STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

英語ベストセラー本の研究

英語ベストセラー本の研究 (幻冬舎新書 は 4-1)英語ベストセラー本の研究 (幻冬舎新書 は 4-1)
(2008/05/29)
晴山陽一

商品詳細を見る



新宿の本屋で見つけました。
そのタイトルどおり、過去60年の日本でヒットした英語学習本の歴史が紹介されています。
著者である晴山氏は、出版業界で英語学習本の編集に携わってきた方です。

年代ごとに、そのときのヒット作が紹介されています。
1940年代 赤尾の豆単
1950年代 英文をいかに読むか
1960年代 アメリカ口語教本、試験に出る英単語
1970年代 英語の話し方
1980年代 日本人の英語
1990年代 國弘流 英語の話し方
2000年代 ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本、英語・ぜったい・音読
が代表になっています。
私が、知っているのはビッグ・ファット・ファットくらいでした。
もちろん、アメリカ口語教本やでる単は聞いたことはありますが、実際に読んだことはなかったです。

一冊に対して数ページの記述がなされています。
私としては、1970年代に頭角を現した、國弘正雄氏の只管朗読についての記述が面白かったです。
只管朗読とは、國弘氏の造語であり、英文を声を出して読み込む作業のことです。
読むといっても、2,3回というレベルではなく、それこそ暗記するくらい(暗記が目標ではないが)、数十回(時には数百回)も読み込んで、英文を体にしみ込ませるくらいの回数をこなすというレベルです。

また、2000年代にヒットした國弘氏の『英語・ぜったい・音読』では、『英語習得の王道は音読である。』とはっきり述べられてます。

『超』英語法の著者である野口悠紀夫氏の言葉は耳が痛いです。
『英語勉強法などの本は読まず、ただちに英語の勉強を始めるべきだ』と言っています。
その通りですね(汗)。。。
彼は、とにかく短い英文を暗記せよと述べています。
短時間に英語をマスターする方法はない、とも述べています。中学、高校、大学でおよそ3千時間、英語をすでに勉強しているので、一般的な社会人はあと1000時間必要とのこと。一日1時間で3年です。

最後に、この本の著者である晴山氏が、究極の英語学習法の条件を挙げています。
1 学習の抵抗感をなくす
2 音読と暗誦を繰りかえす
3 リスニングを他の三技能に先んじる
4 継続が不可欠
5 まずは、磐石の基礎を築くこと肝要
ということです。

②と④が、特に肝の部分だと思いました。

この本を読んで、ちょっとやる気が出てきて、昨日は音読を1時間ほどやりました。
喉がガラガラです。

関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2008-07-30_16:45|page top

英語学習用③

速読速聴・英単語Daily1500―単語1200+熟語300速読速聴・英単語Daily1500―単語1200+熟語300
(2006/10)
松本 茂

商品詳細を見る



音読の重要さを認識したときに、見つけた本です。
自分にとって、あまりに難しすぎる英文を音読してもあまり効果がないということで、ちょっとやさしめの音読用教材を探しているときに見つけました。

付録CDが少し遅いですが、音読をやるにはちょうど良いと思っています。

以前、半分くらいまでコツコツ音読(1セクション20分くらい)やっていましたが、その続きです。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|語学(英語、スペイン語)|2008-07-29_14:23|page top

英語学習用②

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)
(2006/10)
森沢 洋介

商品詳細を見る



ボツワナに行く前に、急いで購入した本です。
アマゾンアタックしました。

どうしてこれを購入したかというと、英語を口から出す作業(口と喉の英語用筋肉を鍛える)を集中してこなしたかったからです。

しかし、継続的にやりませんでした・・・・。

これから、毎日最低30分は、この本で瞬間英作文トレーニングをやっていきます。
1 日本語訳を見て、それを英文にする作業
2 付録のCDを聞いて(英語)、それを英文に作業

このふたつをミックスしていきたいと思います。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|語学(英語、スペイン語)|2008-07-29_14:19|page top

英語学習用①

TOEFLテスト英単語3800 (TOEFLテスト大戦略シリーズ)TOEFLテスト英単語3800 (TOEFLテスト大戦略シリーズ)
(2002/10)
神部 孝

商品詳細を見る


名著の呼び声高い単語集です。
TOEFLやIELTSを受けるなら、避けて通れない本だと思います。

私は、TOEFL奮闘していたときにレベル3まで覚えましたが、留学前までになんとかレベル4(つまり最後まで)を完璧にしておきたいと思います。

レベル3まで完璧に覚えると、字幕つきで洋画を見たり、TIME誌を読んだりしたときに、非常に助けになります。
そのときに、この本の偉大さに気付きました。

レベル4は、およそ1000語。
一日30語覚えれば、5週間でいけそうです。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|語学(英語、スペイン語)|2008-07-29_14:13|page top

印僑

NHKの番組を見ました。
印僑についての番組です。


印僑という言葉は、始めて聞きました。
華僑というのは有名ですが、印僑という言葉は日本人が勝手に作った言葉らしいです。

印僑とは、在外インド人のことです。
ちなみに印僑の数は、2500万人そうです。

以前は、インドは貧しい国のひとつだったので、インドのエリートはチャンスを求めて、海外に流出していました。
しかし、現在のインドの繁栄を享受するために、例えばアメリカの大学を卒業してそのままアメリカに留まるのではなく、母国であるインドに戻ってくる人が増えているそうです。
つまりは、インドのほうが起業のチャンスがあるということですね。

80年代にインドを離れ、アメリカで事業を起こし成功した人が、インドで起業を夢見る若者たちの相談に乗る人

海外企業のインド人をヘッドハントするマレーシア在住のインド人

インドのベンチャー企業に投資をする人

などが紹介されていました。


今までは、成功を求めて海外に流出していた優秀な人材が、インドに留まるケースも増えているようです。
例えば、アメリカのオレゴン州立大学では、5年前にはインド人の留学生が140人いたそうですが、現在はその半分しかいなくて、大学側が危機感を感じているということです。
大学だけでなく、アメリカ政府も優秀なインド人留学生の減少について、かなりの危機感を感じているらしく、国を挙げてインド人留学生に獲得に本腰を入れていくそうです。

海外の優秀な人材を取り込むことによって、繁栄してきたアメリカ人らしい考え方です。


ボツワナにいるときに、インド人がやたらと多いことが気になっていました。(180万人しかいないボツワナにインド人が2万人)
これからは、それらの印僑がインドに戻っていくかもしれないです。
もしくは、印僑ネットワークを駆使して、新しい事業をボツワナで展開(エレクトロニックに必要なレアメタルなどの取引)していく可能性もありそうです。

印僑にしろ華僑にしろ、成功しようという意気込みには、いつも圧倒されてしまいます。





関連記事

comments(0)|trackback(1)|日本(日記)|2008-07-27_23:34|page top

海外送金

地元の銀行に行き、KIT(学校名)の学費を海外送金する。
ユーロがまた少し上がっており、現在1ユーロは169円。

振り込み手数料で6000円取られました。

関連記事

comments(0)|trackback(0)|日本(日記)|2008-07-23_20:09|page top

オランダの旅(2007年9月)

これからオランダに行くにあたり、オランダについての少し学ぼうと思います。

写真を見て、アムステルダムを思い出します。




RIMG0661.jpg

オランダといえば、運河
なんか建物が傾いています。




RIMG0769.jpg

アンネ・フランクが住んでいた家
いつも込んでいるらしいです。
朝から、観光客が並んでいます。




RIMG0778.jpg

運河の再開発
かなりモダンな建物に。
このあたりは、アムステルダムの町の中心から少し離れています。
自転車を借りて、行ってきました。




RIMG0709.jpg

かの有名なオクラホマ
高齢者用のアパートのはずですが、かなりポップな配色で・・・。




RIMG0699.jpg

裏側(表側?)を見ると、出っ張りが・・・。




RIMG0792.jpg

ほとんど水上生活




RIMG0667.jpg

オランダといえば、チューリップ
球根が売られています。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|オランダについて|2008-07-21_21:50|page top