STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

標高が高いので

最初は旅の疲れと仕事・業務の多さで息が上がりやすいと思っていたのですが、どうやら標高のせいだということがわかりました。
ホテルの階段を少し上がっただけで息が上がります。

また、標高が高い(空気が薄い)と寝つきが悪くなるそうですが、僕の場合すぐに眠れます。

そういえば、やっと時差が取れました。月曜日に到着して木曜日の夜には普通に寝られるようになったので、順応するのに4日間。まあ、こんなもんでしょうか。

現在滞在しているホテルは、ダウンタウンのど真ん中(中央公園の目の前)にあり、ホテルには白人(フランス系?)が多く宿泊しています。彼らのほとんどはトレッキングや登山を目的にここに滞在しているようで、朝早くから重装備で出かけています。みなさん50-60代夫婦が多く、退職組でしょうか。みなさんタフそうないでたちです。

このあたりは、観光客として来るなら、すごく楽しいところなんだと思います。火山に上れるのはやっぱりいいですね。3年前にこの国に来た時に、火山に登って溶岩を間近でみて感動したのを覚えています。

今回は、せいぜい民芸品とこの地域の料理を食べることしか楽しみはなさそうです。もちろん仕事はハードですが、楽しいです。

現場は良いですね。

関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|WORK|2013-01-26_01:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント