STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

レッドソックスが勝つ

うーん。1-3戦を見ていて勝つのはカージナルスかなと思いましたが、レッドソックスが4勝2敗でワールドチャンピオンになりました。

どこが勝敗の分かれ目になったのか、今考えるとやっぱり4戦目の上原のけん制アウトで試合終了だったのかなと思います。あれは勢いがつく勝ち方だったと思います。また、第3戦を除いて上原がパーフェクトに抑えたことでチームに勇気を与えたと思います。

しかし、今年の上原は凄かったです。ストレートは昔のように150キロもでませんし、球種はストレートとフォークしかありませんが、抜群のコントロールと相手に考える隙を与えないテンポのよい投球で歴史に残るインパクトを与えたと思います。オルティスがもうちょっと打たなければ、MVPは上原だったのかもしれません。

上原やほかの高校時代は全国的に無名で、大学もしくは社会人で伸びてプロに入ってくる選手のほうが、肩やひじが使い減りしていない分、長く活躍しているように思います。たとえば、上原とドラフト同期の松坂は、上原よりも5歳年下にも関わらず、30歳を過ぎてから怪我がちですから。そういう意味では、上原のチームメイトである田澤は、今後も期待できますね。彼はもともと先発なんで、来年は先発で勝負してほしいところですが、レッドソックスの先発群に入ってこれるかな。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2013-11-01_12:29|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント