STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

プレイオフ

NBAが、プレイオフに突入し、いつの間にか東西のカンファレンスファイナルが始まっています。

いつも思うのですが、NBAプレイオフは痺れます。今シーズンはまだ一試合も見ていないのですが、ハイライトや記事を見ると、やっぱりNBAはエキサイティングだなと思います。海外では、そして日本でもサッカー、野球等盛り上がっていますが、自分はやはりNBAが一番だなと思ってしまいます。

今シーズンは、ヒートが連覇できるかどうかがひとつの焦点になるとおもいます。
逆にいうと、どこがヒートを破るかとも言えます。
現在、ヒートとペイサーズのシリーズが始まっており、ペイサーズが2勝1敗でリードしています。
2試合目でのペイサーズのエースであるポールジョージのレブロンを振り切ってのダンクは鳥肌が立ちました。



おそらく彼のキャリアのハイライトになるプレイだったと思います。
その理由として、①ペイサーズは初戦で負けており、絶対に勝たなくてはならない試合だったこと、②彼をマークしていたのは現在NBAのベストプレイヤーであるレブロンだったことが挙げられると思います。

このすぐ後に、レブロンがブザービーターを仕返すのですが、決めた後レブロンがポールに声をかけ、タッチするんですね。これはポールをライバルとして認めたってことになるんではないでしょうか。レブロンがこんなことやるなんて、ちょっと驚きです。プレイヤーとして精神的に成熟してきたんだと思いました。

こうしてレブロンに認められたポールジョージは、今シーズンからブレイクした選手で、実質的にプレイオフで主力としてプレーするのは初めてなのですが、堂々たるパフォーマンスを発揮しているように思います。 彼の良さは、オフェンスでは何でもでき、ディフェンスもかなりいいです。現在は、レブロンの7掛けくらいのレベルだと思いますが、今後ライバルになっていくでしょう。そうなってもらわんと困る選手です。

西はスパーズがスウィープするのかな。

今シーズンのティムダンカンの体調の良さは驚きです。37歳なんですが、31歳時のパフォーマンスと同レベルです。6年ぶりファイナルへ向けてどんなプレイをするか楽しみです。
スパーズは、順調に若手も育っており、今後も期待できそうです。ちなみにペイサーズのジョージヒルはスパーズで鍛えられていいプレイヤーになりました。

ファイナルくらいは一試合だけでも見たいと思っていますが。都内のスポーツカフェに行けば日曜の朝から試合観戦できるのかな。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2013-05-27_22:49|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント