STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

ジノビリがもう一年プレイする

サンアントニオ・スパーズのマヌ・ジノビリがもう一年NBAでプレイすることが決まりました。昨年は、大黒柱のダンカンが引退し、今年はいよいよジノビリも引退か、寂しくなるなと思っていたのですが、もう一年プレイすることを決めたようです。

彼がルーキーの頃から見ているプレイヤーであり、なによりも同い年ということで、いつでもシンパシーを感じていました。
もうすぐ40歳になるはずですが、NBAでプレイできる水準にあるというのがすごいです。
しかも、彼はアメリカ人ではなくアルヘンティーノ。並々ならぬ節制をしているのだろうなと想像します。

母国アルゼンチンでは、おそらくメッシ並に人気のある選手だと思います。もしかすると小さい頃にスペインに行ってしまったメッシよりも、アルゼンチン人の心を掴んでいるのはジノビリかもしれません。アメリカでも、ラテン系の人々はジノビリのことが大好きだと思います。サンアントニオは、多分中南米からの移民が多いだろうし。

彼のキャリアでは、ハイライトがいくつかありますが、個人的にはアテネ五輪の金メダルが一番印象に残っています。アメリカを破っての金メダルというのはすごいです。

ジノビリは、パス・シュートなんでもこなせるし、独特のステップを持っているので、柔の印象が強いのですが、ドラフト時に彼を指名したポポビッチ監督が『残っていた選手の中で一番運動能力の高い選手を指名した』ということで、実はかなりアスレティック能力の高い選手です。彼のハイライト集をYou tubeなどで見ると、かなり豪快なダンクをぶちかましているシーンがたくさんあります。さすがにアラフォーになるとそういうプレーは減りましたが、若い頃はエキサイティングな選手でした。

打倒GSWに有終の美を飾って欲しいです。
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2017-07-21_12:32|page top

NBAは、明らかに年俸が高騰している

オフシーズンに入ったNBAですが、トレードやら新規契約やら活発な動きを見せています。
一番は、現在NBAでレブロンに次いで重要なプレイヤーであるステファン・カリーの5年で2億100万ドルというとんでもない金額でサインしました。年間44億円以上です。

彼は、5年前の2012年に4年0.4億ドルでサイン(年俸約11億円)していますから、その時の比較すると年俸が4倍になっています。

そして、彼の控えガードのショーン・リビングストンが3年0.27億ドル(年俸約10億円)で契約しています。
控えガードに10億円というのも随分高くなったなという印象です。

クリッパーズでは、ブレイク・グリフィンが5年1.9億ドル(年俸約37億円)でサインしました。これには、ただただたまげました。ブレイク・グリフィンのようなシーズン後半になると怪我で試合を休み、POでほとんど活躍しないような選手に37億円というのはひどすぎます。ディフェンスは並みですし、リーダーシップを発揮するタイプでもない。クリッパーズは暗黒期に突入しそうです。

あと目立った動きとして、ペイサーズのエースだったPG13(ポール・ジョージ)がサンダーに加入することになりました。ウェストブルックとPG13のコンビは破壊力がありそうです。ぜひともGSWに一矢を報いることを期待しています。

こんなに選手の年俸が上がって、NBAおよび各チームは経営が成り立つのかよくわかりませんが、うまくやるのでしょう。
ほんの20年前(ジョーダンがいたところ)は、ジョーダンでさえ年俸は4-5億円程度だったのに、この20年間の年俸の推移には驚きしかありません。
comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2017-07-02_18:30|page top

調子がでない日ハム

日本ハムは、タイにも進出しているようで、スーパーに行くと日ハムのソーセージが置いてあります。
ファイターズを応援する意味もかねて、そのソーセージをいつも買っています。わりに美味いです。

さて、今季のファイターズですが、かなり苦しいシーズンです。まず、けが人が多いことが挙げられます。大谷から始まり、4割打者のコンちゃんが離脱(ヘルニアということで長引きそう。今季はもう無理なの??)が響いています。そして、投手陣は先発陣が安定していません。特に、高梨と有原。二人で30勝くらいしてほしいのですが、今年に関しては20勝すれば御の字ですかねえ。

現在、中盤戦ですが、打線はそれなりに固まってきました。1番太田、2番松本、3番西川、4番中田、5番レアード、以下は毎試合変わる。特に、1,2,3番はいい感じで固まってきているようです。特に2番松本。2011年のドラフト2位ということで、かなり期待されていましたが、今シーズンは一軍に定着しつつあり、スタメンが続いています。

来年が楽しみです。来年、大谷が残り、中田も残り、コンちゃんが怪我から復活するのであれば、1番太田、2番松本、3番西川、4番中田、5番コンちゃん、6番大谷、7番レアードとなるはずです。相当打線に厚みが出ますね。西武やソフトバンクに引けを取らない打線の完成です。

今年は、Aクラスも難しいかなあと早くも白旗です。若手にチャンスを与えてあげて、チーム力の底上げに取り組んでほしいと思います。
comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2017-06-24_13:37|page top

NBAドラフト2017

今シーズンが終わったNBAですが、今シーズンはたぶん一度もゲームを見ませんでした。なにか白けちゃったのです。
リーグでもっとも戦力が充実しているチームに、リーグを代表する点取り屋のデュラントが加入したということに対して。
そういうNBAファンって結構いるんじゃないでしょうか。

下馬評通りに、圧倒的な強さで優勝しました。大変面白くなかったシーズンです。

そんななか、アメリカ時間7月22日夜にドラフトが行われました。

いの一番に指名されたのは、大学NO.1の呼び声高いマーケル・フルツ。
得点優先のPGです。ブランドン・ロイの後輩にあたるワシントン大学出身です。
心配なのが、ワシントン大学自体のチーム成績はとても悪かったことです。それって、PGとしてどうなの?という気がします。
戦力が充実していなかったと言われればそれまでですが、そういうチームを勝たせるのがPGの役目かと。
76ersに指名されました。76ersは恐ろしいほどタレントが揃っているので、このPGを加えることで、どういう化学反応が起きるか楽しみです。そういえば、約20年前に76ersにドラフト1位指名されたのが、アレン・アイバーソンでした。1年目から23点くらい取りましたが、フルツは一年目からどのくらいできるか。

2位指名は、本人よりお父ちゃんが有名になってしまったこれまたPGのボンゾ・ボール。レイカースに指名されました。
レイカース自体パッとしないので、なんとも言えませんが、PGが変わればチームも変わるかもしれません。
1位のフルツと違ってこっちはパス優先型PGです。上背もあるので、将来が楽しみです。比較対象はジェイソン・キッドです。もしくは、ペニー・ハーダウェイ。

3位は、セルティックスが指名したジョッシュ・ジャクソン。上二人に比べて名前が地味ですが、今ドラフトではもっとも良いフォワードと言われています。ミドルレンジのシュートが得意です。あまり大成しないと言われるデューク大学出身プレイヤー。セルティックスは、東のチームではキャブスに次ぐ強豪なので、直ぐに起用されるかわかりませんが、戦力になればキャブスを脅かすかもしれません。

で、我がブレイザーズは誰を指名したかというと、ザック・コリンズ(ゴンザガ大学)です。
センターですが、サイズが厳しい(210cm)。。。今後のチームをどうしていきたいというのがよく分からないです。
うーん。しばらく迷走が続くかもしれないです。まずは、GMを首にしないと。。。

これから、NBAはストーブリーグに突入ですが、いろいろトレードなどがあるので楽しみです。最大の注目は、GSWを倒せるようなチームが誕生するかどうかです。


comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2017-06-24_08:59|page top

辛勝

7-4で競り勝ち、日本シリーズ進出を決めました。

朝方5時(日本時間夜5時)に目が覚めて、スマフォで試合経過をチェックしたら、9回裏で7-4でした。
そして、ピッチャーは大谷。

そのまま寝ようと思ったのですが、アドレナリンが分泌されたらしく目がさえてしまい、結局寝られませんでした。

データを見る限り、監督の采配が見事にあたったようです。控えの杉谷と岡という伏兵が攻守に活躍。そして主砲中田翔の本塁打と、最後の165キロ大谷。

これで4年ぶりの日本シリーズ。相手は25年ぶりに日本シリーズに出てきたカープ。当時のエースは佐々岡だったなあ。

クライマックスシリーズで、打ち込まれた高梨と加藤が心配ですが、そこはロングリリーフで谷元とバースにがんばってもらい、あとまあ5日あるので、マーティンもしっかり準備をしてシリーズで登板してほしいです。

最後に、大谷ですが。やはり少し無理しているのかなと。投打で高レベルのプレーを続けているので、疲労が心配だし、もっと心配なのは疲労による怪我です。

これだけの逸材なので、無理だけはしてほしくないです。
吉井コーチが言ってましたが、投手大谷はチームとして2,3番目に配置できれば負担が減るのだと思います。
とはいいつつ、シリーズまで中5日あるので、先発は大谷でしょう。

圧巻の投球でチームを日本一に導いてほしいです。その先は、大リーグかなと。今オフの移籍もありうる??
comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2016-10-16_09:01|page top

今日負けても、まだ3勝2敗

ファイターズ、負けました。

相手は好投手で、こちらは今年ブレークした高梨(千葉県茂原市出身)だったので、分が悪いと思っていましたが、やっぱりそうなってしまいました。

明日は、これまた新戦力(ルーキー)の加藤(千葉県南房総市出身)なんですが、ここで勝たないと3勝3敗で並ばれてしまいます。いくらエース大谷登板とはいえ、なんとしても明日勝たないといけません。

明日の相手の先発は、元エースの摂津。ここ数年はあまり調子が良くないというか、勤続疲労を起こしているので、つけ入るスキは十分にあると思います。

加藤は、太々しい印象があるので、太々しく投げてもらいたいです。
comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2016-10-15_06:35|page top

特上寿司3丁!!

6時くらいに目が覚めます。
日本とは時差が12時間。
日本のプロ野球の開始は、だいたい18時から。
なので、起きた瞬間に試合をスマフォでチェックしています。

今日は、特上寿司ブランドン・レアードが初回に貴重な3ランをかっ飛ばしました。
ワンアウト1.3塁で、4番中田翔が三振。。。でも次のコンちゃん(花子)がヒットでまず1点。

ここで、パリーグ本塁打王の特上寿司レアード。
さすがです。これで一気に昨日の嫌な負けを払拭しました。

この試合を勝って、一気に王手に持っていきたい。


comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2016-10-14_07:48|page top