STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

国際通貨基金・世界銀行年次総会2012

3年に1度行われる国際通貨基金・世界銀行年次総会が東京で開催されています。日本で開催されるのは48年ぶりだということで、有楽町の国際フォーラムは盛り上がって(?)いるようです。

でも、一般人にしてみれば、あまり興味のない総会なのかもしれません。

以前、大塚教授のセミナーで言われていたことですが、世界銀行や国際通貨基金という組織は、世界経済の政策的な指針は示すが、具体的な手段については明示しないということです。指針は決めるんで、あとは各国で具体的なプランを作成してくださいというのがこれらの組織のスタンスなんだと思います。いいか悪いかは別として、ドライなスタンスだと思います。

この総会のいくつかのセミナーの動画が国際通貨基金のHPにアップされています。

プログラム・オブ・セミナーズ: 国際保健1:保健への投資の意義、再び!
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|WORK|2012-10-13_07:25|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント