STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

最強の二人

帰りの機内で映画を見ました。

最強のふたり

フランス映画なのですが、フランスでは国民の3人に1人は見たという凄まじい人気だそうです。

あらすじを見た限り、それほどそそられる内容ではなかったんですが、ほかに観るべき映画がなかったので、観始めましたがはっきりいってすごくいい感じの映画でした。

いわゆる感動系の映画だと思うのですが、アメリカ映画のような感動の押し付けという感じはしなくて、ホノボノした作りになっていると思いました。

また主人公2人の演技がすごくいいなと思いました。

そして、この映画のよさを生み出しているもう一つの要因は、なんといっても音楽だと思います。



どっかで聞いたことあると思っていたら、アメリカのNBAのコマーシャルで使われているものでした。

この曲を作曲しているLudovico Einaudiさんは、イタリアでは、というか欧州ではかなり有名な作曲家なんですね。

エンディングでも同氏の曲が使われています。



こちらの曲は上の曲に比べて、もの悲しい感じに聴こえます。

ちなみに、この映画機内で2回見てしまいました。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2012-12-16_21:05|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント