STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

南米パラグアイから戻り、2017年5月からタイ(バンコク)に行くことが決まっています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

東カンファレンス3-2でマイアミがリード

ペイサーズが、2-2の五分に持ち込んだ次の試合、マイアミでの第5戦はホームのヒートが勝ちました。
第3Q途中までペイサーズが勝っていたのですが、そこからレブロンのスイッチがオン。あっさり逆転し、そのまま逃げ切りました。

やはりレブロンはそう簡単に抑えることはできないですね。レブロンをどう守るかがもちろん鍵なのですが、ダブルチームにすると、レブロンはパスが上手いのフリーの選手に捌きますし、ダブルで来ないなら自ら攻めます。ヒートは、ビッグスリーのチームだと言われていましたが、何時の間には他の二人(ボッシュ、ウェイド)は普通の選手に成り下がってしまいました。。

次の第6戦は、ペイサーズのホームゲームになりますので、ペイサーズ優位だと思いますが、このままヒートが押し切りそうな気がします。オフェンスでレブロンを疲れさせるようなプレイが必要なのですが、ポールジョージにそれができるのか、そこがポイントかなと思います。

明日に試合見てみたいです。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2013-06-01_14:57|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント