STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

家族が来て思ったこと

家族には4ヶ月ぶりに会いました。
息子は、言葉がだいぶ話せるようになり、その進歩たるや驚きの一言です。
子どもの成長は早いですね。

タイに到着する日、空港まで迎えに行きました。
最初に息子と目があった時は、すぐに父ちゃんと認識したようです。
呼んで抱っこすると最初ははにかんでいましたが、すぐに慣れたようです。
3歳くらいになると、前にあった人を覚えているようです。親なんで、覚えていてくれないと悲しすぎますが。。

初日と二日目くらいに、息子がこう問いかけてきました。『バイバイしない?バイバイしない?』と。
なぜ、会ってすぐにバイバイしない?と聞いてくるのかわからなかったのですが、なんとなくわかりました。
寂しさからきているのかなと。

この1年間で言えば、パラグアイでの生活があって、1月末に帰国して、その後妻の職場復帰に伴い、息子は保育園の通園という新しい生活が始まりました。時を同じくして、僕は単身でタイへ。大人にとっても目まぐるしい生活の変化ですが、息子にとってはその比ではないと思います。そういった中で、息子なりに新しい生活に適応しようと必至に頑張りながらも、寂しさを常に抱えているのだと思います。

そう思うと、やはり家族は一緒に生活しないと駄目だなと思います。特に子どもが小さい間は。妻とは、訪泰中にいろいろとこのことについて話をしました。子どもをもう一人ほしいと思っているので、家族で生活するということは優先順位が高いです。経済的な安定よりもまずはそっちが先であると思います。我々は、もう若くないので、なるべく早く行動に移さなければなりません。

家族に会ってみて、自分の中で改めて何が大切なのか再確認できました。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-08-31_06:58|page top

右足の調子が悪い

家族が訪泰する前に、ギックリ腰になりました。今からちょうど一ヶ月前です。

腰の痛みは3-4日で消えたのですが、その直後から右臀部に痛みが出てきました。

いろいろ調べたところ、ギックリ腰に起因する臀部(右側)の痛みというのは時々起こるそうです。
特にディスクワークをしている人に見られるようです。臀部の筋肉が固いのかもしれません。

臀部の痛みが引いてきたと思ったら、今度は右足の付け根に痛みが出てきました。
普段は痛みがないのですが、立つときとかベッドから起き上がる時に痛みが出ています。考えられるのは、ギックリ腰の影響ということです。

かれこれ3週間以上経過していますが、よくなっているという感触はあまりありません。

湿布などを貼っても、ほとんど効果がないので少し心配です。関節か腱を痛めたのかもしれません。

しばらく様子をみたいところです。上半身はピンピンしているので上半身のワークアウトはできています。


関連記事

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-08-29_16:53|page top

インデックス・ファンドの積立

不惑(40歳)を迎えました。

心機一転というわけではないのですが、不惑を迎えたタイミングでインデックス・ファンドを新たに積み立てて行こうと考えています。

守備を固めてから、攻撃に転ずる。

投資で考えて見た場合、守備はインデックス・ファンド投資(ローリスク・ローリターン)、攻撃は個別銘柄投資(ミドルリスク・ミドルリターンときどきハイリータン)になると思います。

今後何があるか分かりませんし、2020年以降の日本についてはあまり楽観的になれませんので(人口減、高齢化)、自分の身は自分で守るためにも、今からその準備を進めていきたいと考えています。そこで、まずはしっかり守備固めをするために、インデックス・ファンドのテコ入れをしたいと考えています。ここ数年ずっと考えていましたが、ついに『時は来た』ということです。

いろいろ熟考した結果、アセットアロケーションは、以下でいきます。

1.アメリカ株(40%)
2.先進国株(20%)
3.新興国株(20%)
4.日本株(20%)

先進国株の中身を見ると約60%がアメリカ企業なので、実際には全体に占めるアメリカの割合は50%を超えます。
つまりは、アメリカの成長に賭けたアセット・アロケーションということです。

日本株は、個別株を保有しているので、全体のアセットアロケーションを考えた場合、入れなくても良かったのですが、なんとなく入れてみようと思いました。日本人ですからね。日本に対する期待です。

では、実際にどのようなファンドで運用していこうかと考えてみた場合、いろんな投資ブログを拝見したり、本を読んだりして、今の段階ではこれがベストではないかと思うのが、以下です。

1.アメリカ株:iFREE S&P500インデックス
2.先進国株:ニッセイ外国株式インデックス
3.新興国株:e MAXIS SLIM 新興国株式インデックス
4.日本株:e MAXIS SLIM 国内株式インデックス


注目は、8月31日から販売されるS&P500インデックスです。
iFREEから良いのが出てきました。これが出てくる前は、NYインデックスを積み立てて行こうと思っていましたが、S&P500が出るということで、こちらにします。

新興国株は、たわらノーロードも考えたのですが、あえて後発のSLIMにしました。日本株も同様です。

先進国株は、人気商品のエッセイにしました。 
(来年から始まる積立NISAの影響で、他にも低コストなファンドが出てきていますが、現時点ではこのまま行こうと思っています)

積立額ですが、これまでの3倍から4倍を考えています。
まずは、コツコツと10年程度積み上げて行こうと思います。10年間は同じペースで積立、それ以降は懐具合を踏まえてフレキシブルに進めていこうと思います。

積立は、9月11日からスタートしようと思います。
なお、これまで6年間積み上げてきたものは、引き続き保有します。売却はしません(売却すると税金を払わないといけないので)。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|INVESTMENT|2017-08-28_06:45|page top

家族が滞在中に訪れたレストランテ

家族が訪泰中は、いろいろなレストランテに行きました。
素晴らしいと思ったレストランテをいくつか挙げたいと思います。

1.安くて旨いカオマンガイ(サパン・クワーイ)
到着翌日のお昼に隣駅のサパン・クワーイまで行きカオマンガイの有名店に行きました。いつも手振り身振りで注文するのですが、家族で行ったせいかメニュー(英語あり)を出してくれました。カオマンガイ2つとヌードル1杯を注文しました。

2.ソンブーン(ホイクワン)
あの小泉(首相)が愛した蟹カレーを食べにソンブーンにいきました。
日本人も韓国人も中国人も大好きな蟹カレーです。
タイ人は、意見が別れるとのこと。
3度目のソンブーンでしたが、やはり旨いです。
いつも通り蟹カレー( )を注文しました。蟹のダシと甘いカレーの相性が抜群です。
ご飯がグングン進みます。蟹の肉も旨いです。

3.GINJA(プーケット)
JWマリオットの中にある、曰く高級タイレストランのGINJAです。
客がほとんど日本人でした。
ホテルから徒歩10分程度のところにあり、ロッジ風の建物が2つあります。どちらもGINJAのレストランです。
徒歩が嫌な場合は、ホテルがカートを出してくれます。
子どもがいる場合は、カートを使ったほうが良いでしょう。

ここでは、定番的なトムヤンクーンとソフトシェルの蟹カレー、を注文しました。
トムヤンクーンは、辛過ぎもせずに程よい辛さ・甘さ・酸っぱさがミックスされていました。これもご飯が進みます。
そして、ソフトシェルの蟹カレーを食べることができました。
甲羅が柔らかいので、バリバリ食べられます。ソンブーンの蟹カレーもよかったですが、こっちも相当いいです。

4.タリン・プリン
世界で最も旨い料理に選ばれたマッサマン・カレーが食べられます。
僕は、ずっとこのカレーのことをマッサン・カレーだと思っていました。
このタリン・プリンは、行く前まではそれなりの中級~高級レストランテだと思っていましたが、そんなことはなく割りとリラックスした感じのレストランテです。つまり、肩が凝らない雰囲気で、僕はこういうレストランテが好きです。
マッサマン・カレーは、どちらかというと甘口なのですが、あとからフワッと辛味が来ます。
息子は少ししか食べられませんでしたが、とても美味しいと思いました。タイカレーというと、グリーンだレッドだと思い浮かべますが、蟹カレーもマッサマンカレーも、おなじくらい旨いです。

5.Suan Kularb Restaurant (アーリー)
僕の住むアーリーには、それなりのレストランテが幾つか存在しますが、その中でも中華系の美味しいレストランテがこちらです。別の支店に行ったことがあるのですが、イサーン料理やラオス系料理がすごく美味しかったので、ここも美味しいに違いないと訪れました。

意外と高いなという印象ですが、本格的なタイ料理を食べることができます。残念なのは、完全なローカルのお店なので、メニューがすべてタイ語です。写真の料理しか注文することができませんでした。


他にも、いくつかレストランテを周りましたが、上述の5つのレストランテが特に素晴らしいと感じました。コストパフォーマンスでみると、1.のカオマンガイでダントツです。カオマンガイ一皿160円。妻がこのカオマンガイがすべての料理の中で一番良かったと言っていました。僕も同意見です。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-08-26_10:26|page top

家族が帰国

8月9日から11日間に渡って報泰していた家族が帰国しました。
この11日間は、なかなかタイトなスケジュールでいろいろやり尽くしました。
11日間中、2泊3日でプーケット島にいきました。それ以外は、バンコクに滞在しました。

タイ滞在中のアクティビティは以下の通りです。

1.プーケット島でマターリ
雨季だったため、波が高くて海に入れませんでした。でも、存分にプールで遊ぶことができました。

2.象のり&水上マーケット
パンダツアーの象乗り&水上マーケット半日ツアーに参加しました。
水上マーケットは正直イマイチだったけれど、象乗りが楽しかったです。小象と写真を撮ることができました。また、トラとライオンの間の子である『ライガー』なる動物を見ることができました。至極貴重な体験です。

3.蒸気機関車に乗って小旅行
こちらもパンダツアーで参加しました。
パンダツアーの良いところは、HISやらJTBよりも安いことです。安いからといって質が悪いということは無いと思います。
年に4回しか無い蒸気機関車に乗って、バンコク郊外を訪れました。帰りはバスでバンコクに戻ってきます。
息子は、蒸気機関車が大好物なので楽しんでいました。

4.チャトチャックパーク(子ども博物館、週末マーケット)
週末に、チャットチャック公園で開かれる週末マーケットに行ってきました。いろんなものが売られていて楽しい場所なのですが、野外なので暑いです。しかも結構混んでいます。朝早い時間に行って(8時着)、11時ころに引き上げてきました。妻がいろいろとお土産等を買っていました。
子ども博物館は、遊べる博物館という位置づけのようで、宇宙服に着替えてスペースシャトルに乗ったり、消防服に着替えて救急車に乗ったり、噴水で水遊びしたり、バーチャル畑でピッキングができたりという場です。国の施設なのか、無料なのが良いですね。

5.サイアム地区をぶらぶら
アーリーからサイアムは、比較的近いです。BTSに乗ってしまえば10分程度で着いてしまいます。
サイアム・パラゴンやらセントラル・ワールドやらゲイソンに行ってきました(妻の希望)。
ゲイソンには初めて入りましたが、高級デパートのようでパラゴンとはまた違った雰囲気です。観光客はあまりおらず、ハイソ系タイ人で賑わっている印象です。妻は、ここでタイ発のコスメ品を買っていました。
世界的に有名なタイ発コスメがあるんですね。日本で買うより安いようで、タイに来る日本人女性はここに殺到するそうです。

6.BTSプロンポン駅近くのキッズ・プレイグラウンド
BTSプロンポン駅(日本人街)のすぐ隣にエンポリアムというデパートがありますが、この中にキッズ用の遊び場があります。イメージとしては、東京ドームの近くにあるアソボ~ノみたいな感じです。アソボ~ノほど充実はしていないですが、アソボ~ノよりもだいぶ入場料が安いです。息子と二人でいきましたが、同時間に日系幼稚園の子どもたちがたくさん来ていました。ここの特長は長い滑り台があることで、大人と一緒に滑ることができます。また、自動カメラ機能が導入されており、写真を撮ってもらえます。備え付けのPCに自分のメールアドレスを記入すれば、その写真を自分のアドレスに送ることができます。結構便利なものが導入されています。

これらの他のアクティビティとしては、コンドミニアムのプールで泳いだり、近場を散歩したりして過ごしました。

あっという間の11日間でしたが(満身創痍)、家族で色々と経験できて良かったです。

また、仕事を頑張ろうと思います。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-08-23_06:21|page top

家族がやってくるけれど、どこに行こうか

タイに家族がやってきます。11日間なのでマゴマゴしているとあっという間に過ぎてしまいます。決まっているのは、プーケット行きだけです。

その他は、バンコク市内で過ごす予定です。
子供連れで、どんなことができるかピックアップしてみると。

1.チャトチャック公園の週末マーケット
2.ラチャダー(タイ文化センター駅)のナイトマーケット
3.王宮エリア散策
4.中華街散策
5.サイアムエリア散策

これだけ見ると、息子が楽しめそうなものはあまり無いかもしれません。
動物園がありますが、炎天下だろうししんどそうです。

少しバンコクから離れますが、水上マーケットやらゾウに乗って散歩みたいなのがあります。息子は、乗り物(飛行機、電車、車)が大好物なので、鉄道を見るというのもあります。ただ、暑いので昼間長時間野外で過ごすことは容易ではないと思います。

ですので、アクティビティはそこそこにあまり無理せず、保養という位置づけで過ごしてもらえればと思います。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-08-08_22:46|page top

PHOENIXのチケットがソールドアウト

8月にフレンチロックバンドのPHOENIXがバンコクでコンサートをするのですが、そのチケットがすでにソールドアウトされていました。

行きたいけれど、たぶん行けないだろうなと思っていたのですが、いざチケットがソールドアウトしているという事実を知ってしまうと行きたくなってきます。無いものねだりです。

バンコクで、どういった人たちが彼らのコンサート(チケットは9000円くらいする)に行くのかよくわからないのだけど、実はタイ人の間で人気のロックバンドなのかもしれません。それとも、やはり白人連中が行くのかな。

こうなったら、JAZZ BARを開拓するしかありません。

バンコクで有名なJAZZ BARと言えば、BTSビクトリーモニュメント駅近くにあるSAXOPHONEでしょうか。

家から2駅しか離れていないので、機をみて訪問してみたいと思います。

ちなみに、ビクトリーモニュメント駅付近にはいくつか有名なムーガタ屋があります。
ムーガタとは、ジンギスカン鍋そっくりな鍋を使ったタイ式BBQのことです。
200バーツ程度(約700円)で食べ放題というコストパフォーマンスの比較的高い料理です。
ただ、素材の質は期待できません。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-08-08_08:28|page top