STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

Focus T25

ここでは、ほとんど運動ができない状態で、それでは健康を維持できないと思っています。

外を走れない(歩けない)、ジムに行けない(まだ車がないから)ということで、こうなったらホテルの自部屋でなんらかの運動をするしかないという選択になります。そういったときに活用できるのが、P90Xです。

ちょうど今から3年前の2010年秋にP90Xを90日間行いました。それにより、体が若干大きくなり、また体幹が強化され、その後のハーフマラソンでは初ハーフにしては良いタイムを出すことができました。

そのP90Xをやるべき時に来ているのではないかと思っています。しかし、P90Xはなんせ時間がとられます。一回のプログラムは60分前後となっており、これを毎日やるのは現在の状況だと時間が足りません。睡眠時間を削ればできないこともないですが、睡眠時間はなるたけ削りたくありません。また、P90Xは、かなりストレスの大きなエクササイズとなっており、これを毎日行うと毎日筋肉痛という状態になってしまい、それは避けたいと思っていました。そんな中、別の手段はないかと探していたら、別のエクササイズを見つけました。

その名は、Focus T25です。


Shaun T's FOCUS T25 DVD WorkoutShaun T's FOCUS T25 DVD Workout
()
Beachbody

商品詳細を見る



このT25は、P90Xと同じ会社から出ている商品ですが、一回のプログラムは25分となっており、P90Xの半分以下のエクササイズとなっており、忙しい現代人にはぴったりのものであると思います。

Focus T25は、以下のプログラムから構成されており、これをスケジュールどおりに行うことにより体が鍛えられる仕組みとなっています。ただ、P90Xよりもストレスが少ない分効果は低いのかなと思います。P90Xに比べると、シェイプアップ主体、もしくは最低限の筋肉をつけることが目的となっているように思われます。

(1)カーディオ(Cardio)  
  25分のカロリー消費、大量の発汗カーディオ。

(2)スピード1.0 (Speed 1.0)
  俊敏性を養い脂肪を燃焼。早いペースのトレーニングで、早い結果をモノに。

(3)トータル ボディ サーキット(Total Body Circuit)
  ウエイトを使わず、筋力アップ

(4)アブ インターバル(Ab Intervals)
  カーディオとアブ(腹筋)のインターバルトレーニングで、ボディの中央部の脂肪をそぎ落とし。

(5)ローワー・フォーカス(Lower Focus)
  脂肪燃焼と代謝向上の鍵となる、下半身の筋肉を直撃。

(6)コア カーディオ(Core Cardio)
  汗をたっぷりかきながら、コアを鍛えます。

(7)スピード2.0(Speed 2.0)
  コアにフォーカスしたスピードドリルで、ハイスピードでカロリー燃焼。

(8)リップト サーキット(Rip't Circuit)
  上半身、下半身、腹筋を繰り返し鍛えるカーディオエクササイズ。

(9)ダイナミック コア (Dynamic Core)
  コアを、垂直方向から水平方向へと繰り返し鍛える、ダイナミックなコアエクササイズ。

(10)アッパー フォーカス(Upper Focus)
  上半身を徹底的に鍛え上げるエクササイズ。

(11)リップト アップ(Rip't Up)
  腕、肩、背中、胸を、ショーンTの360度の上半身の動きで、磨き上げます。

(12)エクストリーム サーキット(Extreme Circuit)
  引き締まった筋肉と脂肪燃焼を同時に実現。

(13)ピラミッド(The Pyramid)
  カーディオと筋トレの耐久テスト。時間内で回数をこなします。

(14)スピード3.0(Speed 3.0)
  より早いペースで、より多くの汗をかき、最高の結果を実現。

14もプログラムがあり、これを計画的に毎日やれば引き締まったからだになると思います。しかし、毎日やるのはさすがにモチベーションが維持されにくいので、とりあえずは定期的に週2-3回の頻度で挑戦したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|その他|2013-11-29_10:16|page top

ブレイザーズが好調な要因を探る


1. ベンチ層が厚くなった。
2. 外のディフェンス強化。攻守とも3Pに活路を見出す。
3. チームとして醸成されつつある。

1.昨シーズンは、スタメンだけならプレイオフ当確チームだったのですが、なんせ控えが全然頼りにならずに長いシーズンを乗り切ることができませんでした。
シーズン途中まではよかったんですが、途中からスタメンのガス欠が起きてしまい急失速でした。
 今シーズンは、センターのロペスとと控えガードのモーウィリアムスが加入しました。これでフロントラインの厚みと高さが強化され、またベンチから二桁得点が計算できるようになりました。あとは、英国人フォワードのフリーランドもNBAの水に慣れてきたように思います。ここにマカラムが復帰すればよりベンチ層は厚くなるでしょう。チーム内で競争が生まれ良い相乗効果を期待できます。

2.センターのロペスが加入し、フロントラインは去年より強化されていますが、中のディフェンスを強化するのではなく、外を強化しています。普通なら、センターを強化することにより、中を固めるようなディフェンスに切り替えると思うのですが、それでは機能しないと判断したのか、外のシュートを抑えるディフェンスとなっています。実際にそれが功を奏しており、相手の3P成功率をかなり抑えています。この戦い方がどこまで通じるのはわからないですが、今のところは機能しています。そしてオフェンスでも3Pを効果的に使ったオフェンスができており、攻撃力が増しています。

3.去年と主力がほとんど変わっておらず、チームケミストリーが醸成されています。エースのオルドリッジは、シーズン前にトレード要求しましたが、現在のところゲームに集中できているようです。NBA全体でも彼よりもシュートを打っている人はデュラントしかいません。もう少しシュート成功率が上がればいうことがありません。

今のところ、弱い相手としか戦っていませんが、西カンファレンスで2位につけています。これは、奇跡といっていい成績です。12月は強豪とばかり戦うことになるので、勝率は下がってくると思いますが、長いシーズンを戦うためにベンチプレイヤーを試しながら進めてほしいと思います。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2013-11-26_12:02|page top

出張へ

木・金と出張に行ってました。

北部の主要都市に宿をとり、その周辺の村落を周ってきました。
この国では、まだ村落(農村)に行ったことがなかったので、楽しみだったのですが、思ったよりも山がちな地形で移動に凄く時間がかかってしまいました。4輪駆動ではないと入っていけないようなところばかりで、4駆でも雨季なら滑って上がっていかないようなところばかりでした。

こういう山岳(というほどでもないけど標高1000mくらいのところ)は、景色も空気も綺麗だし気持ちいいもので

今回は、ある感染症対策の現場視察が主な出張目的だったのですが、それだけではなく色々な情報を収集することができました。こういう出張の機会をどんどん作って、現場の状況を確認する作業は自分の仕事において肝要であると思います。

宿は北部の主要都市と位置づけられる街に取りましたが、この地域は葉巻が有名だそうです。

夕方、ホテルの周りを散策しました(首都では気軽に散策などできない)。歩いていると、「チノ!」と何回か言われました。うーん。久しぶりの出来事です。でも、以前ほどカチンとくるということもなく、そうか田舎にくると今でもチノと言われるんだなあと妙に納得してしまいました。首都ではいままで呼ばれたことはありません。まあ、みんな元気そうで何よりだなわなあという感じです。
ただ、車の通りを凄く多くて、空気が悪いのが残念です。

歩いているとお腹が空いたので、ちょっと雰囲気の良さそうなカフェテリアに入り、カプチーノとチーズケーキを注文しました。どちらもなかなか美味しかったのですが、金額もそこそこします。5ドルでした。日本よりはさすがに安いですが、ちょっとびっくりしました。せいぜい3ドルくらいだろうと思っていたので。

ザックリ言うと、この国の野菜と果物と肉以外はそれなりに物価は高いと思います。

ホテルに戻ると、アメリカ人の団体がホテルのレストランで古着の販売を始めていました。大学生くらいの元気の良さそうな若者たちです。そこで悪い予感がしたのですが、やっぱり夜は騒いでいて(おそらくディスコかどっかに行って帰ってきてギャーギャーうるさい)うまく寝付けませんでした。

次は、もっと街の中心から外れた地味なホテルに泊まろうと固く決意しました。


22P1120436_convert_20131124125246.jpg


関連記事

comments(0)|trackback(0)|WORK|2013-11-24_12:44|page top

今シーズンの新人は。。

NBAが始まって3週間が経過しました。

今シーズンに関しては、新人はかなりの不足であると聞いていましたが、今のところそのとおりの展開になっています。特にドラフト1位のネバダ大学ラスベガス校の彼は、特に怪我しているわけでもないのに、試合にすら出れていない状況。怪我していないのに、ここまで試合に出れていないドラ1プレイヤーを僕は知りません。そんなわけで、彼のいるキャブスは苦戦を強いられています。

でも、問題は1位だけではなく、2-9位あたりもパッとしておらず、ここまで不作なのは久しぶりでしょう。
また、来期以降期待できるような素材型プレイヤーもほとんどいないように感じます。

ことプロスポーツの戦力均衡に関しては、アメリカはかなり真剣に取り組んでおり、MLBにしろNBAにしろなるべく多くのチームに優勝のチャンスが与えられるようになっています。基本的には、ドラフトは弱いチームから指名権が与えられています。翻って欧州のサッカーなどは、完全に戦力が偏っており、是正されることはかなり難しいのが現状です。たとえば、プレミアリーグだと毎年優勝争いできるのは4-5チームだけであり、リーガエスパニョーラにいたっては毎年バルサかレアルしか優勝争いしていないという有様です。こんなのがずっと続いているわけですが、ファンは白けないのか不思議です。

話がズレましたが、新人が不作でも2年目のプレイヤーがかなり有望なので今シーズンはそこに期待したいと思います。なお、ブレイザーズの新人は、プレシーズンで怪我を負ってしまいましたが、チームは好調で現在8勝2敗。奇跡に近いです。機会均等オフェンスと中は捨てて外を抑えるディフェンスが機能しているように感じます。新人君が戻ってきたらさらに楽しみです。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2013-11-19_13:07|page top

風邪をひいてしまう

不覚にも風邪を引いてしまいました。

当地に到着してから一ヶ月が経ち、疲れが溜まっていたのでしょうか。喉の痛みと鼻水と少しの熱があります。

火曜日辺りから悪化していましたが、今はだいぶ良くなりました。毎日、長ネギ、玉ねぎ、ニンニク入りのスープをせっせと作って飲んでいた甲斐がありました。

一応、季節の変わり目ですし、建物の中は冷房でかなり冷えるのでこれからも体調管理はかなり慎重にしていかないと行けないと思います。

アルミホイルを買ったので、焼きニンニクを作って食べることを続けていこうと思います。何事もSustainabilityが大切だと思います。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|中米(日記)|2013-11-17_11:09|page top

カメラを置いてきてしまったが。。。

この間の北部出張時に、レンタカーを借りたのですが、帰りに車の中にカメラを置いてきてしまいました。

それに気付いたのが先週の金曜日の夜で、それから週末はずっと悶々としていました。カメラは無事かと。
買ったばかりだったので、戻ってこなかったらかなりのショックだったのですが、今朝レンタカー会社に問い合わせたところ無事が確認でき、午後に自分のところに戻ってきました。
ほっとしました。
ちなみに、このカメラですが日本を出る少し前に購入しました。

Panasonic デジタルカメラ ルミックス LF1 光学7.1倍 ブラック DMC-LF1-KPanasonic デジタルカメラ ルミックス LF1 光学7.1倍 ブラック DMC-LF1-K
(2013/06/20)
パナソニック(Panasonic)

商品詳細を見る


このカメラのアドバンテージは、明るいレンズを使っているところだと思います。暗いところでもブレずに綺麗に撮れます。ようは、光量の少ないところで真価を発揮するのが一番のポイントだと思います。

次の特徴として挙げられるのは、被写体を際立たせて、ボケ写真が取れることです。ボケ写真が撮れると写真を撮ることの幅が広がるように思います。

そして、このカメラにはファインダーがついています。いまどきコンデジにカメラが付いていることは、かなり稀ですがファインダーがあると明るいところで液晶がよく見えないときに重宝します。
望遠については、今まで使っていた別のPanasonicと比べて、若干落ちますがそれでも7.1倍までいけるので十分ではないかと思っています。

これから、たくさん味のある写真を撮ってこのブログにアップしていければと思います。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|中米(日記)|2013-11-11_10:23|page top

もうすぐ6年目

ブログを開始して、そろそろ6年目になります。

ごくたまに、昔の記事を読み返したりしていますが、書いていてよかったなと思います。大体、いつ頃どんな映画を見て、どこに行って、何を食べて、どこに出張に行ってというのがわかるのがよいです。

基本的に忘れやすい性格なので、忘れていることがたくさんあることに気づきます。

たとえば、去年の今頃は何をしていたかというと、

早朝のテレビ会議に出る予定で朝早く家を出たけれど、間に合わなそうだったのでダッシュしたことや、スペイン語試験を受験したりしていたようです。


2011年の11月は、フレディー・マーキュリーの追悼映画を見たり、すみだトリフォニーにクラシックを聴きに行ったりしていたようです。

過去の記事を読むことにより、今後もブログは続けていこうという気になります。ここでの生活もコツコツと残していこうとお思います。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|DEGITAL|2013-11-10_09:09|page top