STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

キュラソーとWBC


日本が勝ち上がってきており、盛り上がってきました。
前評判は高くなかったけど、勝ちあがっていくにつれ日本を熱狂させる感じは、2010年のワールドカップの侍ジャパンと似ています。

日本の良さは、オランダ戦は本塁打攻勢で圧勝しましたが、基本的にはきめの細かいスモールベースボールなんだと思います。投手を中心に守り、走塁でも手を抜かない野球。

これがきちんとできているチームは、日本くらいのような気がします。基本的に欧米・カリブ野球は豪快な一発野球で、台湾や韓国も今回のチームに限っては打撃優先なチームでした。

おそらく、投手力は日本が一番じゃないかと思います。マエケンの復調が大きいです。準決勝はマエケンでいくそうなので、もし勝った場合の決勝はマー君になるのでしょう。マー君は今大会イマイチどころか全然パッとしないので最後に頑張ってほしいです。

個人的に頑張ってほしいのは、キュラソー島出身者で構成されるオランダチームです。キュラソー島。どこにあるかというとカリブ海に浮かんだ島で、オランダが無敵艦隊を率いていた頃に手にした島です。その頃はスペイン領土だったのですが、無敵艦隊で攻めていったら、住んでいたスペイン人が逃げて行ったということです。オランダとスペインというのは何かと歴史的に因縁のある国です。

ウィレムスタッドが首都なのですが、ここは世界遺産に指定されており、風光明媚なところのようです。気温は高そうですが、一年中貿易風が吹いており、きっとすごく気持ちの良い場所なんだと思います。

キュラソー島のWebsite

1651年に12名のユダヤ人が移住して、西半球で最初のシナゴーク(ユダヤ教の教会)が建立されたというところも、なんとなく良いなと思います。特にユダヤ教に精通しているわけではないですが(シナゴークの建物の形が好きなだけ)。

この島は、いつか行ってみたいです。

関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2013-03-12_22:58|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント