STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

秋はスポーツに限る

自分にとって、中南米で生活する上で有難いのが、アメリカのスポーツを生で見られることが挙げられます。
野球であったりバスケットボールであったりするわけですが、現在はメジャーリーグのワールドシリーズを観ることができます(もちろんテレビで)。
 
昨日は、カージナルスが逆転勝ちして勝敗を1-1に戻しました。アウェイで一勝できたことはよかったのではないでしょうか。レッドソックスは、オルティスが良いところでツーランを打って一時は逆転しましたが、打線があまり好調ではなさそうです。カージナルスのほうが打撃に関しては好調そうです。
 
レッドソックスは、ここまで終盤に逆転して勝ってきたチームですが、カージナルスの場合中継ぎ、抑えともに充実しているので、終盤に逆転して勝つことは容易ではないでしょう。レッドソックスも、上原を筆頭に後ろの投手陣は安定しているので、先手を取ったほうがかなり有利になります。
 
カージナルスは、当時メジャー最強と言われたプホルスがいなくなってからどうなるかなと思いましたが、チーム力が変わっていないどころから、むしろ上がっているのではと思います。育成がうまいんでしょうね。
昨日投げていたマルティネスは、若くてかなりイキのいい投手です。ポストシーズンの大事な場面で起用されているので、かなり有望のようです。終盤のオルティスとの勝負はしびれました(結果は打たれた)。あそこが昨晩の試合のポイントだったと思います。
 
今度は、カージナルスの本拠地セントルイスです。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|中米(日記)|2013-10-26_12:46|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント