STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住。

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

今月末は4連休なので、家族でルアンパバーンに行くことに

今月末は、タイでは4連休になります。

7月27日(金)が仏教の祭日で、7月28日(土)は現国王の誕生日です。7月30日(月)は誕生日の振替で休みになります。
ですので、7月27-30日の4連休となります。

最近、急にバンコクでは黄色の服を来た人たちが目立ってきましたが、これは国王の誕生色(前国王も黄色)となります。黄色の服を売る屋台もずいぶん増えています。この国では、黄色はとても大切な色なんですね。

この4連休では、急遽旅行に行くことにしました。タイのお隣のラオスに行きます。首都ビエンチャンではなく、街全体が世界遺産のルアンパバーンに行きます。バンコクから北におよそ900km。1時間半のフライトになります。成田から新千歳くらいの距離でしょうか。

この街は、人口2万程度の小さなところなのですが、かなり興味をそそられます。
興味をそそられたきっかけになったのは、こちらの本です。

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 (文春文庫 む 5-15)
村上 春樹
文藝春秋 (2018-04-10)
売り上げランキング: 2,095


”さて、 いったい何がラオスにあるというのか? 良い質問だ。 たぶん。でもそんなことを訊かれても、僕には答えようがない。だって、 その何かを探すために、 これからラオスまで行こうとしているわけなのだ”

”あなたも、もしルアンプラバンの街に来ることがあったら、 是非早起きして「托鉢体験」を試してみてください。 実際に地べたに座って、 お坊さんたちにカオ・ニャオを差し出してみると、 場の力というか、 予想を超えて何かしら 感じる ものが、 そこにはあります。”

”ルアンプラバンの街の特徴のひとつは、 そこにとにかく物語が満ちていることだ。 そのほとんどは宗教的な物語だ。”

”でも、その風景には匂いがあり、 音があり、肌触りがある。 そこには特別な光があり、 特別な風が吹いている。 何かを口にする誰かの声が耳に残っている。 そのときの心の震えが思い出せる。”

3泊4日の旅になります。

スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-07-16_12:11|page top

トレーニングの回数を変えてみる

2018年4月頭から6月頭にかけては、肩に痛みがあり満足にトレーニングができていませんでした。
それまでは、2017年9月から以下のようなペースでトレーニングをおこなってきました。

【大胸筋】と【広背筋】に分けて、大胸筋を中3日のペースで、広背筋を中3日のペースで。大胸筋の日は腕も一緒に、広背筋の日は肩も一緒というふうに。なぜ中3日にしているのかというと、大胸筋は回復するのに48時間、広背筋は回復するのに72時間かかると言われているので、どちらも72時間空けることにしました。

例えば、2018年1月はこんなでした。
1日 月:大胸筋
2日 火
3日 水:広背筋
4日 木
5日 金:大胸筋
6日 土
7日 日:広背筋
8日 月
9日 火:大胸筋
10日 水
11日 木:広背筋
12日 金
13日 土:大胸筋
14日 日
15日 月:広背筋
(以下続く)

このスケジュールだと、【週4回の週】と【週3回の週】が交互になります。実質、中1日のペースでジムに行っていたことになります。今にして思えば、体が完全に回復していなかったように思います。常に疲労感があった気がするし、怪我もしました。

また、上記は単身赴任時だからできたのではないかと思っています。時間が余っていたんですね。今は、家族が一緒なので、ジムに行っている暇は以前ほどなくなりました。

今後は、中2日くらいで続けていくのが良いのではないかと思っています。そして、質を上げるためにも、もう少し計画的にやろうと思います。

以下のように4つに分けて、それを中2日でこなしていきます。

①大胸筋(メイン)、広背筋、脚、腕
②大胸筋、広背筋(メイン)、脚、肩
③大胸筋(メイン)、広背筋、脚、腕
④大胸筋、広背筋(メイン)、脚、肩

(大胸筋4回、広背筋4回、脚4回、腕2回、肩2回)

2018年7月(予定)
1日 日 ①大胸筋、広背筋、脚、腕
2日 月
3日 火
4日 水 ②大胸筋、広背筋、脚、肩
5日 木
6日 金
7日 土 ③大胸筋、広背筋、脚、腕
8日 日
9日 月
10日 火 ④大胸筋、広背筋、脚、肩
11日 水
12日 木
13日 金 ①大胸筋、広背筋、脚、腕
14日 土
15日 日
16日 月 ②大胸筋、広背筋、脚、肩
(以下続く)

この中2日ペースだと、【週3回の週】と【週2回の週】が交互になります。そして、1回あたりがボリューミーになりました。中2日なので大丈夫かなと思っていますが、どうなることやら。

とにかく、怪我が怖いので、ウォームアップと休養を十分にしながら、進めていきます。
comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-07-07_04:41|page top

先々週から先週にかけて、両親が訪泰していました

6月21日から27日の日程で、両親が訪泰していました。
会うのは、昨年の10月以来なので8ヶ月ぶりです。
このときは、僕が日本に一時帰国していました。

今回の訪泰は、観光というよりは孫に顔を見たいというのが主目的だったので、スケジュールは緩めに設定していました。

6月21日(木) 夕方到着
6月22日(金) ワット・ポーとワット・アルン
6月23日(土) ダムヌン・サドゥアック水上市場とメークロン電車市場
6月24日(日) チャトチャック週末バザール、ソンブーンで蟹カレー
6月25日(月) ジムトンプソンの家を訪問、息子の体操クラブ見学
6月26日(火) ジムトンプソン本店でお買い物
6月27日(水) 早朝出発

バンコクという街は巨大都市ですが、実はあまり観光名所というものがなくて、せいぜい王宮エリアとワット・ポー、ワット・アルンくらいです。

到着した翌日に、ワット・ポーからワット・アルンへ行ってきました。僕がここを訪れるのは4-5回目です。一度行けば十分なところですが、友人が遊びに来たりすると、ここは外せないので回数が増えていきます。帰りは、ワット・アルンからチャオプラヤエクスプレスというボートでBTSサパンタクシン駅まで行き、そこからBTSでアーリーに戻りました。天気がよく、かなり暑い日でした。

3日目は、ダムヌン・サドゥアック水上市場とメークロン電車市場に行きました。
ツアーに参加するのではなく、タクシーをチャーターして連れて行ってもらいました。
ダムヌン・サドゥアック水上市場については、水上市場から少し離れたところで降ろされて、そこからモーター付きボートで市場まで向かうよう言われたのですが、このボートをチャーターするのに2000バーツもかかることがわかり、そんな馬鹿な話があるか(高すぎるという意味)ということで、運転手に直接市場まで連れていってもらいました。初めから、そうすればよかったんだけど。。。いろいろと利害があるのかなと。水上市場で、手こぎボートをチャーターしました。800バーツでした。多分、少し値切れると思います。

4日目の日曜日は、チャトチャック週末バザールに行きました。
ここは暑いし混むので朝早くにいくのが良いと思います。
夕方は、ソンブーンで蟹カレーです。食べ過ぎると胸焼けしますが、何度食べても美味しいです。

5日目は、ジムトンプソンの家に行きました。ここは初めてです。
タイシルクを世界的なブランドにした礎を築いた人であるアメリカ人のジム・トンプソンが8年ほど住んでいた家で、彼が収集した貴重な仏像や絵画などが展示されています。どれもかなり高価なものだそうですが、なんといっても木造の家それ自体がとても素敵です。シンプルな家なのですが、重厚で雰囲気があります。でも、ゴテゴテしていません。一言でいうと品の良い木造建築です。

ここでは、日本語ができるツアーガイドがいろいろ説明してくれました。ジム・トンプソンについて何も知らなかったのですが、いろいろ噂のある人だったようです。マレーシアで消息不明になったようですが、自分の意思でいなくなったのか、誰かに連れて行かれたのか、今でも謎です。

6日目は、ジムトンプソン本店に行ってきました。こちらも初めて行きましたが、デパートなどに入っている店舗よりも遥かに品数が豊富で、オーダーメードの衣服やカーペットなども作ることができるようです。何着か洋服を購入しました。それほど衣服には興味はありませんが、それでもジム・トンプソンのデザインを見ていると良いなと思いますね。

最終日は、朝8時過ぎのフライトだったので、ホテルを朝5時に出発しました。

今回の旅行については、予めタイトなスケジュールにしていなかったのですが、それでも北国生まれ・育ちの両親にとってはこの暑さは結構大変なもので、1日のうち、半日を活動、半日を家/ホテルで休み、夕方に外食というふうにしましたが、それでもそれなりの疲労はあったと思います。

父親が、食あたりを起こして一夜眠れなかったことを除けば、特に体調を崩すこともなく過ごすことができました。

我々にとっても、良い思い出になりました。

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-07-06_04:24|page top

未だ行ったことがないけれど、新しいイケア(ノンタブリー県)

タイには、イケアが2店舗あります。
ひとつは、数年前にオープンしたバンコク東部のバンナーにあります。

今年3月にノンタブリー県にもうひとつのイケアがオープンしました。こっちのイケアは、かなり遠いですが、MRT駅から近いというのがアドバンテージのように思います。



普段、通勤にパープルラインを使っていますが、僕が降りる駅からさらにだいぶ先にあります。最寄り駅は、MRTタラードバーンヤイ駅になります。ここで降りると、頑張れば徒歩で行けるのではないでしょうか。

アーリーからだと1時間半くらいかかりそうです。

小旅行のつもりで行くのなら、良いかもしれません。一度くらいは行ってみたいと思います。

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-06-21_05:57|page top

2日連続でチャトチャック方面へ

バンコクで生活しているとお金がすごくかかってしまいます。
生活費はもちろんのこと、息子の教育費などは家計にインパクトを与えてきます。

ですので、週末はなるべくお金を使わないで家族が楽しめることを模索中です。

例えば、公園遊び。

公園はお金がかかりません。バンコクにはいろいろな公園がありますが、アーリーから近いのはチャトチャック公園です。サッカーボールで遊んだり、遊具で遊んだりしながら、体を動かすと、親子ともにいい汗をかくことができ、肉体面・精神面にいい影響を与えます。

難点は、バンコクはなにせとても暑いので、あまり長時間遊ぶことができないということです。でも、1-2時間くらいだったら、大丈夫と思います。

先週末は、家族でチャトチャック方面に行ってきました。土曜日はチャトチャック・ウィークエンド市場に行って買い物をしてきました。ここは、本当に暑いですね。人混みがさらにその暑さを助長します。子どもがいると、1時間が限度です。

日曜日は、自転車サイクルをすべく、再びチャトチャックの鉄道公園に行ってきました。2週続けての鉄道公園です。今回は、マラソン大会が行われていたせいか、交通規制が行われていました。



息子用の自転車を借りて(20バーツ)、いざコースへ。

息子の自転車乗りスキルはだいぶ上達したように思います。でも、補助輪なしにトライするのはもう少し先かな。まずは、補助輪付き自転車を自分の手足のように自由自在に扱うことができるようになる必要があります。

天気が良かったせいか、多くのタイ人家族で賑わっていました。ここでファラン一家を見かけることはほとんどないです。たまに日本人家族を見かけるくらいです。

この鉄道公園は、交通の便が良くないことを除けば、かなりよい公園だと思います。
①整備がしっかりなされていること、②遊具が比較的新しいこと、③自転車レンタルできること、④トイレが新しくてきれい、⑤広いのでたくさんの人で賑わっていても人疲れしないこと。

こんないい公園は使い倒すしかないなと思っています。ちなみにこの公園は、もともとゴルフ場だったということです。


comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-06-20_04:26|page top

スワン・ロットファイ(鉄道公園)で自転車に乗る

日曜日に、息子と二人でスワン・ロットファイ(鉄道公園)に行ってきました。
自転車の練習のためです。

場所はチャトチャック公園から近いようで遠いです。モーチット駅からタクシーで行くのが安全・安心だと思います。タクシーでロットファイ公園まで40バーツほどです。

この公園は、入り口の前にレンタル自転車屋があり、かなりの数の自転車がおいてあります。こんなに多くの自転車を見たのは、オランダ留学以来です。

IMG_20180610_120824.jpg

20バーツで自転車を貸してくれます。IDカードを預けます。
補助輪つきの自転車を借りて、さっそく公園に入ります。サイクリングロードがある他に、ランニング用(ウォーキング用)のコースもあります。

芝生や遊具などもあるので、ピクニックのように大勢の子連れタイ人が来ていました。外国人はほとんどいなかったような?

前日、息子は昼寝をほとんど取らなかったため、朝から眠そうで、しかも体も重そうです。

IMG_20180610_114054.jpg

IMG_20180610_115337.jpg

ですので、あまり自転車の練習にはなりませんでした。遊具でも遊んだのですが、あまり体調が良くないらしく、あまり無理はできません。

IMG_20180610_122152.jpg


帰りは、ラップラオのショッピングモールに寄りました。タクシーを拾うために歩いていたら、見つけました。このショッピングモールは、セントラル・ワールド系のセントラル・プラザです。小樽銘菓のルタオがありました。こんなところで、ルタオが売れるのかわかりませんが、結構客が入っていました。

IMG_20180610_123744.jpg

マックを食べて帰宅しました。






comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-06-18_05:21|page top

ガイヤーンを食べる@エカマイ

普段、アーリーに住んでいるとエカマイやらトンローなんてめったに行かないのですが、用事があり、エカマイまで行ってきました。

ちょうどお昼時だったので、妻の要望でガイヤーン(焼き鳥)が有名な【サバーイジャイ】というお店に行ってきました。



エカマイ駅から歩いて20分位かかりちょっと遠いです。行きは徒歩で帰りはタクシーを使いました。

このお店、日本人には有名なお店のようです。でも店員はあまり英語ができず、注文は拙いタイ語で頑張りました。頑張りましたといっても、メニューの写真を指でさし、『これ、ひとつください』とかそんなレベルです。時間がランチを大きく過ぎていましたが、日本人が二組ほど来ていました。

注文したのは、ガイヤーン、ソムタム、手羽先、スープ、スイカジュース、タイ茶です。最近、この手のタイ料理レストランにくるとガイヤーンとソムタムしか注文せずに、全然タイ料理のレパートリーが増えないので、普段注文していないものを注文しようと思い、スープを注文しました。このスープ、から甘いスープで美味しかったですが、とにかく辛かったです。でも、レパートリーが増えたのは良かったです。

ガイヤーン(焼き鳥)
IMG_20180609_143814.jpg

ソムタム(パパイヤサラダ)
IMG_20180609_143804.jpg

手羽先
IMG_20180609_144030.jpg

甘辛いスープ
IMG_20180609_144020.jpg


これで640バーツだったので、良心的な値段だったと思います。いつぞやのプロンポンで食べた中華レストランが1200バーツもしたのとえらい違いです。

このお店は、用事でエカマイに来ることがあれば、また来てみたいお店です。
comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-06-17_04:48|page top