STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

無理すべからず

帰国してから約一週間が経過しました。

時差ボケは問題ないですが、体が不調を訴えています。

風邪っぽかったので職場近くの病院に行ったのですが、医師がこちらの状態を察したらしく血圧を測ってくれました。その結果がまさかの150/90。。。これは結構きついレベルです。
たしかになんとなく出張前からどこか体の調子が変だなと思っていたのですが、原因はこの血圧でした。

医師からのアドバイス①血圧計を買うべし、②2週間ほど毎日図るべし、③それを記録に付けるべし、④高い状態が続くようなら来院するべし、というものです。

これは結構ショックミーと同時に、やっぱりあまり無理ができる身体ではないのだなということを再認識しました。

世の中には、色々な人がいて、健康的な生活をおくっていても癌になる人がいる一方で、煙草をバカバカ吸って暴飲暴食を続けていても癌にならない人がいます。また村上春樹のように太りやすい人がいる一方で、彼の奥さんのようにほとんど運動をしないで食べてばかりいても全く太らない人もいます。自分はどちらかというと前者のタイプです。つまり健康に気を付けることでやっと普通の状態を保てるような。

なかなか不公平な話ですが、それが運動をしたり健康的な生活を送るためのモチベーションになっているというのはあると思います。自分は頑丈な身体を有していないのだから、なるべく運動をするしかない、健康的な生活を送るしかない、という一種に諦めにも似た心境ですが、それが健康的な生活を保つ一種の歯止めになっているという気がします。

そんなわけで、やっぱり運動だなあと思っており、今週月曜日から帰宅時に3-4キロ歩くことをしました。身体は正直なもので、調子はいい気がします。少なくともちょっと前にだるい状態から脱したと思います。

とりあえずしばらく続けてみようと思います。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|WORK|2013-07-05_07:40|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント