STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2009年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

ユトレヒトとゴーダ

今日は日曜日。
天気がよかったので、急遽ユトレヒトとゴーダに行くことになりました。

ユトレヒトまで電車で28分。
ゴーダは、ユトレヒトから20分くらいでしょうか。

ユトレヒトは、オランダで4番目に大きい街ですが、それでも人口は30万くらいです。

SA500023.jpg


SA500029.jpg


SA500047.jpg


P1010848.jpg


P1010852.jpg


P1010855.jpg






ここからゴーダです。
ゴーダは、ゴーダチーズで有名ですが、日曜日なのでマーケットが休みでした。。。

P1010858.jpg


P1010859.jpg


P1010861.jpg


P1010862.jpg


P1010864.jpg


P1010868.jpg


P1010874.jpg
関連記事
スポンサーサイト

comments(2)|trackback(0)|TRAVEL|2009-03-29_22:44|page top

プレゼンとディベート

プレゼンとディベートの授業がありました。

一人が15分間のプレゼンをします。
公衆衛生に関するもので、問題提起をします。

それについて、10名がディベートします。ディベート時間はおよそ20分。
その後、ディスカッション・リーダー)が、ディベートの要点をまとめます。
最後に、プレゼンとディスカッションリーダーの出来についてのフィードバックがあります。

私のプレゼンを例にたとえると、
『日本の看護師は不足している。海外から看護師を受け入れるべきか?』
これについて10名が、『ハイ』『イイエ』に分かれてディベートします。
最後に、私のプレゼンの出来についてのフィードバックがディベートをした10名からありました。


で、私に対する評価ですが、厳しかったです。
プレゼンというものは、やっている自分の手ごたえと相手の評価が一致しやすいものだと思います。
今回は、やっている最中になんとなく芳しくないないなと思っていましたが、その通りの評価を受けました。

つっこみどころ満載というところでしょうか?
1 聴衆者とのインタラクション(相互作用。アイコンタクト、問いかけなどの意思の疎通)がない。
2 Unsureである。(もっと断言的に自信を持って話すべきである)
3 感情が表に出てこない。
と言われました。

準備不足もありますが、私の短所というべき点が今回のプレゼンで改めて浮き彫りになったと思います。

セルフ・アセスメント(自己評価)するとすれば、
結局一番の問題は、英語に対する不安だと思います。

英語が不安→余裕がない→聴衆者との対話まで頭が回らない
                 →自信がないように見える
                 →表情が硬くなる


という負のスパイラルに陥ったのではないかと思います。


アフリカンの表現の豊かさ、傲慢すぎるくらいの自信などを見習っていきたいと思います。

関連記事

comments(0)|trackback(0)|オランダ(日記)|2009-03-25_00:07|page top

ベルギー二日目(ブルッセル)

朝早くにブルージュを出発。
天気はイマイチ。

8時の電車でブルッセルへ。
1時間ちょっとで到着。

早速歩き始めました。
中央駅周辺を歩き回るのには、一日で十分だと思います。
しかし、美術館などに入るともっと時間が必要になってきます。
我々(私と親)は、主に教会を中心に回りました。

途中で入ったカフェテリアで間違ってアイルランドコーヒー(アルコール入り)を注文しましたが、寒かったのでかえって効果的でした。



MEMO0009.jpg
小便小僧、服と帽子姿。


MEMO0015.jpg
中央広場


MEMO0020.jpg



MEMO0019.jpg



MEMO0025.jpg



MEMO0033.jpg



MEMO0038.jpg



MEMO0041.jpg



MEMO0057.jpg
関連記事

comments(0)|trackback(0)|TRAVEL|2009-03-24_19:09|page top

ベルギーへ

一泊二日で、ベルギーに行きました。

最初にブルージュに行き、ここで一泊して翌朝にブルッセルに行きました。
強行日程でしたが、どちらも良い街でした。
特にブルージュは、まさに中世の街という感じで、圧倒されました。
レンガの家々が美しいですね。

朝、アムステルダム中央駅からアントワープへ。
アントワープで、乗り換えてブルージュへ。

ブルージュに着いたのは、午後の1時。
天気が悪かったのが残念ですが、さすがに北のベネチアと言われるだけあって、運河と建物の一体感を感じました。オランダの運河とはまた違った趣向です。


P1010802.jpg
アントワープの駅。いつかルーベンスの絵を見たいと思います。(フランダースの犬)


P1010818.jpg



P1010820.jpg



P1010825.jpg



P1010826.jpg


P1010831.jpg



P1010832.jpg



P1010836.jpg



P1010839.jpg



P1010842.jpg


関連記事

comments(0)|trackback(0)|TRAVEL|2009-03-23_18:54|page top

デルフトとライデン

デルフトとライデンに行きました。
デルフトは、陶器で有名な街です。
こじんまりしていて、非常に好感の持てるところでした。


P1010779.jpg


P1010782.jpg


P1010783.jpg


P1010784.jpg


P1010786.jpg


ここからライデン。
ライデンは、人込みが凄くて少々ウンザリしました。
学園都市だから静かなところだと勝手に思ってしまいましたが、そうでもなかったです。

P1010789.jpg


P1010790.jpg
関連記事

comments(0)|trackback(0)|TRAVEL|2009-03-21_05:35|page top

ザーンス・スカンス

親が来ていたので、いろいろなところに行ってきました。
まずは、ザーンス・スカンス。

アムステルダムから、およそ電車で20分。
アムス近郊で、風車を見るならここがお勧めです。

IMG_3856.jpg


IMG_3859.jpg


IMG_3861.jpg


IMG_3865.jpg


IMG_3866.jpg


IMG_3872.jpg


IMG_3873.jpg
関連記事

comments(0)|trackback(0)|TRAVEL|2009-03-20_18:34|page top

3月19日

今日、日本から親が来ます。
なので、これから迎えにスキポール空港に行ってきます。
明日、試験なのでノンビリしてられないのですけど、、、。


関連記事

comments(1)|trackback(0)|オランダ(日記)|2009-03-20_00:39|page top