STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

南米パラグアイから戻り、2017年5月からタイ(バンコク)に行くことが決まっています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2015年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

どんどん騰がる

日経平均株価が、2万円に迫ろうとしています。

これは、まったく予想していなかった展開です。
個人的には、しばらく(東京五輪くらいまで)は15000円-18000円くらいで推移し、五輪終了後に暴落するというシナリオを予想していましたが、まったく予想が外れています。いいほうに外れて良かったですが。

本屋に行けば、雑誌などでやれ25000円だとかやっていますが、そういうのが出てき始めるとソロソロ下がってくるんじゃないかと考えています。

仕事が忙しいので、相場をしっかり見る時間はあまりないのですが、それでもたまには今後に向けてどういうストラテジーを立てていくべきか考えたりします。

そこで思いついたのが、「優待インデックスバリュー投資」。このストラテジーが自分には合っているような気がします。

これはどういうことかというと、「優待株」、「インデックス積み立て投信」、「バリュー株」という異なった投資手法を用いて、リスクを分散しながら進めていくという手法です。まったくの僕の造語です。

安倍内閣風にいうと、三本の矢ですが、私は現政権に対してはあまりシンパシーを感じていませんので、トロイカ体制としたいと思います。

どうして、このようにトロイカ体制で進めていくことを考えたのか、その理由なのですが、要は投資家として実力が足りないので、リスク分散する必要があるということです。リスク分散というと、基本的には銘柄、地域、時間別に行うのが一般的ですが、投資手法を一つに絞らずにやることもリスク分散になると考えます。

本来、実力があるのであれば、小型のバリュー株に投資をすることで多くのリターンを生むことができると思うのですが(例、エナフンさん)、僕のような零細弱小投資家には、リスクが高すぎます。

株主優待株は、商品券やクオカード等の換金性の人気の高いものをセレクトします。個人的にはクオカードが使いやすくて好きです。めったにコンビニは使いませんが、使う際にはクオカードを使っています。

そして、4年前からコツコツと積み立てているインデックス投信。こちらについては、月々の積立金額をもう少し増やすことを視野に入れています。

というわけで、トロイカ体制を実践していこうと思います。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|INVESTMENT|2015-03-21_20:15|page top

リベリアの報告会

西アフリカにあるリベリアへ、エボラ関係の活動をされていた方の報告会に参加する機会がありました。

この方は、お医者さんなのですが、あまり臨床的な話はせずにロジとかそっちの話を中心でして、いろいろと興味深い話を聞くことができました。

リベリアという国、自分にとってはあまりなじみのない国ですが、西アフリカのシオラレオネとコートジボアールに囲まれた小国です。人口は400万人ちょっとということで、中米でいえばニカラグアとコスタリカの間くらいの規模です。エボラ出血熱で有名になってしまったような感じです。

このリベリア、人口が400万人ちょっとなのですが、医師の数が55名(2014年)しかいません。55名!途上国は、医療従事者の数が少ないことが常に問題となりますが、400万人あたり55名というのは異常に少ないと思います。(シオラレオネもすごく少ないようですが。。)

昨年、7-8月にエボラがアウトブレイクした際には、その治療にあたった医師の方が二次感染で亡くなったりと、ただでさえ少ない医師がさらに減ってしまったという話をされていました。

あと大変だったのが、普段が20人規模の組織だったのが、エボラ勃発後に様々な国際機関が同じタイミングで一気に支援に来てので、ロジスティックが回らなくなってしまったということです。ロジって、緊急時・災害時では本当に大切なんですね。これは、東北大震災の時にも言われましたが。

僕は、あまりアフリカにはなじみがないし、エボラについても基本的なことしか知りませんでしたが、興味深い話を聞くことができて勉強になりました。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|WORK|2015-03-20_23:16|page top

アーモンドミルクラテ with ハニークランチ(ベンティサイズ)

スタバの優待券が残っていたので、スタバに行ってきました。スタバ日本は、アメリカのスタバの子会社になったので、優待券という日本独自の株主還元はやめるようです。したがって、これが文字通り最後の優待券です。

どれにしようか迷ったのですが、季節シリーズのアーモンドミルクラテ with ハニークランチにしました。ベンティサイズで583円のようです。カフェに583円っていうのは普段であれば絶対出さないですけど、優待ならではです。

ちなみに、ベンティサイズは590㏄でした。

肝心の味ですが、まあ普通のミルクラテなんですが、ソイラテか?っていうくらいマイルドでした。ミルクラテってあんなに味が薄いものなんでしょうか。しかし、590㏄を飲みきるにはあのくらいの味の薄さがちょうどいいのかもしれません。

カプチーノだったら、たぶん飲みきれなかったと思います。

久しぶりのスタバでしたが、朝からすごく混んでいました。人気あるんですね。優待券が廃止になってしまい残念です。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2015-03-20_20:15|page top

子どもの成長は早い

前にも書きましたが、ここ一か月くらいで息子が明らかに変わりました。

1.体の見た目の成長は大分ゆっくりになったが、中身(脳とか耳とか目とか)が順調に成長していることが伺えます。少し前までは、僕に対してそれほど大きなリアクションはなかったのですが、というか、抱っこすると嫌がっていたのですが、今ではこちらに大きなリアクションを示してくれます。抱っこすると喜びます。

また、こちらの姿をみると腕をバタバタさせてながら喜びを表現するようになりました。さらに、以前は泣いているときには抱っこしてもずっと泣き続けてとりつくしまもなかったですが、最近では少しは安心するのか泣き止むようになりました。

2.掴まり立ちができるようになった。これは、大きな変化です。まだ、危ういですが、少しの時間ならひとりで物や人に掴まって立てます。まだ、ハイハイができていないのですが、これで独り立ちまであと少しで出来そうです。10か月目に突入していますし、このあたりも順調なように思います。

3.うんちの質が変わった。大人とそれとなんら変わりません。にほひも大人級です。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|CHILD-REARING|2015-03-09_22:41|page top

【悲報】ウェズリーマシューズが今季絶望


チームのムードメーカーであり、得点でもチーム三位を記録しているマシューズ(ポートランド・ブレイザーズ)がアキレス腱断裂のため今季絶望となってしまいました。これは、結構痛いです。

彼は、ヘルプディフェンスもかなりいいプレイヤーで、リラードのディフェンスの穴をいつもカバーしてくれていました。その彼が不在になってしまい、チームディフェンスが崩壊しそうです。レギュラーシーズンですと、騙し騙し戦えますが、ガチンコのプレイオフでは弱点を狙われますので期待できなくなります。

現在、41勝19敗。55勝できれば御の字でしょう。

これで、今期の目標はプレイオフ一回戦突破になりました。本来であれば、カンファレンスファイナル進出なんでしょうが、マシューズがいないと厳しいです。そして、急きょ補強しようとレイアレンに声をかけたようですが、あっさり拒否されたようです。。まあ、アレンはシューターとしてはまだまだ一流だと思いますし、経験もすごいですが、年齢からくるディフェンスの衰えは隠しきれませんので取れなくてもいいと思いますが。

このチームは、いつもLiving On The Edgeです。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2015-03-07_22:36|page top

【悲報】エナフンさん、ブログ終了

残念なお知らせです。いろいろ拝読しているブログの中でも、最重要に位置づけだったエナフンさんのブログが終了となります。ブログを辞める理由ははっきりと書かれていませんでしたが、文面を見る限りでは、あまりよくない理由なのではないかなと感じました。


こういう実力派投資家ブログの場合、ブログで挙げた銘柄をまねて投資する人が後を絶たず、その結果本人が思っている以上に影響力が大きくなっていると思います。挙げた銘柄が爆上げすればいいんでしょうが、逆に急降下した場合はお金が絡むことなので、大きな恨みにつながるでしょう。

そういえば、別のケースでいえば某人気バリュー株ブログで、スカイマークが推奨されていたんですが、スカイマークの株が紙くずになったとたん、ブログが閉鎖となってしまいました。ネットを通していろいろとあったんだと思います。

エナフンさんについては、かなり良心的で分かりやすい説明が多く盛り込まれたブログだったので、終わってしまうのは残念ですが、ブログが公開のまま残るのであれば、読むことができるので引き続きいろいろと学べることができればと思います。

最後に、エナフンさん一押しのピーターリンチさんの書籍を紹介します。

数ページ読みましたが、ユーモアがあって(皮肉っぽいところもある)面白いです。熟読したいと思います。


ピーター・リンチの株の法則---90秒で説明できない会社には手を出すなピーター・リンチの株の法則---90秒で説明できない会社には手を出すな
(2015/02/27)
ピーター・リンチ

商品詳細を見る

関連記事

comments(0)|trackback(0)|INVESTMENT|2015-03-07_10:16|page top

テレビ会議

仕事で、某地域6か国を結んだテレビ会議がありました。

準備の段階で自分が中心となって進めて、当日は司会をやり、また発表を行いました。
1時間の会議だったし、発表についても5分程度だったのですが、それでも準備には結構時間がかかりました。

きちんとやろうとすると、やはりどうしても時間がかかってしまいます。でも、まあこのあたりの準備にかける時間を効率化で短縮できれば、ずいぶんの楽になるんですが。これは場数を踏むしかなさそうです。

引き続き同じような会議を定期的に開催できればと思います。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|WORK|2015-03-05_22:16|page top