STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2016年04月 | 05月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

テレレ文化

パラグアイでは、テレレ文化が受け継がれています。

パラグアイだけではなく、アルゼンチン北部(つまり、パラグアイとの国境付近)でも同じような文化が残っています。

テレレ(冷たいマテ茶)を、独特なカップとストローを使って飲みますが、これをその場にいる人たちの間で回し飲みします。
カップとストローのほかに、テルモ(大きめの水筒)も必ずその場にあります。(3つが揃って初めてテレレ・セット)

持ち主を中心に回し飲みが繰り返されます。

1. 持ち主がテルモからカップに水を灌ぐ。
2. 持ち主がまず飲む。
3. 持ち主が再びカップに水を灌ぐ。
4. その場にいる(A)にカップを渡す。
5. Aはそれを飲み、飲み終わったら持ち主に返す。
6. 持ち主が再びカップに水を灌ぐ。
7. カップを(B)に渡す。(以下同様)

一回飲みきりの量なので、持ち主→A→B→Cというようなことにはならず、かならず持ち主経由で回し飲みが行われます。

この間、シウダーデルエステまで4人で車移動したのですが、その中でずっと回し飲みが行われました。
この時は、後方席の人がテレレ・セットを持参しており、彼を中心に行われました。

話をしながらも、後方の彼がタイミングよくテレレを回していきます。
このテレレの回し飲みが行われる空間が、ノンビリしていてわりに好きです。
これは、一種のティー・セレモニーなのではないかと思います。

コミュニケーションの一種のようです。
こうやって、回し飲みを続けていくうちに一体感のようなものが生まれるように思います。
実際のところ、回ってきたテレレを断ることは難しいです。
とくに、田舎にいけばいくほど。

文化遺産です。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|南米(日記)|2016-04-29_06:26|page top

アスンシオンのカフェテリア(Mary’s Coffee House)

アスンシオンにあるMary’s Coffee Houseに行ってきました。

ここは、わりと最近できたカフェテリアのようで、オーナーは韓国人の女性のようです。
店内は、縦長のスペースとなっており、二人用のテーブルがいくつか置いてあります。日光が良く入り、店内は明るいです。

P_20160423_104627 (1)

我々が入った時には、4人のパラグアイ人がカフェを片手にお喋りしていました。

カプチーノとカフェラテを頂きました(それぞれ350円くらい)。
とても丁寧に淹れられているという印象です。

こちらでは、コーヒー豆も売られており、希望があれば挽いてくれます。
250グラムで1000円くらいしました。安くはないですが、この国ではよいコーヒー豆を手に入れることは難しいので購入しました。
挽いてくれる際には、粗挽き、中挽き、細挽きか聞かれました。
ペーパーを使ってカフェを入れる場合は、中挽きが適当とどっかで聞いたことがあったので、中挽きにしてもらいました。

パラグアイは、ほかのラテン諸国と比較して、テレレ文化が幅を利かせており、カフェ文化が育つ土壌がないのですが、ぜひともこのお店には頑張ってもらって、美味しいカフェを広げていってほしいと思います。

関連記事

comments(0)|trackback(0)|南米(日記)|2016-04-28_06:37|page top

本当に気温が下がった

今日の最高気温は14度となっています。最低気温は4度。

昨日は、寒くて何度か目を覚ましてしまいました。
一応、家には暖房器具があるのですが、それを使っても寒いです。
暖房器具と言っても、日本のホームセンターにて1980円くらいで売っているような製品で、暖房機能はそれほど高くはありません。
今日の夜は、毛布を2枚使わなければならなそうです。

息子は、冬の恰好をしています。モンベルのダウンを着させました。こういう時には、アウトドアブランドは強いです。

この低温は、今週いっぱい続きそうです。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|南米(日記)|2016-04-27_12:44|page top

スニーカーを購入した(ML72)

イグアスの滝を旅行したときに、履いていた靴(New Balance)が壊れてしまったので、新たに靴を購入しました。また、NBです。

購入したのはこちらのML72というモデルです。MLとは、Mens Lifestyleということのようです。

P1070633.jpg

アッパーは、996のデザインが基になっており、ソールはVibram製のソールが使われています。

以前、ニカラグアにいたときに購入したものと似ていますが、こちらのモデルはよりタウン履きを意識した作りになっているようです。

スタイリッシュ(足底が狭い)です。

プライベート用で履ける靴がこれしかないので、大事に履いていこうと思います。


関連記事

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2016-04-27_06:37|page top

ステファン・カリーとクリス・ポールが怪我した。。。

今年も、NBAプレイオフの時期がやってきました。

いくつかのチームは、すでに第一ラウンドを終えて2回戦(カンファレンス・セミファイナル)に進んでいます。

アクシデントが2つありました。ひとつはGSWのエースであるカリーの膝靭帯の捻挫です。カリーは、足首の捻挫から復帰したばかりでまた怪我をしてしまいました。チームメイトが転んで汗で濡れたフロアのところで足を滑らせました。。。

とりあえず2週間は試合に出られないようです。
結果的には、レギュラーシーズンで73勝して新記録を打ち立てけれど、その代償になってしまいました。
もちろん、レギュラーシーズンの頑張り(ほとんど休んでいない)と今回の2つの怪我には因果関係はあるとは言い切れませんが、まったくないとも言い切れません。チームとしては、新記録よりもファイナル制覇が目標だと繰り返し述べていたのですが、エースの怪我でGSWは黄色信号です。

おなじく、ポイントガードのクリスポールが中指を骨折してしまいました。こっちは、カリーより重傷で今季絶望かもしれません。。

プレイオフという檜舞台で、リーグを代表するポイントガードが怪我で試合に出れなくなるというのは悲しいです。みんな、プレイオフ(とその先のファイナル)でプレーするという目標に向かって戦ってきたのだから。

この両エースの怪我で、ウェスト(西地区)の勢力図が崩れつつあります。

大方の予想だと、カンファレンス・ファイナルは、GSWとSASでこれが事実上のファイナルであるとされてきましたが、GSWは次の試合でカリー抜きで戦わなければなりません。その対戦相手は、PORとLACの勝者ですが、LACもポール抜きになるので、こうなると我らがPORの若干の希望が見えてきました。実際、昨日の試合でPORがホームで勝ち2-2のイーブンに戻しています。

カンファレンス・セミファイナルは、POR-GSWになるかもしれません。PORとGSWだと打ち合いになるので、カリーがいないGSWだったら、少しはPORにも勝ち目があるかもしれません。すくなくともスイープで敗戦とかはなさそうです。

繰り返しますが、怪我でリーグを代表するプレイヤーをプレイオフで失ってしまうのは、非常に残念です。
個人的には、事実上の決勝と目されるGSW-SASのガチンコの試合を楽しみにしていました。フルメンバーでの戦いを見たかったです。

ただ、一方で、怪我も実力のうちともいわれます。
すくなくとも、ジョーダンもコービーもプレイオフで試合に出られなくなる怪我はキャリアを通じて一度も経験していないはずです。ジョーダンは39度の熱でもプレーしましたが。

現状だと、一番優勝に近いのはSASかもしれません。隔年優勝のジンクスがもう一回あるのかな。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2016-04-26_12:27|page top

Tokio Blues: Norwegian Wood

現在住んでいるCoronel Oviedoには、しっかりとした本屋はありませんが、首都に行くとそれなりにいろいろな本が売っている本屋さんがあります。

Mariscal Lopezのショッピング・モールの本屋で、たまたま以下の本を見つけました。
アマゾンでは1200円くらいで購入できるようですが、こちらでは2000円くらいでした。

Tokio Blues: Norwegian Wood
Tokio Blues: Norwegian Wood
posted with amazlet at 16.04.25
Haruki Murakami
Planeta Pub Corp
売り上げランキング: 25,669


日本語で何度も読んでいるし、英語でも1度くらい読んでいるような気がしますので、筋はわかっています。
なので、難しい単語が出てきても想像しながら読めそうです。

以前、こちらの本で挫折を経験しているので、今回は何としても読了したいと思います。

De que hablo cuando hablo de correr / What I Talk About When I Talk About Running
Haruki Murakami
Tusquets Editor
売り上げランキング: 174,094



関連記事

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2016-04-26_06:21|page top

P90X3(DVD型エクササイズ)

アメリカのDVD型エクササイズの重鎮にトニー・ホートンという人がいます。

僕は、今から6年前に2010年にトニーさんが考案したP90Xを入手して、3カ月間結構本気で取り組みました。
そして、シェイプアップに成功し、初ハーフマラソンでは1時間48分という個人的には達成感を得ることのできるタイムで完走しました。

トニーさんのいいところは、エクササイズの最中にとにかくアメリカンギャグ(正確にはアメリカン親父ギャグ)をジャブのように打ち込んでくることです。
だから、エクササイズはとんでもなくハードなのですが、思わず笑ってしまいます。
まったく憎めないアメリカン親父です。(もともとは俳優志望?)

そんなトニーさんのP90X3が2013年に発売されていたことを最近知りました。



P90X3の良いトコロは、ずばりそれぞれのプログラムが30分で完結されていることです。
P90Xは、各プログラムが長いもので1時間30分、短いものでも40分くらいで構成されていました。時間のない現代人の生活に適応されたように思います。

構成プログラムは、以下の通りです。なんと、16つのプログラムもあります。
さすがに、全部はできそうもないので、とりあえずはCore, Flex&Balanceあたりからスタートしてみようかなと。特に、目標というものはなく、運動不足の解消となればよいかと。

P90X3 Resistanc
• Total Synergistics
• The Challeng
• Incinerato
• The Warror
• Eccentri Upper
• Eccentrc Lower

P90X3 Power
• Agility
• Triometrics
• Decelrator

P90X3 Cardio
• CVX
• MMX
• Accelerator

Core, Flex & Balance
• X3 Yoga
• Pilates X
• Isometrix
• Dynamix

ところで、書いていて気付いたのですが、2014年にはP90という最新のエクササイズが発売されているようです。

こっちも良さそうな。。。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2016-04-25_23:40|page top