STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

NY5日目

昨日一日中降っていた雨が止みました。

今日は9時からメイシーズへ。34丁目の店舗は、世界で最も売り場面積の大きい百貨店のひとつのようです。

P1000837 (800x600)

そこから歩いてニューヨーク市立図書館を通って、グランドセントラル駅に行きました。

P1000905 (800x600)

お昼は、ここの牡蠣で有名な店でクラムチャウダーカキフライを頂きました。

Grand Central Oyster

P1000952 (800x600)

クラムチャウダーは、白いスープのイメージがありましたが、これはNew Englandスタイルというもので、この他にManhattanスタイルがあるようです。こちらはトマトベースです。

P1000955 (800x600)

ランチを取った後、ホテルに一旦戻りユニオン・スクエアに行ってきました。

P1010019 (800x600)

月曜日はマーケット(市場)が開かれています。

P1000985 (800x600)

この寒い日にチェスをやっています。

P1010016 (800x600)

前回NYに滞在した時にも行ったStrand Book Storeにも行ってきました。年末で大賑わいです。ここも、店オリジナルのグッズが色々と売られています。

P1010006 (800x600)


大きな地図で見る

夜は、韓国料理を食べに行きました。異常に混んでいましたが、奇跡的にほとんど待つことなく入れました。豆腐のスープが美味しかったです。

Han Bat Restaurant


大きな地図で見る

食事をとった後は、いよいよJAZZへ。

毎週月曜日に行われているThe Vanguard Jazz Orchestraの演奏を聴くために、Village Vanguardへ。Vanguardというとアメリカの投資会社を思い浮かべてしまいますが、Village Vanguardは老舗JAZZバーです。

P1010074 (800x600)

8時半からのショーなので8時くらいに行けば大丈夫かと思っていますが、入ってみるとすでにほぼ満席で自分たちはかなり最後の方でした。ネットで調べたら8時でも大丈夫なように書かれていたんですが、冬場は違うのかな。1時間前くらいに行ったほうが良い席を確保できると思います。ちなみに席は小さな椅子となっており、物を置けるスペースはあまりありません。コートを預けることができます。2ドルかかりますが、音楽に集中するためには預けたほうが良さそうです。

Village Vanguardは、思ったよりもこじんまりしたバーでしたが、ステージと客席が近いので一体感を感じます。ミュージシャンは10人ほどいてみんな白人だったのかな。年配の人が多かったです。1時間半の演奏でしたが、あっという間でした。疲れが吹っ飛びました。今日は2回公演となっており、自分らは8時半からのショーだったのですが、この後に10時半からのショーが控えていました。バーを出るときに外で沢山の人が並んでいました。

このバーには食べ物は置いておらず、飲み物だけです。ビールが7ドルです。

ホテルに着いたらすでに12時近くでした。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|TRAVEL|2013-12-30_23:23|page top

NY4日目

朝から怪しい雲行き。

朝食を食べるためにサラベスへ。マジソン・スクエア・パークでリスをみかけました。

P1000771 (800x600)

サラベスは日本にも進出しているようです。NYの朝食の女王?

エッグ・ベネディクトというのが有名だそうです。パンケーキもあります。妻がサーモン・エッグ・ベネディクトを、僕がパンケーキを注文しました。


大きな地図で見る

どちらも非常に美味しかったです。

P1000782 (800x600)

そこから、子供用の本が売っているブックストアに行きました。

Books of Wonder

ジャンル別ではなく、対象年齢ごとにセクションが別れており、本を探しやすいと思いました。店内はある程度スペースが確保されており、奥の方では本の読み聞かせが行われていました。


大きな地図で見る

ホテルで一旦休み、ミュージカルを見にタイムズスクエアへ。出発する直前にチケットを確認してわかったのですが、google mapで示された劇場と違うところで行われているようです。気づかなかったら遅刻していた。。

P1000784 (800x600)

ミュージカルは、マンマ・ミーアを観ました。何を観ても良かったんですが、一番わかりやすくて曲の知っているこのミュージカルがいいなと。

P1000786 (800x600)

わかりやすく誰でも楽しめるようなストーリーと音楽。そして改めてABBAというグループはすごいなと思いました。畳み掛けるようにヒット曲が流れます。こんなにたくさんヒット曲を持っていたのかと。

僕は、熱心なABBAファンと言うわけではないですが、親がABBAを好きなので小学校の時によく車の中等で聴いてました。Dancing QueenやChiquititaが代表曲だと思うのですが、今回ミュージカルを観てこの2つの曲がいいなと思いました。

Lay All Your Love On Me


Knowing Me, Knowing You


ABBAは、女性二人のボーカルが注目されがちですが、男性二人のコーラスもいいんですね。


ミュージカルは2時間半で終了。すでに4時半を過ぎていたので、そのまま中華街に行きました。

P1000812 (800x600)

蟹料理を頼んだのですが、食べづらかったです。しかし、これにかかっているソースが抜群に旨くて、白飯にかけて食べると最高でした。これは明らかに過去5年のベスト料理です。

P1000819 (800x600)

この店は、ウェイターが全員中國人のおっさんです。食べ終わったあとにマッタリしていると、ウェイターがやってきて(かに料理をさしながら)このソースたまらんだろ?と聞かれました。今度来たときはソースを沢山にしてと注文しなさいとアドバイスされました。なかなかおもしろいおっさんです。

Hop Kee


大きな地図で見る

ここは、また来たいなと思いました。


中華街からホテルに戻る際に、トレーダー・ジョーズ(スーパー)に寄りました。

この店の特徴は、オリジナル商品が沢山あるということです。チーズ、ヨーグルト、スナック菓子、シリアル、コーヒー豆、冷凍食品、ビール、化粧品といろいろなものを作っています。正確にはオリジナルブランドというんでしょうか。

P1000827 (800x600)

P1000830 (800x600)

パッケージもかなりオサレなので、おみやげに持って来いの店だと思います。観光客をかなり意識しているのではないかと思います。かなりマーケティングに力を入れてそうです。

こんなトートバッグもあります。2ドル弱。

P1010418 (800x600)
関連記事

comments(0)|trackback(0)|TRAVEL|2013-12-29_22:43|page top

NY3日目

朝から、ロックフェラーに行きました。

ロックフェラートップ・オブ・ザ・ロックに登るためのチケットを購入するためです。MOMAとのコンボチケットだと42ドルにディスカウントされます。別々に買うと50ドルくらいになるはずなので、お得です。

でもこのチケット少しわかりにくいです。購入時に何も説明を受けなかったのですが、本来であれば購入時にいつの何時に登るのか決めなくてはならないようです。この日の夕方に、そんなことは知らずに行ったのですが、結局すぐには入場できずに20時まで待つ羽目になりました。

チケット購入後は、地下鉄を使いメトロポリタン美術館に行きました。この美術館はかなり規模がでかいので、とりあえずフェルメールだけ見られれば良いと思って乗り込んだのですが、ありませんでした。。。貸し出されたようです。まあ、有名な絵なので仕方ないですが。

意気消沈しながら美術館をあとにし、そのまま近くのバーガーショップへ。

Shake Shackという店に入りました。バーガーの人気店だそうです。マーケティングが上手だなという印象です。都会の中間層向けの店という感じです。きちんとした格好の人が多かったです。親子連れもいました。もともとUnion Square Parkの屋台から始まったそうで、それが2001-2003年のことです。2004年から店舗を構えたようです。マンハッタンにはすでに幾つもの店舗があります。

P1000646 (800x600)

バーガーを食べてみた感想ですが、非常にシンプルです。肉とトマト、レタス、チーズにケチャップしか挟んでありません。でも、肉が凄くジューシーで柔らかかったです。こんなに柔らかい肉のバーガーは初めてです。柔らかいと食べにくいと思うかもしれませんが、きちんとパンに挟まれたまま食べられます。フレンチフライはカラッと揚がっています。量がすごいです。


大きな地図で見る

一旦ホテルに戻り、夜は今朝チケットを購入したトップ~へ。

エレベーターに乗る前に20分くらい待たされました。やはり夜はすごく混みます。さらに凄く寒いです。風が強かったせいか、手袋なしで写真を取るのが非常に苦痛でした。

P1000725 (800x600)

トップ~は、3つの階に分かれています。まずがガラス張りの階、そこから上をいくとガラス無しの階があります。ここだとガラスを気にすることなく写真をバシャバシャ撮れます。

降りたら腹が減ったので、行列が並んでいる屋台に並びました。いわゆるイスラム系の料理です。The Halal Guysという屋台です。We Are Differentというのがいいですね。俺達のは一味ちがうぜ、ということでしょうか。働いている人は全員男性です。

P1000747 (800x600)

客が50人くらい並んでいるだけあって確かに旨かったのですが、かなりのボリュームで途中から飽きてしまいました。腹がすごく減っていても全部食べられるかどうかという量で6ドルとかなりリーズナブルな価格ではあります。

P1000761 (800x600)

肉とレタスとご飯が、イスラム的な調味料で味付けされています。それにホワイトソースをかけて頂きます。このホワイトソースはマヨネーズのようで少し甘みがあります。この屋台も将来的には店舗を構えるのでしょうか。今後に注目です。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|TRAVEL|2013-12-28_22:46|page top

NY2日目

朝7時にホテルを出発し、目指すはJFK空港。おそらく初めて行きます。

歩いてペンシルベニア駅まで行き、そこから地下鉄(E線)に乗ります。

今回は一週間滞在するので、メトロウィークリーカードを購入しました(30ドル)。これで地下鉄およびバスは乗り放題になります。

販売機で現金で購入しようと思ったのですが、8ドル以上のお釣りがあるときは販売機は使えないようです。つまり30ドルのカードを現金で購入する場合は35ドルでは購入できますが、40ドルでは購入できないようです。ちょっと面倒臭いです。

そこでマゴマゴしていると、後ろからオジサンが話しかけてきて、空のメトロカードをくれました。こういうのは非常にありがたいです。今回の旅行ではこの時に限らず、地図をもって路上で立ちすくんでいると声をかけられました。道に迷っているのか?とか、どこに行くんだ?とか。こういうのは非常にありがたいです。

ペンシルベニア駅からE線に乗って、Sutphin blvd駅まで約40分で行けます。そこから歩いてエアトレインに乗ります。エアトレインとは、JFK空港周辺を巡回しているモノレールみたいなものです。これは地下鉄とは別なので空港まで別に5ドルかかります。所要時間は10分くらい。すぐです。


大きな地図で見る

クイーンズは初めてきましたが、マンハッタンとは全然雰囲気が違います。クイーンズというとなんとなく黒人街=治安があまりよくなさそう、というイメージが湧きますが、実際はどうなんでしょう。

JFK空港はターミナルが8つあります。巨大空港です。ここまででかいのは初めてです。ターミナルが8つあるということは、事前に航空会社がどのターミナルを使用しているのか知っておく必要があります。そうしないと迷います。

無事に妻と合流でき、スーパーシャトルを使ってホテルへ。ここでは30分くらい待たされました。まあ、このくらいなら許容範囲です。

ホテルに着いてから、少しくつろぎ夜はMadison Square GardenにNBA観戦に行きました。

P1000565_convert_20140104110506.jpg

2年連続NBAを見られるとはラッキーです。しかし、残念なことにニックスのエースであるカーメロが怪我のために出場しませんでした。そしてニックスは負けました。ホームのチームが負けてしまうと意気消沈という感じで虚しさが残ってしまいます。しかし、ニックスを見ていて思うのは、大都市を本拠地としているから客はそれなりに入るし、誘惑が多そうだし、そんなんじゃ強くならないよなあということです。どことなく阪神タイガースに似ているような。試合を見ながらそんなことを考えていました。あとは、この時期は観光客ばかりなのでわかりやすいプレー(ダンクとかブロックショット)がやたらと盛り上がっていました。

P1000591 (600x800)

帰りも歩いてホテルへ。試合観戦の後に歩いて帰れるところにあるホテルは非常に便利です。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|TRAVEL|2013-12-27_22:01|page top

NYへ向けて出発

朝5時に起きて6時に家をでる予定がすっかり寝坊してしまい、呼んでいたタクシーからの電話で起こされました。幸先の悪いスタートです。普段、忘れ物をすることはあっても寝坊することはないんですが、なんだかんだ年末で疲れていたようです。

15分で支度をすませ空港へ。空港までは15分くらいでいけます。さすがに年末のこの時間は空いています。

チェックインをして、エスプレッソ・アメリカーノでカプチーノを飲みました。ここに来るとこれを飲まずにはおれません。この店は日本にもありますが、発祥はホンジュラスなんですね。

アトランタまで3時間半のフライト。アトランタに来るのは初めてです。アトランタといえばCNNでしょうか。ジョージア州は南部アメリカだと思うんですが、CNNのイメージが強いせいかテネシー州やアラバマ州に比べるとちょっと身近な感じがします。

アトランタの近くには、アセンズという大学街があります。この街はREMの出身地なんですね。マイケル・スタイプはジョージア大学の学生だった時にREMを結成したはずです。このアセンズ、名前の由来はギリシアのアテネなんです。どういう歴史があってアテネに冠する名前がついたかわかりませんが、なかなか歴史のありそうな街ではあります。いつか行ってみたいと思います。

アトランタでは3時間のトランジットの後いよいよNYのラガーディア空港です。フライト時間は2時間弱。近いです。

到着するとやっぱり寒いです。ラガーディア空港はドメスティック空港みたいなものでそれほど規模は大きくありません。そして結構古いですね。マンハッタン近辺には3つの空港がありますが、このラガーディア空港が一番マンハッタンまでは近いです。

荷物を受け取ってから、オンラインで事前に予約していたスーパーシャトルのカウンターへ。20分くらいしたら来るからそれまで待っていてと言われ、近くのベンチで待つことに。30分経ってから名前を呼ばれたのでカウンターに行ってみると、渋滞のせいでさらに30分くらいかかるとのこと。今は年末なので交通渋滞はわかりますが、それにしても随分時間がかかります。結局1時間以上待つ羽目になりました。こんなんじゃオンライン予約した意味がほとんどないし、全然スーパーじゃないかと愚痴のひとつも言いたくなります。途中から乗ってきたアメリカ人は『2時間も待たせやがってこのヤロー』とキレていました。それに対して運転手も言い返していました。さすがアメリカです。

ラガーディア空港からマンハッタンのホテルまではチップ、タックスを入れて16ドルちょっとでした。

今回滞在するホテルは、Wyndham Garden Manhattan Chelseaにしました。

ちょうどマンハッタンのど真ん中に位置し、東西南北どこへでもアクセスが良さそうです。


大きな地図で見る

チェックインして部屋に入ってからテレビを付けてみると、ブレイザーズの試合が放送されていました。全国放送のようです。思わず最後まで見てしまいました。

明日は妻を迎えにJFK空港まで行ってきます。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|TRAVEL|2013-12-26_23:32|page top

毎月分配型投信はどうなのか?

クリスマスにアップするテーマか迷いますが。。。

毎月分配型の投資信託というものがあります。平たく言うと、毎月分配金が支払われるタイプの投信です。長期で積立を行う際には、毎月分配金に税金がかかるので、そこがネックであるというのはよく聞かれる話です。

でも、実際どんなものなのか自分で経験してみて理解しようと思い、1年ちょっと前からコツコツと積み立てていました。

具体的には、『J-REIT・リサーチ・オープン(毎月決算型)・累投型』という商品です。国内リート(不動産)です。

買付手数料が2.625%、信託報酬が1.05%と安くはないコストがかかります。このコストも購入の際に留意する点です。

13ヶ月間積立していましたが、来年から税金が20%になるということで、今年中に一度利益確定しようと思いつい数日前にすべて売却しました。

損益はどうだったかというと、キャピタルゲイン(株価の上下)とインカムゲイン(分配金)と合わせて7%の利益でした。思ったよりも良かったです。

ただ、この一年間はアベノミクスの効果もあり、株価がかなり上昇しました。そういう状況の中で国内リートによる利益が7%というのは、実際問題どうなのか評価が難しいです。

でも、この毎月分配型投信(国内リート)それなりの利益が出ることがわかったので、来年からまた別の商品を積み立ててみようと思います。

有力なのは、『新光-新光J-REITオープン』になります。上記の投信との違いは、コストの安さでしょうか。
買付手数料が1.05%、信託報酬が0.68%となっています。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|INVESTMENT|2013-12-26_09:37|page top

再会(7年ぶり)

昨日は、クリスマス・イブでした。

まあ、とくにクリスマスだから何かしようということもなかったのですが、終業間際に同僚からお誘いがありました。ある日本人の家に行くけどどう?と。

せっかく誘われたので行ってきました。この日本人の方というのは実はホンジュラス時代に同じ街に住んでいた方で、お世話になった人でした。7年ぶりの再会です。この国に住んでいるのは知っていましたが、なかなか会う機会がなかったのですがやっと会えました。

当時は、たまに晩餐に誘われたりして、色々和食を食べさせてもらいました。ラム酒を生グレープフルーツで割って飲むことを教えてくれたりもしました。昨日は、クリスマスということで、丸焼きチキン(とろけるように旨い)、ローストビーフ、キムチ(韓国経由)、おひたし、餃子(手作り)、コロッケ(手作り)を頂きました。

特に旨かったのは、餃子とコロッケですね。餃子にはニラが入っており、食べごたえがありました。コロッケは肉コロッケでして、こちらも懐かしい味がしました。こういう風に、さらっと(でもきっと凄く時間がかかっている)料理できるというのはやはりそうとうカッコイイものです。

この方には、子どもがいるのですが、すっかり大きくなっていました。たしか当時中学とか高校なんで、もう二十歳を超えているくらいかな。すでに孫も一人いてびっくり。

当時から、すごくエネルギッシュな方なんですが、相変わらずすごくお元気でした。うーん、体格もガッシリしていますね。そして肌が浅黒い。

また、近々お会いしたいと思います。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|中米(日記)|2013-12-26_09:18|page top