STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

海外にいても、日経平均の動きが気になる

タイにきて、2週間が経過しました。今のところ体調を崩すこともなく、元気にやっています。

元気といえば、日経平均がまた騰がってきました。北朝鮮リスクが沈静化しつつあるということ、フランス大統領選挙が終わったことにより地政学的リスクがある程度落ち着いたという結果なんだと思います。

そういった背景のもと、所有銘柄の含み益は今年に入って一番の入りになっています。
その中でも、ソニーやマニーといった銘柄が騰がってきています。一方で、ソニーとマニーとともに三羽烏(3主力)の一角を担う、トヨタ自動車がさっぱりで、低空飛行(ギリギリで含み益状態)です。

そのほかでは、コムチュアとオガダアイヨンが2倍を目指せるところまでやってきました(それぞれ+80%くらい)。

Sell In Mayなんて言葉(文字通り、5月に売れ)がありますが、今年は当てはまらないのかもしれません。昨年は、この時期ひどいありさまだったことを考えると、有難いことです。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|INVESTMENT|2017-05-13_19:09|page top