STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

南米パラグアイから戻り、2017年5月からタイ(バンコク)に行くことが決まっています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2012年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

「日本一になりたいです」

本拠地でやっと勝ちました。

さすが稲葉という試合でした。最初の一発で一気に盛り上がり、途中で巨人の反撃に会いましたが、自慢の継投で逃げ切りました。

打線が活発になりました。クリーンナップにあたりが出てきたのも大きいです。巨人は阿部が足首の調子が悪いのか精彩を欠いていました。彼のチームだと思うので、このあとは眠っていてほしいですが、どうなるでしょうか。

日ハムの2番が日替わりになっています。これは苦肉の策ですね。シーズン中も小谷野を試したりしていましたし、若手も起用しましたが、ハマった感はなかったですね。1番に陽が固定されるのであれば、賢介が2番適任なような気がします。若い時に2番やっていますし。

ところで、ヘッドの福良さんいわく『日本シリーズという短期決戦においてもっとも流れを変えてしまうのは、無駄な四球、野手のつまらないエラー、攻撃ではバントミス、走塁ミスだ。』ということなので、ミスは禁物です。巨人は今日の試合で2点をミスで失っています。こういうミスはきっとこのような短期決戦では流れを変えてしまうのかもしれません。

明日は、中村勝。将来の右のエースを第4戦で投入。個人的にはロッテの唐川を超える逸材だと思っているので、期待しています。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2012-10-30_23:32|page top

医いやす者として~映像と証言で綴る農村医療の戦後史~

文化庁映画週間

映画を観てきました。場所は六本木にひっそりと佇むシネマート六本木。

医いやす者として~映像と証言で綴る農村医療の戦後史~

それほど混むことはないだろうなと思って行ったのですが、満員御礼でした。

長野の佐久総合病院のドキュメンタリーなのですが、非常に興味深い内容でした。この病院は、戦後すぐに開院しました。その時の院長が若月俊一氏になります。農村医療の第一人者です。

このドキュメンタリーから学ぶものは非常に多いです。そして、この医師について一番すごいと思ったことは、常に10-20年先を見ながら、病院を運営していた点です。20-30年前に、すでに高齢化社会における訪問ケア(福祉)について考えていました。

演劇を使った住民啓発(ヘルス・プロモーション)、治療よりも予防という考え方(公衆衛生)、高度医療を行いながら地域医療も行う、など時代の先端を走っていました。

そして、『ニーズを基に医療を行う』

貧しい農民の健康状態を改善するには、治療よりも予防の大切さを説き、まずは自分の健康状態について関心を持ってもらうこと、病院まで来られない患者のために出張診療を行う、当時の農村部では娯楽が無かったので医師たちが演劇を行う(啓発的な演劇)、など常に農民の立場になった病院だったようです。

現在は、病院だけではニーズに見合ったサービスを提供できないということで、治療部局と訪問ケア部の2つに分かれて、医療活動をおこなっているようです。

若月先生に関する書物が沢山出ているようなので、いくつか読んでいつも手元においておきたいと思います。このタイミングでこの映画を見ることができて幸運でした。

映画の後に、この映画を作った監督のトーク会があり、若月先生のご子息(70歳くらい)も来ていましたが、このおじさんのキャラクターも良かったです。

関連記事

comments(3)|trackback(0)|書・映画・音楽|2012-10-30_23:20|page top

2連敗

日本シリーズ開幕しました。

いきなり連敗スタートです。過去の日本シリーズで最初の2試合を連勝したチームは30あるんだそうですが、そのうち連勝スタートしたチームがシリーズを制した回数は24回ということです。30分の24。かなり確率で巨人が勝つ確率になっています。

しかし、激戦のパ・リーグを制したチームがこのままズルズルと負けるわけにはいかないので、明後日の試合には期待したいと思います。

先発はウルフかな。4戦目は多田野、八木、中村勝などでしょうか。でも、個人的には中村勝に投げて欲しいです。5戦目は多田野でしょうか。

メディアなどでは5戦目に斉藤という予想が見られますが、それはちょっと無いよなあと思います。

斉藤は球に力がなくなっている(練習不足)ので、中継ぎもきついかなと思います。

打線はかなり深刻ですね。試合勘が戻っていないように思えます。中田の怪我の具合も心配です。糸井と稲葉にヒットが出たのが光明かな。

関連記事

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2012-10-28_21:50|page top

日本シリーズが始まる前に読む本


覚悟 理論派新人監督は、なぜ理論を捨てたのか覚悟 理論派新人監督は、なぜ理論を捨てたのか
(2012/10/10)
栗山英樹

商品詳細を見る


職場近くの本屋で、山積みされていました。きっと日本シリーズ前だからかな。

ずっと評論家をやって地位を築いた人なので文章が非常に巧いなー、読ませるなーと思いました。

基本的に、日ハムはフロント主導でチーム作りを行っています。だから監督が変わっても、チームの方向性というのはそれほど大きくは変わりません。過去数年で、ヒルマン、梨田、栗山が監督をやっていますが、札幌に移転してきてからは、投手を中心に守りからリズムを作っていくチーム作りになっています。それで過去8年でAクラス6回という結果を出しています。

ですので、たまにプロ野球ファンなどの間で、日ハムでは誰が監督をやってもある程度結果を残せるというふうな意見が聞かれますが、それは違うんじゃないかと思います。

ヒルマンの試行錯誤の中で、現在の日ハムの土台を作り上げたし、それを引き継いだ梨田も結果を出しました。

そして栗山監督。評論家時代は理論派などと言われていましたが、指導経験が全くない(大学の先生としての指導経験はある)状況での監督就任でした。

結果はパ・リーグ1位。クライマックスも危なげなく突破。日本シリーズ進出です。

この本を読んでいて、栗山は一流のモチベーター(選手のヤル気を引き出す)だと思いました。前からそう思っていたけれども、再認識しました。

この本を読んで応援するモチベーションが上がったファンは多いと思いますが、選手たちもこれを読んでかなりテンションが上がったのではないでしょうか。

逆に言うと、この本の中で取り上げられなかった選手(大野など)は、発奮してほしいです。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2012-10-26_21:44|page top

大谷翔平

日本シリーズを2日後に控え、ドラフト会議が開催されました。

日ハムは、宣言通り大谷を指名。可能性は限りなく低い気がしますが、一方で去年のドラフト1位だった菅野よりは可能性はあるのかなと思います。

キーパーソンは、花巻東の監督さんと日ハムの栗山監督の二人ではないかと邪推しています。

大谷の在学している花巻東の監督さんが、菊池雄星のことで進路先に関してはかなりピリピリしているという噂があります。西武ではデーブ(大久保)とのやり合いで株を下げましたし、そもそもせっかくの逸材がほとんど開花していない現状があります。今年は少し活躍しましたが。

そんなわけで、監督としては(監督自身は日本のチームにいく事を望んでいるらしい)、しっかりとした育成体制の整っているチームに行って欲しいと願っていると思います。

だとすると、それは日ハムを置いて他にいないのではないかと思います。それくらい日ハムの育成システムは、充実しています。

そして、もう一人が栗山監督。栗山さんは、評論家時代に花巻東まで出向いて取材を何度か行なっていたそうで、大谷とも花巻東の監督さんとも面識があり、それなりの関係性があるといいます。

また、両親もまずは日本でと願っているそうですから、チャンスは無いわけではないと思います。

ダルのように、日本で5年くらいやって実績を作ってからメジャーに行ったって、いいと思います。基礎をしっかりさせることはかなり重要なのではないかと思います。日ハムファンだから、彼に入ってもらいたいというよりも、彼の能力を伸ばせるチームが日ハムだと思うので彼の将来だけを考えても日ハムに進むべきだよなあと思います。

なお阪神は、奇跡的に大阪桐蔭の藤浪晋太郎投手の指名権を獲得しました。

和田監督、ここまで全くイイ所がなかったですが、ここに来て運が降りてきました。

藤浪はかなりクレバーな印象があるので、ダルほど器用ではないかもしれませんが、似たような投球術を習得できるのかもしれません。

というわけで、両チームのファンとしてはそれなりに満足してます。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2012-10-25_23:20|page top

IPad Miniだと思っていたけど

IPad Miniがいいなあと思っていたのですが、どうやらAmazonが満を持してKindle Fire HDに日本市場に投入するようです。

もともと、Kindleが欲しいと思っていたのですが、全然日本で発売される雰囲気がなくて、ほとんど諦めていたのですが、ここでまさかの発表でした。きっとAppleのIPad Miniを意識したのでしょう。

値段を見ると、15900円ということでかなり安いように思います。IPad Miniは28000円くらいするんだった気がします。

ということで、Kindle Fire HDにしようという気になってきました。

日本のデジタル書籍が発展すれば、海外にいながら日本書籍をネット上で購入できそれをKindleで読めるようになります。これは素晴らしいと思います。海外に本を持って行ったり、送ったりするのってなかなか難儀ですから(本は重い)。

しかし、タブレット業界の熾烈なシェア争いが凄いです。マイクロソフトもグーグルもありますし。日本のメーカーは。。。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|DEGITAL|2012-10-24_19:15|page top

治安はあまり良くないと言われるワシントンDC、でも歩いてみたいし自転車も

繧ュ繝」繝励メ繝」

A地点が泊まる予定のホテルになっており、B地点がアップルストアがある場所です。Google Mapを使って測ってみると1.1マイルありました。あるいて30分弱かかるようです。

何故、アップルストアなのかというと明日にアップルがI Pad Miniの発表を行うからです。よさそうだったら、ワシントンで購入しようと思っています。

ちなみにPatagonia Storeは、アップルストアからすぐのところにあります。

歩くのもいいんですが、もっと時間を有効に使いたかったらレンタル自転車がいいと思いました。

ワシントンDC/街めぐりに便利!によると、街のいたるところに自転車のスタンドがあり、そこでクレジットカードを使ってレンタルできるようです。乗り捨て(別のスタンドに返す)も可能なので行きは自転車で帰りはバス(地下鉄)ということも可能です。

キャピタル・バイクシェアのホームページを見ると価格が載っていました。

1日7ドルはちょっと高いと思いますが30日で25ドルは安いと思います。

昔、アメリカ旅行をした時にサンフランシスコで自転車を借りて、ゴールデンゲートブリッジまで激走した経験がありますが、その時のことを思い出します。アメリカで自転車っていいんですよね。でも、オランダのように自転車乗りに優しくなさそうなので、気をつけなければならないです。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|WORK|2012-10-22_22:54|page top