STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

ガーナへ旅立つ知人とタイ料理へ

英国に留学していた知人が青年海外協力隊員としてガーナに旅立つというので、ささやかな壮行会というか送別会を開催しました。場所は四谷のジャスミン・タイ。平日でしたが、やはり混んでいました。人気がありますね、この店は。いつもそう思います。

4人が集ったのですが、そのうち自分の除いた3名は英国大学院留学組。ガーナへ発つ彼女は、もともと高校教師だったのですが辞めて英国へ。去年帰ってきて、それから協力隊参加です。

面白いと思ったのは、もともと途上国に対して興味はなく、日本と海外の教育について勉強するつもりで英国の大学院に行ったのですが、そこで出会った教授がアフリカの教育を研究している人で、そこから途上国開発(国際協力)に興味を持ったということです。

兎にも角にも、健康第一でガーナ生活2年間を楽しんでもらいたいと思います。Buen Viaje""


話は変わって、今朝職場でパソコンを開くと、カンボジアに赴任している方からメールが来ていました。どうやら公衆衛生系の大学院に留学したいからアドバイスが欲しいと。僕の母校(オランダ)に興味があるそうで、学校の雰囲気やクラスメイトの出身地、コースの内容について知りたいそうです。

僕としても、少しでも母校の知名度が上がればいいと思っているので、色々とアドバイスが出来ればと思っています。10月に一時帰国するそうなので、その時にランチでもしましょうということになりました。

こちらとしても、カンボジアの現状などについて(現場の人の話は貴重)、色々聞かせてもらえればと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|日本(日記)|2012-09-21_23:44|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント