STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2013年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

カレーのチャンピオン

カレーのチャンピオン

職場から少し歩いたところに、金沢カレーの店があります。上智大学のすぐ裏にありまして、学生で賑わっていますが、社会人も結構来ています。

金沢カレーってなんだ?と思いましたが、カツカレーなんだそうです。特にオリジナリティ溢れるわけではなく、とても堅実なカレーのように思います。100点は出せないけれど、常に75点くらいの味です。

自分の好みとしては、もうちょっと濃厚なカレーが好きなんですが、ここの場合はカツが美味しいんですね。前回は、エビフライカレーを頼みましたが、同じ750円だったら断然カツカレーです。

店の佇まいは、まあ町のカレー屋さんという感じなんですが、ここの店がいいなと思ったのは、その音楽センスです。

有線ラジオがかかっているのですが、これが渋いです。

例えば、The JamのTown called Maliceがかかっていました。



カレーにメッチャ合います。ポール・ウェラーはやはりカッコいいです。

そして、UnderworldのBorn Slippy!



これもおそろしくカレーに合います。合いすぎてビックリしました。。

カレーってこういうアッパーな曲に合うんですね。知りませんでした。

きっと、Enjoy The Silenceなんかも合うんだと思います。今度カレー作ったら試してみよう。

関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)||2013-02-28_23:29|page top

飲み会が続いた週

珍しく今週は飲み会が続きました。

行ったお店は、ブラジル料理、中南米料理、ベトナム料理、日本料理(魚)とかなりバラエティに富んでいました。

どれも美味しかったですが、どれが一番だったかと問われるとブラジル料理かと思います。本格的なブラジル料理は初めて食べました。中南米の原材料はほとんど同じなのですが、微妙に調理方法が違うというのがあります。

例えば、フリホーレス・スープ(黒豆を煮込んだスープ)は、中米ではフリホーレスしか入れませんが、ブラジル版だとそれに肉も一緒に煮込むので、なかなかの食べごたえです。フリホーレス・ご飯もあるのですが、これは隠し味が何かわかりませんでしたが、中米で食べるものとは違う匂い、味がしました。そういえばハイチの通称『赤飯』(ご飯と黒豆を混ぜたもの)とも違います。

同じアメリカ大陸でも、場所が変われば色々と味も変わるのだなというのが(至極当たり前の話であるが)わかりました。

日本食のお店もなかなか良かったです。刺し身や焼き魚、生牡蠣、日本酒等を頂きましたが(しかもオゴリだった)、日本食は体に優しいです。来週からまた頑張ろうという気になりました。

やはり食べ物というのは大切だと思います。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|WORK|2013-02-23_23:33|page top

マリーゴールドホテルで会いましょう

土曜日に映画を観て来ました。

渋谷のBunkamura。ここに行くのはちょうど一年前です。その時は、映画ではなくて、美術館へフェルメールの絵を見に行きました。

観た映画は、マリーゴールドホテルに会いましょう

上映時間の20分前に行ってチケットを購入したのですが、ほとんど席は埋まっており、かなり前方の席になってしまいました。それほど人気のある映画には思えなかったのですが、この映画館を含めて東京でも3-4館でしか上映されていないようで、そこそこプレミアムがあるようです。

前情報では、リタイアした英国人がインドにロングステイに行くという話で、結構コメディ的な要素があると思っていたのですが、それほどお気楽な映画には思えなくて、自分的にはシリアスな印象を受けました。

余生をどうやって、どこで、誰と過ごすのか?というのは現代人にとって良く考えなくてはならない問題だと認識しています。自分の場合、まだ30-40年も先の話ですが、それでも色々と考えてしまいました。

もともと、007のM役であるジュディ・デンチの映画ということで、選んだ映画でしたが、俳優陣はイギリスが誇る実力派が揃っており、存在感がすごかったです。スラムドッグ・ミリオネアのデヴ・パテル(インド系だけど、英国出身)もいい味を出していました。



この映画、リタイア組が発展途上国で余生を過ごすという見方とともに、途上国でどのように生活していくか、適応していくか、という観点からも楽しめると思いました。

登場人物の一人に、ずっとホテルに籠りっきりで現地の人とは交流を持たずにいる女性がいましたが(結局最後まで適応せずに途中で英国に帰ってしまう)、気の持ち方というのは大切だなと思います。ジュディ演じる女性は、インドで人生初めて就職にするなど、かなりアクティブに過ごしており、同じ環境にいながらも、気の持ちようで全く違う人生になってしまうのだなというのは、改めてわかりました。

すごく内容の濃い映画で、考えさせられる映画だと思います。そしてこういう映画はアメリカでは流行らないのだろうなとも思いました。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2013-02-17_22:10|page top

Something to lose

出張に行くと、かならず何かをなくしてしまいます。

なくすというか、ホテルに忘れるというか。
村上春樹氏も、旅行の際には色々なものを無くしてしまうようです。ブラックホールに所持品が吸い込まれるという表現を使っています。

今回の出張では、Nexus7の充電器とコードを忘れてきてしまいました。ホテルに。 これは結構痛いです。

そんなわけで現在Nexusを使うことができません。バッテリー切れです。

さっそく、新しい充電器を購入しようと思ったのですが、これが結構高いです。2500円くらいします。送料込みで3000円ほどに。 本体が250ドルくらい(20000円ちょっと)だったので、割高に感じます。

ホテルの部屋を出るときには、しっかり確認することが必要だと思います。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|WORK|2013-02-07_06:52|page top

Now is good

機内で映画を観ました。

Now is good

ストーリーは陳腐な感じでしたが、主演のDakota Fanningの演技が良かったです。英国風なアクセントで喋っていたので、英国人かと思いましたが、調べてみるとアメリカ人のようです。

トム・クルーズの宇宙戦争(2005)にも出ていたんですね。あの時はおそらく10-12歳くらいだったと思います。トム・クルーズの娘役でしたが、あれから数年しかたっていないのに、もう普通の女性になっていて驚きました。

そりゃあ自分も年をとるわなという感じです。

この映画、ストーリーはぱっとしませんが、彼女の演技だけでも観る価値があると思います。

機内では、あまり眠れなかったで、他にビバリーヒルズコップ1とDude where is my car?を観ました。ビバリーはあのシンセサイザーの音楽が良いですね。Dudeのほうは所謂お馬鹿映画で笑えます。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2013-02-04_21:19|page top

Flight to Tokyo

ヒューストンの国際空港に到着しました。ブッシュ国際空港と言いますが、やたらと広い空港です。

現在9時15分で、飛行機は10時50分に発ちます。搭乗時間はおそらく10時くらいになると思います。

残念ながら、この空港内にはタコベルは無さそうなので、何も食べていません。そのかわりにドクターペッパーのノンカロリーを購入しました。結構まずいです。これなら普通のドクターペッパーにすれば良かったです。

もうひとつ、Sominexという睡眠導入剤みたいなものを購入しました。4タブレットで2ドルちょっと。一回に2タブレットを摂取するようです。これでうまく眠れるのかわかりませんが、機内と自宅に戻ってからしっかり熟睡したいので効き目があることを望みます。このような形で薬を摂取することはあまりしたくないのですが、たまにならまあいいかと思います。

こういうのが、医者の処方箋なしであっさりと買えるところがいかにもアメリカな感じがしますが、逆に言うとそれだけこの国では睡眠障害が問題になっているのかもしれません。

今回の出張では、肉中心の食事が多かったものですから、日本に帰ったら野菜や魚の食事を中心に考えようと思います。

食事に関して、一度リセットする必要があると感じています。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|TRAVEL|2013-02-04_00:24|page top

ヒューストン安着

ヒューストンに入りました。

一泊しないと日本行の飛行機がないので仕方なくという感じです。でも、ダイレクトで帰るよりもヒューストンで一泊したほうが楽な気がします。

ただ、残念なのはホテルの周りには何もないということです。タコベルがあるのが唯一の娯楽であり、それ以外は全く何もありません。Jack in the boxもありますが。。

もう少しショッピングモールなどがある地域のホテルにすればよかったのですが、いつも旅行会社にお任せなのでこんな感じになってしまいます。

次はもうちょっと自発的に、もっと安くてロケーションの良いホテルを探そうと思います。

今日は移動しかしていませんが、なんだか非常に疲れました。仕事が終わってスイッチが切れたようです。

明日のフライトは朝11時ちょっと前なので、8時のシャトルバスで空港に行きます。朝は空港でやっぱりタコベルかなと思います。Pollo Camperoがあれば、そっちですね。

関連記事

comments(0)|trackback(0)|WORK|2013-02-03_08:54|page top