STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

朝食を食べない子供は、学業成績が悪くなるだけではなく、肥満になる可能性が高くなる

現在、アメリカでは3人に1人は朝食を取っておらず、子供の学業成績の低下の原因のひとつとなっています。しかし、もっと重大なのは子供の健康を阻害する要因にもなりえると警告しています。

リンク

肥満は怖い病気ですが、肥満だけに留まらず癌リスクも高まるということです。

アメリカの癌研究センターでは、シンプルでもいいので朝食を取るようにと呼びかけています。

シリアル、果物、牛乳、オートミール(旨くない。。)ヨーグルトなどを奨励しています。

上記のものなら5分で用意できると言っています。

個人的には、シリアルとかオートミールってすごく腹もちが悪い気がするのですが、子供だったら大丈夫なのかな。日本でも朝食をスキップする子供が増えているという問題がありますが、これって物理的な貧困ではなくて心理的(精神的)な貧困に関連する問題だと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|PUBLIC HEALTH|2012-08-23_06:54|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント