STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

南米パラグアイから戻り、2017年5月からタイ(バンコク)に行くことが決まっています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

この国に到着して5日が経過

日本を出国したのが10月15日。すでに、赴任してから4日が経過しました。

早速、仕事に入っており、週末は家さがしです。不動産屋の人と一緒に、いろいろな物件を見て回っています。彼が車を用意してくれ、それに乗り込んで周ってくれます。こちらがこういうようなところの、こういう家に住みたいという要望を出すと、彼のセンスで色々な部屋を見せてくれます。この街はそれほど大都会ではないし(せいぜい100万人レベル)、外国人が住めるようなエリアは大体決まっているので、わりと狭い範囲で周ることができます。

自分にとって、物件を決める上でポイントとなるのは、
① セキュリティ
② 職場までの通勤時間
③ 静かさ
④ 水がちゃんと出る
⑤ 風通しがよい

になります。

物件の大きさに関しては、とりあえずしばらくは一人暮らしになるので、リビングと寝室が1-2部屋、キッチンがあればいいかと思っています。できれば、バスタブがあればいうことはありませんが、そういう物件はかなり限られるし、高いので諦めています。

今日は5つほど周り、そこそこイイなと感じた物件がありました。コンドミニアムタイプで、比較的広い敷地内に30-40くらいの家が建っています。プールが共有となっていますので、暑ければそこで泳ぐことができるようです。

2階建てで、一階がリビング、トイレ、キッチンとなっており、2階が寝室2つと小さなリビングがあります。小さな庭もあり、そこで小さなパーティが出来るようにBBQができるようになっています(この国はアメリカ大陸でアルゼンチンんについで牛肉が旨いと言われる)。

徒歩範囲に、モールがあることもいいです。ただ、ちょっと職場までは遠いかなという気がします。

来週末も見て回る予定です。

関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|WORK|2013-10-20_16:42|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント