STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

スクンビット周辺は落ち着かない、アーリー地区はどうだろう

現在、バンコク内のスクンビット地域といういわゆる日本人が多いところのホテルに滞在しています。ここに1か月ほど滞在し、その間に住居を探さなければなりません。

ここで生活している限り、どうもザワザワして落ち着きません。ホテル内は、とても静かなので、ホテルにいる限りは静粛が維持できるのですが、外を出るとそこはもう大都会で、車がやたらと多し(さらに悪いことにはバイクも多いからうるさいし、空気が悪い)、人も多いし、ASOK駅(モノレールの駅)にいくと、東京駅に比べるとさすがに少ないですが、平日は多くの人々は忙しいそうに歩いています。週末は、おそらく観光客であろうという人々がノリノリで歩いています。

スクンビット地区は、いわゆる歓楽街も多いし、おそらく眠らない街なんだと思います。
眠らない街なんていうと新宿みたいですが、実際にそんな感じです。

こんなところで、生活していると、精神的にそわそわしてしまうし、落ち着かないです。

こういう歓楽街に住むことが好きな人もいるのだろうけど、僕にはちょっと厳しいかな。おそらく20代だったらこういうところが好きだったと思うのですが、アラフォー(いよいよ不惑)ともなると、もっと静かで落ち着いた街に住んでみたいなと思います。

というわけで、いろいろ探しているんですが、アーリー地区などは結構いいんじゃないかと。
職場から若干近くなるし、落ち着いた街のようです。


https://www.bangkoknavi.com/area/detail.php?area_id=3

http://www.bangkoknavi.com/miru/189/

http://xn----ieu8ap1dyfzkv469awe1a.com/tokushu-ari/


地元のおいしそうな定食屋(レストラン程高くない)もありそう。

実際に、アーリー地区に行ってみてきましたが、駅のすぐ隣にはショッピングコンプレックスがあり、スーパーやカフェ、薬局、レストランがありました。日々の食材等の買い物はここでもよさそうです。

通りをはさんだ反対側にも、チープなスーパーがありました。

ソイ・アーリー(ソイは、タイ語で通りの意味)には、いろいろカフェやレストランがあります。

https://fukiko.net/2016/12/14/aree/

ただ、カフェ一杯が100バーツ(約320円)って、結構高いですね。タイには、なかなかおいしい珈琲豆がだいたい130-200バーツ(約400円‐700円)で売っているので、それを買って自宅で淹れたほうが生活費を抑えられます。でも、今後は仕事が本格化してきたら、職場と家の往復という味気ない生活が続くと思うので、気分転換にそういった場所を使うのはありだと思います。

バンコクには、いくつか日系不動産があるので、アーリー地区でいい物件がないか問い合わせてみます。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-05-14_09:53|page top