STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2013年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

テルマエとジョブス

アップルのジョブスの伝記が日本でもかなり売れましたが、この伝記が漫画になるそうです。
作家は、テルマエロマエのヤマザキマリ氏(シカゴ在住)です。

テルマエが終わったのかどうかわかりませんが、ヤマザキさんの次の作品はアップルです。
シカゴで、子どもと研究者のイタリア人旦那と暮らしているヤマザキさん。アシスタント無しで漫画を描くのは相当大変そうですが、大丈夫なんでしょうか。

コンピューターを駆使しているのかな。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|その他|2013-03-27_22:30|page top

準備を少しずつ‏

現在は、某援助機関の本部に勤務をしていますが、今年中には海外赴任することが決まっています。
ただ、出発時期に関してはまだわからなくて、現段階では秋ごろだということしか決まっていません。

また行先についてもそろそろ決める頃です。一応、意向は聞いてもらえますが、タイミングなどの問題もあるので、なんともいえません。個人的な要望としては、中南米にしています。

こういう状況なので、今から徐々に色々な準備を進めていくことが必要になってきます。
準備といっても色々あります。

まず語学。
今から独力もしくは学校に通ってやっていく必要があります。
モチベーションの維持には、学校に通うことが必要であると思いますが、なんせ結構高いのでどうしようか迷っています。
NHKの講座なども選択肢に入ってきますが(安いし)、これは続けられる自信があまりないです。
独力でやっていく場合は、なんでもそうだと思いますが基礎が大切だと思うので、やはり基礎単語1500-2000くらいから始めつつ、基礎文法をやっていくことになります。

その他の準備といえば、自分の部屋を片づけを始めていくこと。必要のないものはどんどん処分していく必要があります。3年東京で過ごし、ものが徐々に増えています。増えているものと言えば服と本。

服は、基本的に良い物を買って長く使うというのが基本方針ですが、それでももう着ないような服が結構あったりして困ります。

本は読まない本、持っていく本、実家に一時的に預かってもらう本に分けようと思いますが、持っていく本を電子化するべきか、それともそのまま持っていくか悩ましいです。読まない本はブックオフ行きになります。

家具なんかもそれほど多くはないですが、少しはあるので、これらも徐々にどうにかしなければなりません。一番のネックはベッドでしょうか。マットレスはまた使いたいと思っていますが、実家に送るのにどれだけかかるのか。。
机や本棚は、まあ処分するか、人にあげてもいいかと思います。洗濯機、電子レンジ、掃除機は誰も欲しがらない可能性が高いので、廃棄になりますか。

これらの準備を進めていくとなると、週末を効果的に使っていかなくてはなりませんので、結構忙しくなりそうです。

まあ、でも楽しみながらですね。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|WORK|2013-03-27_22:28|page top

キュラソーとWBC


日本が勝ち上がってきており、盛り上がってきました。
前評判は高くなかったけど、勝ちあがっていくにつれ日本を熱狂させる感じは、2010年のワールドカップの侍ジャパンと似ています。

日本の良さは、オランダ戦は本塁打攻勢で圧勝しましたが、基本的にはきめの細かいスモールベースボールなんだと思います。投手を中心に守り、走塁でも手を抜かない野球。

これがきちんとできているチームは、日本くらいのような気がします。基本的に欧米・カリブ野球は豪快な一発野球で、台湾や韓国も今回のチームに限っては打撃優先なチームでした。

おそらく、投手力は日本が一番じゃないかと思います。マエケンの復調が大きいです。準決勝はマエケンでいくそうなので、もし勝った場合の決勝はマー君になるのでしょう。マー君は今大会イマイチどころか全然パッとしないので最後に頑張ってほしいです。

個人的に頑張ってほしいのは、キュラソー島出身者で構成されるオランダチームです。キュラソー島。どこにあるかというとカリブ海に浮かんだ島で、オランダが無敵艦隊を率いていた頃に手にした島です。その頃はスペイン領土だったのですが、無敵艦隊で攻めていったら、住んでいたスペイン人が逃げて行ったということです。オランダとスペインというのは何かと歴史的に因縁のある国です。

ウィレムスタッドが首都なのですが、ここは世界遺産に指定されており、風光明媚なところのようです。気温は高そうですが、一年中貿易風が吹いており、きっとすごく気持ちの良い場所なんだと思います。

キュラソー島のWebsite

1651年に12名のユダヤ人が移住して、西半球で最初のシナゴーク(ユダヤ教の教会)が建立されたというところも、なんとなく良いなと思います。特にユダヤ教に精通しているわけではないですが(シナゴークの建物の形が好きなだけ)。

この島は、いつか行ってみたいです。

関連記事

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2013-03-12_22:58|page top

Bowie

いつもいく職場近くの本屋さんにいくと、Rockin'onが積んでありました。表紙を飾るのは、David Bowie。これは買うしか無いなと思い購入しました。Rockin'onを購入したのは10年ぶりくらいになります。

値段が変わっていました。以前は500円ちょっとだったと思いますが、今では680円。デフレこの10年、日本はデフレだったと思いましが、雑誌の値段はインフレだったのでしょう。

そして、紙の質が大きく変わっていました。以前より質は改善されたと思うのですが、個人的には以前のペラペラした感じの質感が好きでした。あれって、Rockin'onの大きな特徴だと思っていたので。

今月号は、David Bowie特集ですが、それはBowieが11年ぶりに新アルバムを作ったからです。メディアには詳細を一切公表していないので、内容はわからないのですが相当なクオリティということがなんとなくわかりました。盟友トニービスコンティがプロディースするというのもキーポイントかと思います。

作品に印象は、グラム時代のものというよりはベルリン三部作の頃に近いようですので、これは結構楽しみです。


rockin'on (ロッキング・オン) 2013年 04月号 [雑誌]rockin'on (ロッキング・オン) 2013年 04月号 [雑誌]
(2013/03/01)
不明

商品詳細を見る


HEROESの頃の写真がポスターになっています。Bowieファンならマストでしょう。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2013-03-10_18:12|page top