STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

NBA FINAL 2013

NBAファイナル開幕

NBAファイナルが始まっています。

個のヒートとチームのスパーズ。
新旧ビッグツリー対決。
レブロンのリベンジ(2007年ファイナルではレブロン率いるキャブスがスパーズに4連敗)。

ということで、物語性の高いファイナルになりそうです。個人的にはダンカンに有終の美を飾ってほしい(未だ引退しない?)ですが、ヒートが有利だろうという印象です。

まずレブロンが絶好調であるし、誰も止められないだろうなと思うのです。
そして、控えの選手(主にベテランで経験豊富)たちのパフォーマンスがここまではずっとイマイチだったわけですが、それでもファイナルまで来ました。彼らの調子が上がってくれば、かなり層の厚いチームになってくると思うのです。特にディフェンスと3Pという部分において。

一方のスパーズは、ビッグスリーの普段どおりの活躍+若手の活躍が欠かせないでしょう。グリーンとかレオナードとかいい選手ですが、大舞台の経験がないので、そこがどうかという点が気になります。でもふたりとも常勝スパーズのスタメンを張っている選手なので、普段通り出来そうな気がします。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2013-06-08_22:55|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント