わりと道路がしっかり整備されているように思います。主要幹線道路はでこぼこが少なかったです。
この国では、ガソリン代が物価に比べてかなり高く、日本とほぼ同じ価格です。
理由として、政府が税金をかなり上乗せしており、その税収を使って全国の道路を整備しているのだとか(みんなそう言いますが、本当にそのようにお金が使われているのかどうかは・・・)。

出張中は、いくつかの村落を回りました。中米はどこも地方にいくと同じような環境です。地域によっては水・電気がない。今回訪問した村落は、水がふんだんにあり、基礎的なインフラは整っているように感じました(でも電気は無かったな)。

農村開発の他に、一村一品や生活改善等、色々なコンセプトのもとに活動がなされていました。
今後は、教育、農業、保健といったセクター別の協力というよりは、セクター間がクロスオーバーしたものが主流になっていくかもしれないと感じました。
ただ、そうなると難しいのはどこの省庁が主管となるのかという問題でしょう。基本的に、このあたりの国々は縦割り行政が日本以上に強いですから。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|WORK|2013-11-09_23:31|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント