STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

台湾

オランダから戻って3年半が経ちましたが、オランダから戻って以降、仕事で海外に行くことはあってもプライベートで海外に行くことはありませんでした。

久々の海外旅行になります。選んだの最も好きな国の一つである台湾。

2000年12月(友人を訪問)、2009年9月(オランダ帰りにトランジットで1泊)に続き3度目になります。

今回の旅は、仕事の疲れを癒すことがメインで、とにかく旨いものを(そして安いもの)食べまくるという位置づけになりまして、観光地とかはそれほど優先しませんでした。

Nexus 7に台湾ガイドブックを入れて万全の体制で臨みましたが、旅行中はずっと雨だったので外では使うことができず、予備用に持参した地球の歩き方(台湾)のお世話になりました。

羽田から台北の松山国際空港までおよそ3時間半。今回は台湾系のエバー航空のお世話になりました。

飛行機(ハローキティ仕様)自体は新しいようで、機内の映画や音楽は充実していました。007やっていました。折角なのでハリウッド的な映画ではなくて、台湾映画をみようと思い、台湾の青春映画を見ました。舞台が95年になっており、青春恋愛系の物語で、筋はありきたりだったのですが、95年の台湾ってこんなだったのかというのを映像で見ることができてなかなか面白かったです。

機内食は、中華と和食をミックスした内容でした。箸やスプーンなどの小物がすべてハローキティになっており、サンリオの商才を感じました。サンリオは今後も伸びていくのかもしれません。投資先として調べる価値がありそうです。

台北には14時ころに到着しました。今回はツアーで行ったので、空港からホテルまでは集団行動になっており、途中で免税店に強制的に降ろされ30分くらい時間を無駄にしました。隣にファミリーマートやマツキヨのパクリみたいなドラッグストアがありました。日本のものがたくさん売っており、これは2000年当時と変わらない気がしました。

これからホテルにチェックインして、早速九份を目指します(時間節約のためオプショナルツアーを活用)。

(続く)
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|TRAVEL|2013-04-06_15:02|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント