STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

約3年ぶりの再会

約3年前にボツワナでお世話になった友人と久しぶりに再会しました。
そうか、ボツワナからもう3年も経つのかというのが正直な感想でした。

この友人は、ボツワナで車を持っていたので、首都のハボロネで色々なところに連れて行ってもらいました。僕はボツワナには5ヶ月しかいなかったし、なかなか仕事ばかりだったのであまり遊ぶ余裕も無かったけれども、この方のおかげでボツワナの首都での生活をそれなりに楽しむことができました。ですので非常に感謝しているのです。

ふたりであそこも行ったし、そこも行ったよなあという話になるのですが、なかなか名前を覚えていないものです。二人でなんだっけ?と思い出そうとするもののどうしても思い出せないものです。人間はこうやって歳をとるんですね。

色々なことに興味のある人で、いまだに古着をアフリカのある国に送っているという話やエコなどの話をしていると、やはり自分ももっともっと色々なものに興味を持ったほうが良いのだろうなと思いました。

現在自分が興味のあるものはというと、仕事のことを別にして考えると、1投資、2ランニング、3読書ということでこれってあまりにも普通すぎるように感じます。1に投資がくるあたりがすごく我欲にまみれているっぽくて嫌ですね。自分で言うのもなんですが。。。せめて、1にランニングが来るようになりたいものです。

人と比較することほど愚かなことはないとは言いますが、でも比較して得る判断材料もあるわけで、色々考えてしまいます。

何を書いているのかわからなくなってきましたが、久しぶりの再開は楽しかったというのが結論です。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|WORK|2011-03-31_23:15|page top

NIGHTRUNNING

REMのNIGHTSWIMMING(夜泳)という名曲がありますが、これはNIGHTRUNNINGについてです。

また、徐々に走り始めています。

昨晩はキロ5分のペースで7キロを走りました。中2日でしたが、体が軽かったです。

走る頻度は、週3回が理想ですが、今のところ週2-3回になっています。理想を言うと週3回で25キロくらい走れればいいのですが、なかなか難しいです。でも、最低でも週20キロは走る計画です。
週20キロだと月80キロ。
週25キロだと月100キロ。


週25キロを目指す場合は、平日に計14キロ、週末に11キロを目標にしたいです。週末に気合と時間があれば15キロくらいは走りたいですが、もしそうすると週3回で29キロまで距離を伸ばせることができます(月116キロ)。

もし、月116キロ走ることができると、フルマラソンへの挑戦が現実味を帯びてきます。


現在は、仕事が終わってから走っていますが、節電の影響でコースが薄暗いのです。まったく明かりのない場所もあり、けっこう怖いんですよね。暗いのが怖いのではなくて、向こうから走ってくるランナーや自転車野郎と交錯するのが怖いのです。結構なスピードで走っているわけですから、もしぶつかったりしたら結構痛いはずです。痛いだけならまだしも、怪我したら嫌ですし。

この節電は、しばらく続きそうだと思われますので、何かしらの対策が必要でしょう。
というわけで、オランダ時代に使っていた自転車につける小型ライト(ガチャガチャの景品になりそうなチープなライト)でもつけて走ったほうがいいのかなと思っています。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2011-03-31_07:51|page top

ウェブ・ブラウザー

最近は、もっぱらGOOGLE CHROMEを使用しています。
何せ早い。それに比べてFIREFOXは、だんだん遅くなっているような。。。最近FIREFOX4が投入されましたが、イマイチ使う気にはなりません。

最近、CHROMEの拡張機能が充実してきていることに気付き、色々と拡張工事をしています。

Google Translate
スペイン語を読むのが億劫なとき、またはまったく知らないフランス語などの文章を読むときに使います。

Google Dictionary (by Google)
難しい英単語が出てきても、これで簡単に訳せます。

Smooth Gestures
マウスを使用して、素早く、簡単にウェブページを操作できます。前のページや次のページに行くときに、わざわざ画面上のボタンを使うことなく、マウスだけで操作できます。

word highlight
ワード・ハイライト。選択した単語や文章をハイライトしてくれますので、単語を見つける時間を短縮できます。
これがあるおかげで、CHROMEを使えることができます。



関連記事

comments(0)|trackback(0)|DEGITAL|2011-03-30_22:22|page top

ジャーマン・ポテト

朝、とりあえず走る。いつもと違うコースを走ってみました。橋を渡ったら、そこは千葉県でした。
1時間10分で、大体11キロ。
天気が良いですけど、肌寒いですし、空気の乾燥が凄いです。ですので、汗がどんどん乾いていくように感じました。

昼に、ジャーマンポテトを作りました。イメージしていたよりも、じゃが芋がパサパサになりました。バターを使わなかったからかな?買ったベーコンにあまり油分が含まれていなかったのも原因かもしれません。

でも、わりとじゃが芋がおいしかったです。また作ります。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|日本(日記)|2011-03-27_13:55|page top

ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)


ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)
(2010/12/10)
山崎 元、水瀬ケンイチ 他

商品詳細を見る


投資本を購入しました。すこしずつでも勉強できればと思っています。

長期で考えているので、投資信託(インデックス投信)が良いのかもしれないと考えていますが、株の長期保有もありだろうなと思います。投信にするなら、月々決まった額を買うスタイルです。積み立て作戦というものです。

それほど難しくない本なのかなと思っていましたが、山崎元さんが書かれてる箇所は、なかなかうまく理解できません。もうちょっと読み込んでみる必要があります。

このインデックス投信を行う際に、色々なインデックスファンドがあるわけですが、一体どれを選べばいいのか?という問題にあたります。

インデックスファンドを購入する際に決め手とは、

1 ベンチマーク(運用の目標となる指数)

2 コスト(売買手数料、信託報酬)

3 ファンドの資産規模

のようです。

投信で、毎月コツコツと投信を購入し、ある程度貯まったら(目安は50-100万円くらい)、リレー投資が行うのが得策だといいます。リレー投資とは、投信よりもさらにコスト(信託報酬)の低いETFに移行させることです。

ETFとは、Exchange-Traded Fundのことで、取引所で取引される投信のことです。上場されている投信とでも言えば良いでしょうか。


なんでもそうですが、一冊の本を読んだだけで、理解したようになるのはリスクがあります。異なった作者のいくつかの本を読んで、もう少し投信及びETFに関してリテラシーを身につけ、それから色々とアクションを起こそうと思います。

仕事柄、リスクマネジメントに関しては十分気をつけるクセが付いています。一方で、リスクにとらわれ過ぎて行動のタイミングを逸することもあるので、リスクとリターンのバランスを考えることも必要だと思います。

石橋を叩いて壊してしまわないように。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2011-03-26_14:18|page top

Number Do

q.jpg

村上春樹氏のインタビューが載っているということで手に取りました。本屋で偶然、思ってもみない雑誌や本を見つけるというのは、本屋ウォーカーとして至福です。

インタビューの量は、およそ4ページくらい。内容は、「走ることについて」です。

『走ることについて語るときに僕の語ること』と重複しているところが多いですが、改めて面白いと思った点がありました。
春樹氏から、ランナー作家の第一人者としての責任感を感じたことです、日本にも、世界にも、日常的に走っている作家というのは少ないそうなので、このような立場を引き受けざるを得ないのでしょう。でも、今後ランナー作家は増えていく気がします。

春樹氏は、現在62歳。なんとかあと10年くらいはフルマラソンに出場したいと言います。そして、走っている間は長編小説を書けるだろうと確信しているようでした。逆に言えば、フルが走れなくなったときが、ペンを置くときになるということでしょうか。

『脳を鍛えるには運動しかない』を読んだ感想も述べており、自分の考えが間違えではなかったと言ってます。この自分の考えというのは、走ることによって、知的作業(小説を書く)を長い間続けることが出来たというのと、彼の精神状態が概ね良い方向へ成長することができたということです。

僕も、この本を2年ぐらい前に読んで、とても面白かったという感想を持ちました。かなり分厚くて、ちょっと小難しいですが、お勧めです。この中で特に興味深かったのは、アメリカのある高校で授業の前にランニングを取り入れたところ、生徒の学力が上がったという研究についての記述と、運動していれば鬱などのメンタルヘルス(公衆衛生ワード)にほとんどならないという部分です。最近、日本に限らず、他の先進国、さらには途上国でもメンタルヘルスの重要性が問われはじめています。急激な発展やら、まったく将来の見えない生活やら、仕事が忙しすぎることによって、ストレスを抱え、それがもとでメンタルの病を抱える人が増えているのですね。

Number Doと脳を鍛えるには運動しかない、を読んで再確認したことは、体を動かすという行為は、人間生活の根幹に関わるということであり、走ることによって人間は健全な肉体と精神を手に入れるんだ、ということです。



脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方
(2009/03)
ジョン J. レイティ、エリック ヘイガーマン 他

商品詳細を見る



関連記事

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2011-03-22_22:19|page top

RADIOのよさを実感

東北地震が起こって以来、家にいるときはラジオを聴いています。トランジスターラジオを持っていないので、もっぱらインターネットラジオを使って聴いています。

もともとテレビを持っていないので、情報を得る手段としてラジオは欠かせないと思います。

主にNHKのラジオを聴いていますが、それ以外の局のものも聴きます。

ラジオが良いのは、DJがきちんと聞き手が理解できるように語ってくれることです(きわめて当たり前の話だが)。言葉の持つ力をダイレクトに感じることが出来ます。言葉を聴いて、それを自分の頭の中で想像する(イメージ化)ことは、頭の働きにも効いてくる気がします。 DJの話しだけではなく、ところどころで音楽が流れるのもいいです。普段自分が聴かないような音楽なので、なかなか面白いです。

テレビは、視覚に訴える比重が大きいし、しかも無駄なテロップがどんどん出てくるのでそれだけでウンザリします。

普段生活する中で、視覚から得る情報量が多すぎるので、たまには耳から得る情報を重宝することは大切だと認識しています。


インターネットで聴くことが出来るラジオのサイト


NHK Online

RADICO



関連記事

comments(0)|trackback(0)|DEGITAL|2011-03-21_11:34|page top