STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

5年ぶりの晩餐

5年ぶり晩餐

ホンジュラス時代にお世話になった方と、食事に行きました。
本来なら4名で行く予定が、事前の打ち合わせが徹底されておらず、バラバラになってしまい、結局2名だけで四ツ谷にロミーナに行ってきました。

ロミーナは、約2年ぶりになりますが、昨日はペルー人が働いていました。

のお世話になった方は、現在はマニラのほうで仕事をされており、結構元気にやっているようです。国連機関で働いており、ジョージタウン大学のインターンシップを受け入れる業務を行っているようで、僕と同じ時期にワシントンDCに滞在していたそうです。帰国が一日違い。

国連機関での、雇用契約は年々厳しさを増しているそうで、かなりの経験の有する人でも契約は1年または半年だけとなり、一寸先は闇だということです。これは、どの国際機関に関してもいえるのかもしれません。

ホンジュラス時代の色々な話をしましたが、昔話に花が咲き面白かったです。特に、2007年の2月くらいに実施されたコパンルイナスでの会議の話になり、当時集まった人の何人か(ほとんど南米人)はWHO本部に勤務されているようで、灌漑深いです。南米人というのは、中米人とまた違ってなかなか濃い人たちだと思います。アクが強いというか。だから、一度会うとなかなか忘れません。

やっぱり、色々な人に会って刺激を受けないと、モチベーションは上がらないなということを再確認しました。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|その他|2012-12-21_22:41|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント