STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

南米パラグアイから戻り、2017年5月からタイ(バンコク)に行くことが決まっています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

パラグアイで一緒に仕事した同僚が日本にやってきた

一昨日、ワッツアップにパラグアイ時代の同僚から連絡がきました。沖縄の研修に参加することになり、日曜日(今日)成田に到着すると。

僕が、パラグアイを離れる三日前くらいに、彼からこの研修について聞いており、もしかすると3月に日本に行くかもしれないと言っていました。でも、その後全く音沙汰がなかったので、きっと研修参加を断念したんだと思っていたのですが、急に連絡がありました。

朝、成田に到着し、その後バスで羽田まで移動で、そこからJAL便で沖縄に飛ぶという旅程でした。こちらは、今日は妻の妹夫婦の家(横浜)に行く予定だったので、だったら羽田空港で合流できるのはないかと思い、そのように打診してみると、沖縄行きの便まで少し時間が取れそうなので、だったら会えるのじゃないかということで、羽田空港第一ターミナルのJALカウンターの前で落ち合うことにしました。

無事に、彼に会うことができました。

1か月半ぶりの再会なので、特に感慨深いというのもないですが、一緒に仕事をしたパラグアイ人と日本で会うことができるなんて機会はあまりないと思うので、よかったです。

羽田空港6階のデッキで、昼食を食べながらいろいろと近況について話をしました。

彼は、実は日本に一度来ており、1年ぶりの来日です。前回も沖縄での研修で、彼はその研修の成果をパラグアイでも実践していたので、今回また別の研修に参加できることになったようです。

10日間の日程で日本に滞在します。
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|日本(日記)|2017-03-11_23:05|page top

あっという間の一年だった

今年も今日で終わりです。

今年は(も)、あっという間に一年が過ぎたように感じます。特に下半期があっという間に過ぎました。夏とかほとんど何をしたのか覚えていません。。

夏は、7月にエルサルバドル、9月にパラグアイに出張しており、それらの出張前後はバタバタしており、気が付いたら夏が過ぎていました。

高校野球を観に甲子園に行ったんですけど、それくらいしか覚えていません。

来年はパラグアイに赴任が決定しており、新たな挑戦(チャレンジ)になりますが、いい一年にしたいですね。


comments(0)|trackback(0)|日本(日記)|2015-12-31_21:07|page top

ひざを痛める。。。

週末ジョギング計画を立ててから2週目で早くも体を痛めました。。
週末土曜日に走った時には特に問題もなかったのですが、翌日曜日に右ひざの内側を痛めました。

翌日曜日は、走り始めてなんとなく違和感を感じたんですが、体が温まると痛みが弱まったので大丈夫だと無理して6キロ程度走りました。でも、走った後に右ひざに違和感が。やっぱり痛みが少しあります。

筋を痛めた感じです。

やはりアラフォーにもなると、しっかり準備してから走ったほうがよいのかもしれません。

明日から出張なのに。。。

comments(0)|trackback(0)|日本(日記)|2015-08-24_22:55|page top

仙台育英惜しかったあ

6対6に追いついて、流れは育英に来ていると思いましたが、実力で勝る

東海大相模が9回に勝ち越して、そのまま逃げ切りました。

相模のエース小笠原は9回まで150球くらい投げていたのですが、そこでホームランとは、恐れ入りました。

育英のエース佐藤も頑張ったんですが、連戦の疲れか立ち上がりは体が重そうでした。

優勝するには、エース級を2人揃えないとなかなか全国制覇は難しいです。

今大会は、実際に甲子園に試合を見にいったので、思い入れのある大会だったし、接戦が多くすごく楽しむことができました。

ここ10年くらい、海外生活だったり、日本にいても海外出張だったりと、なかなか高校野球を見る機会がなかったのですが、今年は久しぶりにしっかりと試合を見ることができ、やっぱり高校野球はいいなと思いました。

毎年は行けないけれど、節目にはまた甲子園に行きたいと思います。

comments(0)|trackback(0)|日本(日記)|2015-08-21_10:32|page top

久しぶりに走ってみた



週末に少し走ってみました。
というのも、夏に向けて体重を減らす予定だったのですが、全く減りません。これだけ毎日汗をかいているのに、カロリーが燃焼していないのか体重が驚くほど減りません。

原因として考えうるのは、①そもそもの活動量が少ない、②帰宅が遅いのにもかかわらず夕食を満腹まで食べてしまう、の2点です。

まずは、日ごろの活動量の少なさを解消するためにも走ることが重要であると思いたち、走りました。
土曜日は6キロ、日曜日は3.5キロくらいのジョグをしました。
心地よい疲労感と腰は張りを感じました。いきなり6キロ走るのは無謀だったのかもしれません。
平日は全く走る時間がないので、週末はできるだけ時間を取って走ってみようと思います。

でも、来週から出張なんですよね。。(ホテルにジムがあるので走ってみようと思います)
comments(0)|trackback(0)|日本(日記)|2015-08-20_07:12|page top

コミュニティ活動に参加しました

ビジネス書とか読んでいると、たまに仕事以外でも自分の居場所をみつけるべきとか書いてあります。

それは、趣味のグループであったり、コミュニティ活動だったりするわけです。

で、たまたま現在住む地区でコミュニティ活動があるということで、参加してきました。

そのコミュニティ活動とは、「地区の清掃です」。僕の仕事は、その中でも過酷だと思われる「ドブさらい」でした。今まで、いろんな経験をしてきたと思うのですが、ドブさらいというのは初めての経験です。

世の中には、ドブさらいのための道具というものがあるのですね。こんな便利なものがあるとは知りませんでした。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/arde/0112-074429.html?sc_e=slga_pla

こういうので、側溝のドブを取り除くわけです。

朝8時からの開始でしたが、ゆうに30度を超える暑さの中で、45分程度頑張りました。

麦わら帽子をかぶり、首にはハンケチを巻いて頑張りましたが、45分が限度でした。それ以上やると血圧が上昇してしまいそうです。

過酷な労働です。

側溝では、カメを見つけました。あんなところに住んでいるカメはかわいそうでしたが、こちらも仕事で手いっぱいで、溝から救ってやることはできませんでした。それが心残りです。

あと、50㎝くらいの蛇をみました。赤みがかっていて狂暴そうなやつです。

今回参加したコミュニティ活動は過酷なものでしたが、こういうのには参加して自分が住む地区にはどんな人がいるのか、どんな世代の人がいるのか、等を知ることは結構面白いものだと思いました。

また、参加してみようと思います。


comments(0)|trackback(0)|日本(日記)|2015-08-02_21:12|page top

スカイツリー方面へ

今日は、妻の大学時代の友人宅にお呼ばれされまして、スカイツリーの麓(というべきか)まで行ってきました。

とてもとても暑い日でした。

妻の友人は、スカイツリーの麓のマンション(アパート)に住んでいまして、なかなかアクセスの良さそうなところです。
家の前には水辺があり、釣り堀が無料で開放されています。
また、子ども用の水遊び場があり、子どものいる家庭にはありがたい環境のように思いました。

そして、もう一点参考になったのが、なぜこのあたりに住むことを決めたのかについてです。
いわく、以前このあたりで働いており、親切な高齢者の人たちが多く、そこが決め手になったそうです。改めて考えてみると、そういう環境と言うのは小さい子どもがいる家庭にとっては、重要な要素のように思います。地域で子どもを育てていくという文化があるのかもしれません。以前の日本では、どこにでもあった文化だと思うのですが、そういうのがまだ残っているのかな。

将来、東京に住むことになった場合は、参考にしたいと思います。
comments(0)|trackback(0)|日本(日記)|2015-08-02_19:40|page top