STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2012年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

ファイターズ観戦

東京ドームにて、ロッテとの3連戦。初戦を見に行ってきました。

P1070567.jpg

A席指定で、わりとよい席でした。グラウンドまでは結構遠かったけれど。

周りは、中学生(修学旅行生)に囲まれていました。彼らは日ハム側に座っていたので、そうかわざわざ北海道から来たのかと思っていたら鳥取の中学らしかったです。生徒たちはおとなしく見ていたんですが、先生たちが弁当の空箱を集めたり、写真と撮ったりと、ウロチョロしていました。少し落ち着きなさいと思ったんですが、声にして言うことができませんでした。

結果は、負けました。。。
ロッテは今年は調子よさそうです。投手陣がいいですね。日ハムのライバルになりそうです。

試合を見ての所感。
1.賢介はチームに流れを引き寄せることのできる選手である。若干守備でもたつくことのある今季ですが、打つほうではしっかりチャンスメークできていました。この回に反撃したいなという時に必ず出塁していました。打率がグングン挙がっています。彼は3番よりも1番が適任かと。

2.ダイカンのポカ。せっかく稲葉がノーアウト3塁というビッグチャンスを作ったのに、初球をショートゴロ。結局点数が入りませんでした。うーん。あそこはじっくり見るべきだったのにと思いました。三振したくなかったから早打ちになったのかな(ダイカンは意外と三振が多い)

3.中田の打撃フォーム。あんなに足を開いて打席に入る人を初めて見ました。あれはいくらなんでも開きすぎなんじゃないかなと、素人目でも思ってしまいます。周りにいた中学生も、あれは開きすぎだろーとざわついていました。
P1070562.jpg

4.多田野のテンポ。ストライク先行の非常にテンポの良い投球でした。6回で降板しましたが、本人はもっと投げたかっただろうなと思います。今年は、多田野、八木、吉川でダルがいなくなった穴を埋めなければなりません。
P1070560.jpg

5.2番をどうするのか。現在は小谷野が任されていますが、調子が上がらないです。チームプレーに徹することのできるプレイヤーなので2番は適していそうですが、ちょっと勿体ないような。打点王ホルダーですから。

東京ドームでは、6月にホークス戦があるようなので、また行きたいと思います。交流戦が始まったら神宮にも行きたいな。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2012-04-25_07:32|page top

AMAZON.COMで購入してみた

Amazon.com(アメリカ)で商品を購入しました。

ビジネスシューズを購入。価格は96.78ドルでした。購入手続きをすると自動的に円建てで購入価格が表示されます。
日本円で8199円でした。計算してみると1ドル=84.7円でした。ちょっとレートが悪いですね。

これに送料だけが加算されると思っていたのですが、Shipping & Handlingという名目で1015円がかかるようです。
Handling。。。文字通り手間代というところでしょうか。送料込みでこの手間代が約1000円ということは、商品代の約1.2割ですね。それほど高くないと思いました。

合計額は9214円になります。日本のデパートなんかで購入すると(ネット通販でもほとんど同じ)、17000円ほどするものなので、45%引きになります。

ちなみに、実はこの靴と一緒にビルケンのマッサージサンダルも購入しようとして手続きをしたのですが、Shipping & Handling代があまりに高かったので、購入後急いでキャンセルをしました。

購入手続きを取った直後であれば、ボタンひとつでキャンセルできます(日本のアマゾンと同じよう)。

このサンダルは、円建てで3379円なのですが、送料+手間代がなんと1686円もかかってしまうのです。商品の半分もします。これはいくらなんでもちょっと高いと思い、キャンセルしました。

キャンセルすると、早速その店からメールにキャンセルしたという連絡が来たのですが、それをみるとびっくり。アメリカのアマゾンで購入したのですが、このサンダルを取り扱っているのはドイツの店なのです。住所がマンハイムになっていました。

このサンダル自体はドイツ製品なのですが、アマゾンに登録しているすべての店がアメリカ国内にあるとは限らないようです。

ひとつ勉強になりました。

今後も『安さ』と『海外モデル』を求めて、個人輸入に挑戦してみる心構えでおります。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|WORK|2012-04-24_07:25|page top

福の木@神保町

土曜日は、特に予定が入っておらず、掃除や洗濯してからダラダラしようと思っていたら、知り合いから連絡が入り、夕食に一緒にどうか、と。

いざ神保町へ。

神保町は好きな町の一つだし、よく来るんですが外食をほとんどしたことがないので、適当に回って店を選びました。温かい物がいいということでおでんもあるこの店にしました。

福の木

内装は、カウンターの横に太い木柱がどっしりと立っており、なかなか良さげな雰囲気です。

カウンターがどっしりした木になっており、奥行きがあるので、座りやすいと思いました。基本的に相手と正対して座るのはあまり好きではないので、こういうカウンターはナイスです。ただカウンターの辺りは外から入ってくる客がドアを開けると寒風がピューっと入りまして、寒い日はシンドイと思いました。

この店では、おでんや焼き鳥、豆腐料理などが食べられます。でも、それ以外にもフレンチフライとか洋食的なものあります。つまり、なんでも有る系のどちらかといえばチェーンの居酒屋と同じ印象です。

注文したものはどれも基本的に美味しかったと思いますが、おでんの大根が固かったのが残念でした。

神保町は、裏道に色々と食事処があるので、調査も兼ねて散策するしかないなと思います。職場からなんとか歩いて行ける距離だし。
関連記事

comments(0)|trackback(0)||2012-04-23_07:15|page top

アメリカのAMAZON.COM

最近、個人輸入が流行しているように思います。雑誌などで特集が組まれています。海外品は、海外から直接個人で購入したほうが安いという理由があると思います。一方で、トラブルを増えているようですが。。

以前、アメリカでビジネスシューズを購入しました。日本で買えば1万7-8千円くらいするのが、むこうでは60-70ドルくらいで売られていました。これは安いと衝動的に購入したんですが、実際に履き心地が良いし、よい買い物をしたと思っています。

これならもう1足あってもいいなと思ったんですが、日本の靴屋やネット通販で調べてみると、やはり1万7-8千円くらいします。ちょっと高いです。絶対評価で高いということではなくて相対(アメリカと比べて)評価で高く感じます。なぜ倍以上も違うのかと思ってしまいます。

アメリカのアマゾンで同じ靴をチェックしてみると、83.5ドルでした。日本円で7000円くらいですね。
これに国際発送費がかかります。国際発送費は、3種類用意されており日本へは2.99ドル、8.99ドル、11.99ドルとなっています。11.99ドル(1000円弱)だった場合は、1週間くらいで到着するようです。これは結構クイックです。

つまり8000円出せば、1週間後にはこの商品が手に入ります。

個人輸入は、信頼性の問題などで二の足を踏む人がいるかと思いますが、アマゾンだったらまあ大丈夫なんじゃないかと思っています。

実行する価値があると思うので、ビジネスシューズが欲しくなったらトライしてみます。

関連記事

comments(0)|trackback(0)|日本(日記)|2012-04-19_06:22|page top

次の出張準備

そろそろ出張の準備で忙しくなってきました。
まだ一カ月先なんですが、GWをはさむのでそれほど時間はありません。マゴマゴしていたらあっという間に出張前日になってしまいます。

今回の出張の行程は、プロジェクトサイトの中で一ヶ所拠点(ホテル)を決めて、そこから毎日各エリアを周る(日帰りする)という予定になっています。片道4-5時間くらいかかりそうなエリアをありますが、拠点を定めてそこから多少時間がかかっても、毎日拠点に戻ってくるほうが、拠点を決めないで毎日ホテルを変えながら各エリアを周るよりも効率的なように思います。

しかしながら、一番遠くのエリアに行くときには、日帰りできる可能性が低いので、その場合は荷物をもって泊りがけでの調査になることを通達されました。

いわゆる山岳地帯です。おそらく移動時の車の時速は10キロくらいになるようなところです。このエリアに行く場合は、泊りがけになりそうです。雨季が重なっているのですが、それほど雨の量は多くないようです。よって、マラリアなどの心配はしなくてもよいのかなと思います。

すでにその地域を調査した人がいうのには、ホテルなどというものはない。国の宿泊施設(のようなところ)に泊まる。個室はもちろんない。5人一部屋。シャワーは水。お湯は出ない。山岳地帯なので夜は冷える(東南アジアのこの時期でも山岳部は気温が下がる)。というような地域のようです。水シャワーは夕方5時までに浴びないと寒くて使えないと断言していました。なかなかハードそうです。

兎にも角にも、今は準備するのみです。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|WORK|2012-04-18_07:03|page top

ダジャン(ビルマ水かけ祭り)in 東京

ビルマ水かけ祭

ミャンマーの水かけ祭に行ってきました。場所は日比谷公園。

昼前に行ってみると、早速ステージでは若者(ミャンマー人)がラップを歌っていました。ミャンマーラップ。初めて聞きましたが、なかなかファンキーです。でも、ラップはあまり好きではないので、正直うるさかったです。

出店が15軒くらい出ていましたが、ほとんどが食べ物系の店でした。ヌードル、焼き鳥、チャーハン、デザートなどが売られており、どれも大体500円くらいで、量は少なめだったと思います。実際500円はちょっと高いかなと。
ココナッツ仕立てのヌードルを食べましたが、イマイチな味でした。

あの出店は、おそらくレストランの経営者が出していたのだと思います。

面白かったのは、参加者のほとんどはミャンマー人であり、日本人の参加は少なかったように思います。たぶん日本人は1割くらいしかいなかったように思います。

こういう各国の催しものというのは、日本人にその国について知ってもらうというのが前提にあって、実施されるものだと思っていたのですが、この水かけ祭りというのは、純粋に在日ミャンマー人が楽しみための機会であるように思いました。

また行くかと言われれば、ちょっとそれはないなと思いますが、でもなかなか面白い経験だったと思います。




関連記事

comments(0)|trackback(0)|日本(日記)|2012-04-16_07:44|page top

Behind The Music (VH-1) Lenny Kravitz

VH-1という音楽チャンネル(ケーブルテレビ)がありますが、その中のプログラムでBehind The Musicというのがあります。さまざまなミュージシャンの人生を振り返るというもので、割に好きなプログラムです。ただ、海外でしか見られないですが。

レニ―クラヴィッツのものを見つけました。
おそらく90年代後半に放送されたものだと思いますが、面白いです。

レニ―の娘は、現在24歳になるんですね。また、元奥さんのLisa Bonetもユダヤ人と黒人のハーフだとは知りませんでした。









関連記事

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2012-04-12_07:04|page top