STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

バンコク・マラソン

バンコクは、人口800万人を擁する大都市です。都市圏人口は1500万人を超えるとも言われており、ラテン諸国の都市でいうとメキシコシティ(メヒコ)やサンパウロ(ブラジル)に匹敵します。でかいですね。。

そんなバンコクには、バンコク・マラソンというものがあるようです。
すでに29回行われており、昨年は3万5千人ほどが参加したという結構大きな大会のようです。
今年は、11月に開催される予定となっており、30回目の記念大会になるのだと思います。
日本からもツアーでバンコクマラソンを走ろうという企画があるようです。まるで、ホノルル・マラソンみたいですが。

こんな暑いところでマラソンなんかできんのかい、と思ってしまいますが、昼間は暑いので、真夜中にスタートするというユニークさがあります。

フルマラソンのほかに、ハーフマラソンもあります。

前回住んでいたパラグアイでは、結局一度もマラソン大会にエントリーしなかったので、バンコクでは一回くらいこのような大会に出走できればなあと今からボンヤリ考えています。

フルはきつそうですが、ハーフなら少し訓練すれば走れないこともないので、チャレンジする意義はあるかもしれません。

30回大会という記念大会というのが、モチベーションを駆り立てます。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-05-18_08:10|page top