STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

More people walk to better health

アメリカでは、10人中6人は定期的にウォーキングをしているようです(本当かなあ)。

定期的に歩くことと効能の一つは体重のコントロールです。しかし、それ以外に様々なベネフィットがあります。長く生きられる、心臓疾患、脳卒中、肥満、鬱、癌などのリスクを軽減します。

リンク

では、どのくらいのウォーキングをすればいいのか?

疾病予防管理センタ-(Centers for Disease Control and Prevention, CDC)は、1週間に少なくとも150分の有酸素運動と言ってます。

細切れでもいいので、とにかく150分くらい歩くこと。ペースなども自分のペースで良いようです。

でも1週間で150分というと、平日であれば1日30分。結構簡単なような気がします。通勤だけでこれくらい歩いていますよね。でも、アメリカだと車社会になるので1日30分のウォーキング時間を確保することは意外と難しそうです。治安の関係とかも絡んできますし。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|PUBLIC HEALTH|2012-08-22_23:54|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント