STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

健康とは?

健康促進(ヘルスプロモーション)とはなんなのか?最近良く考えます。自分の仕事とも深く関わっているものなので。

1986年のオタワ宣言では、ヘルスプロモーションを以下のように定義されました。

『人々が自らの健康をコントロールし、改善することができるようにするプロセスである』

さらに、ヘルスプロモーションという文脈の中では、健康を『人々が幸せな人生を送るための大切な資源』と捉えています。

病気や障害を抱えている人間も、自分を健康だと思っている人間も、その人なりの幸せな人生を送るためには、健康状態を維持する・改善していくことが大切になると思います。

もはや、単純に体が健康なだけでは健康とは言えずに、肉体的にも、精神的にも、社会的にも健全な状態であることというのが、健康の定義になっていると思います。社会的に健全な状態というのは、いろいろな切り口があると思いますが、定期的な収入があり、住食があり、安全が確保されている環境で生活(紛争や戦争下ではないところ)できているということでしょうか。

上記のように、健康を人々が幸せな人生を送るための大切な資源と定義していることは、個人的に非常に面白いと思っています。

最近、幸せに関する書物を本屋で度々見かけますが、そういうものを読みつつ、健康促進とは?それに関連する幸せとは何かを考えていければと思っています。


幸福について―人生論 (新潮文庫)幸福について―人生論 (新潮文庫)
(1958/10)
ショーペンハウアー

商品詳細を見る



幸福の習慣幸福の習慣
(2011/10/16)
トム・ラス、ジム・ハーター 他

商品詳細を見る



HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義
(2007/12)
Tal Ben‐Shahar、 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|PUBLIC HEALTH|2012-08-12_12:27|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント