STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

大谷翔平

日本シリーズを2日後に控え、ドラフト会議が開催されました。

日ハムは、宣言通り大谷を指名。可能性は限りなく低い気がしますが、一方で去年のドラフト1位だった菅野よりは可能性はあるのかなと思います。

キーパーソンは、花巻東の監督さんと日ハムの栗山監督の二人ではないかと邪推しています。

大谷の在学している花巻東の監督さんが、菊池雄星のことで進路先に関してはかなりピリピリしているという噂があります。西武ではデーブ(大久保)とのやり合いで株を下げましたし、そもそもせっかくの逸材がほとんど開花していない現状があります。今年は少し活躍しましたが。

そんなわけで、監督としては(監督自身は日本のチームにいく事を望んでいるらしい)、しっかりとした育成体制の整っているチームに行って欲しいと願っていると思います。

だとすると、それは日ハムを置いて他にいないのではないかと思います。それくらい日ハムの育成システムは、充実しています。

そして、もう一人が栗山監督。栗山さんは、評論家時代に花巻東まで出向いて取材を何度か行なっていたそうで、大谷とも花巻東の監督さんとも面識があり、それなりの関係性があるといいます。

また、両親もまずは日本でと願っているそうですから、チャンスは無いわけではないと思います。

ダルのように、日本で5年くらいやって実績を作ってからメジャーに行ったって、いいと思います。基礎をしっかりさせることはかなり重要なのではないかと思います。日ハムファンだから、彼に入ってもらいたいというよりも、彼の能力を伸ばせるチームが日ハムだと思うので彼の将来だけを考えても日ハムに進むべきだよなあと思います。

なお阪神は、奇跡的に大阪桐蔭の藤浪晋太郎投手の指名権を獲得しました。

和田監督、ここまで全くイイ所がなかったですが、ここに来て運が降りてきました。

藤浪はかなりクレバーな印象があるので、ダルほど器用ではないかもしれませんが、似たような投球術を習得できるのかもしれません。

というわけで、両チームのファンとしてはそれなりに満足してます。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2012-10-25_23:20|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント