STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

銀行口座開設

タイには、いくつか大きな銀行があります。
そのうちのひとつバンコク銀行の口座を開設しました。

口座を開設するには、パスポートが必要のようです。ワークパーミット(労働許可証)も必要かもしれませんが、それは僕と契約関係にある機関が準備してくれていました。その機関の担当者とともに、バンコク銀行に行ったところ、口座開設の手続きは15分程度で終わりました。いくつかの書類にサインをするだけでした。

口座開設料の300バーツ(約1000円)と、口座維持費500バーツ(約1600円)を支払いました。この口座については、日本に本帰国したあとも保持できるようですが、2年間銀行取引(入出金)がない場合は、それ以降月々の手数料が50バーツ(約160円)かかるようです。

今後、僕の給与はこの銀行口座に振り込んでもらうことになります。給与はバーツ建てになるようです。
なので、帰国の際にはバーツから円に建て替えないといけません。

これが例えば、今まで働いてきたニカラグアやパラグアイであれば、ドル建てだったので、銀行口座にはドルが貯まるようになっていたのですが、ここタイではバーツとなります。安定感を考えるとバーツというのは少し不安ですね。もし仮にテロとかあったら、急落ということは十分考えられます。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-05-04_23:45|page top