STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

ウィザーズ

ワシントンDCには、ワシントン・ウィザーズというNBAのチームがあります。昨日まで開幕から12連敗でさっぱりいいところがなかったのですが、今日の試合でやっと今季一勝目をあげました。

相手がブレイザーズだったので、正直な話がっかりなんですが、とにかくウィザーズとしては良かったのではないでしょうか。

ワシントンにいる間に、試合を見に行けたらなと思っています。何試合はホームでの試合があるので、サブウェイを使って中華街のど真ん中にあるアリーナに試合を観に行けたらなと思います。

レイカースの試合が14日(帰国前日)にあります。チケットが結構高いですが、レイカースの試合は結構よさそうです。

コービーやら、ドワイト、ワールドピース、ガソル兄、ナッシュ先生など凄い顔ぶれです。イマイチ調子が出ていないですが。。

300ドルのチケットは買えないけれど、なるべく近くで観たほうがいいですね。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2012-11-30_00:23|page top

出張の期間が少し伸びました

12月2日に日本を発ちます。帰りは16日。

自分が参加する予定の研修の前に、ある国際シンポジウムがワシントンDCで開催されるようで、それに参加してきてほしいという指令がでました。

国際シンポジウムなんて行ったことがないし、どんなものかも想像がつかないのですが、楽しみにしています。

興味のある分野(テクノロジーをいかに地域保健やヘルスプロモーションに組み込むか)なので、これをきっかけに色々と勉強しようと思います。

今のところ、不安要素と言えば英語でしょうか。最近、スペイン語を週一回学んでいるので、そっちはいい感じになってきていますが、英語の実戦からは離れているのでちょっと心配です。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|その他|2012-11-29_07:14|page top

『人生の特等席』を観たら、もう一回『マネーボール』を観たくなった

どちらもいい映画だと思うのだけど、どっちかというとマネーボールのほうが好きかな。

どっちも非常に味のある映画なんですが、野球ものと割り切っているマネーボールのほうがいい。人生の特等席の場合、イーストウッド演じるスカウトの話プラスで一人娘との関係が物語に絡んできます。これも面白かったし、ジャスティン・ティンバーレイク演じる元メジャーリーガーのスカウト役も良かったです。

マネーボールで、ビリー・ジーンビーンの相棒役のエール大学経済学出身のアシスタントGMを演じていたのは、Knocked upに出ているJonah Hillでした。彼は、ちょこちょこと端役で映画に出ていましたが、このマネーボールで一気に出世したのではないでしょうか?

数字に強いマニアックなチーム関係者(GM補佐)を好演していたように思います。

このような野球を題材にした映画を作れるアメリカの底力(言いすぎかもしれないけど)を垣間見たように思います。日本で野球を題材、またはサッカー、にした映画があったとしても、ここまでのクオリティのものが作れるとは思えないし、あまり観る人もいないような気がします。

ところで、マネーボールは音楽も良かったですね。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2012-11-26_23:29|page top

円安

アメリカへの出張を控え、円安傾向になっています。もっと早い時期に、ドルを買っておけばよかったと思います。

円安プラス安倍さんの演説のおかげで、日経平均がガンガン上がっていってます。

でも、日本の経済自体はどちらかというと芳しくないので、この上昇が何処まで続くのか懐疑的です。

でももちろん、株価が上昇することに関しては、うれしくないわけはなく、自分が所有する単一株、ETF、投信のマイナスが2.3%まで戻ってきました。いっとき13%まで落ちていたので、そう考えるとかなりの回復です。

これを機に、プラスになっている株とマイナスになっている株を相殺するために、一度利益確定しようと思っています。そして、その確定分で、何か別のものを購入しようと思っています。投信でしょうか。

今回の場合、安倍さんの演説の影響で株価が上がったのか、それとも円安のために株価が上がったのか、それとも両方のおかげなのか、また演説のおかげで円安になったのか、その相関関係はよく分かりません。

密接に関わっていそうで、そうでもないような。予測するのが難しい気がします。為替変動に比べると株価の予測というのは、難しいというのが一般的な見解だと思いますが、実際に何がきっかけで下がったり上がったりするのか、判断は難しいと思います。当たり前の話ですが。

というわけで、明日あたりに神田にいって円をドルに代えてこようかと思います。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|その他|2012-11-23_08:53|page top

吉川光夫がMVP

良かったです。

MVP。

前年0勝の投手が最優秀選手賞を取るのは、史上初めてだそうです。

14勝5敗で最優秀防御率も取りました。ダルの穴は、ほぼ8割埋まったシーズンだったと思います。

もちろん、来年この数字をまた残せるのかというと疑問点もあります。相手は研究してきますし、さらに吉川は肘の炎症は起こしていますので、今シーズン並みに球威が戻るのかという問題もあります。

でも、本人は日本シリーズで悔しい思いをした(2敗)ので、来年にかける意気込みは相当なものだと思っています。そういう点でいえば、日本シリーズで結果を残せなかったという事実は、よかったですね。

とりあえず、肘の状態を良くして、来年もエースとしてローテの柱になってもらいたいと思います。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2012-11-23_08:51|page top

クイーン ハンガリアン・ラプソディ: ライブ・イン・ブダペスト’86

今年ももうすぐです。11月24日。フレディーマーキュリーさんの命日。

去年は、映画館でクイーンのライブ映像を2度も観てしまいました。

今年は、なんと86年のハンガリーのライブ映像が映画館で封切られます。
11月24日-12月7日までの限定ですね。

チケットが2000円とちょっと高い気がしますが、ハンガリーのライブは通しで見たことがないと思うので、行ってみようかなと思います。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|その他|2012-11-21_23:00|page top

2人のルーキー

ポートランドブレイザーズの救世主ダミアン・リアードとメイヤーズ・レオナード。

ロケッツとの試合は、接戦でしたが2人のルーキーの活躍で競り勝ちました。

ダミアン・リアードを見ていると、ルーキー時代のブランドン・ロイ(元祖ブレイザーズの救世主)を彷彿とさせます。試合終盤の大事なところでのプレイぶりは、ルーキーには見えません。チームメイトからも奴はすでに5-6年やっているような感じで、とてもルーキーには見えないと言われてます。

彼のいいところは、何度も言いますが、攻撃力がありながらも、PG的にゲームをしっかりとコントロールできることです。試合を作れるという所です。もともと弱小校(無名校)で、スコアリングガードをやっていたので、NBAでも攻撃力を全面的に出したプレイをするのかと思っていましたが、大学4年間でしっかり基礎を身につけ、精神的にもかなりしっかりしている印象を受けます。ゲーム終盤で、自分で決めようという意志が強い。まさにロイのようです。二人共ドラフト6位で、大学4年通っていた、など共通項があります。今後は、研究されていくだろうけども、それ以上のプレイを期待したいです。もちろん、新人王をとってほしい。

もう一人のルーキー。メイヤーズ・レオナード

ドラフト11位。待望の7フッター(213cm)です。正確には216cmあります。体躯を見ると、すでにNBAレベルに達しています。

彼の場合、その波瀾万丈の人生が有名になっており、多くのものを背負っています。まず6歳の時に父親を自転車事故で亡くし、母親も病気に苦しんでおり、もう一つの家族に育てられたという背景があります。そのせいか、精神的に成熟しており、本人としては本当は大学4年行ってからNBAと思っていたそうですが、お金が必要なので、2年生を終えてからアーリーエントリーしました。

イリノイ州の小さな町の出身なので、地元では誰もが知っている選手のようです。家族の悲劇に関しても結構メディアなどで取り上げられており、おらが町の選手の代表のようなプレイヤーですね。

スタメンで出るためには、多くのものが不足していますが、216cmという身長は何物にも代えがたいので、貴重な戦力になると思います。多くのものを背負っているだけに、成長していきそうな雰囲気がありますし、ホームのローズガーデンではすでに観客の心を掴んでいる感じがします。

チームは現在4勝5敗ですが、先は明るい気がします。

関連記事

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2012-11-18_22:11|page top