STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

今回の家族訪泰で感じた息子の成長

今回の家族訪泰で感じた息子の成長について記しておこうと思います。

1.身長と体重
昨年10月に一時帰国した時とあまり変わっていません。身長は少し伸びたのかなと思いますが、その分細くなったような気がしました。あとは、顔がふっくらしたような。

2.身体能力
体を動かすことは好きなので、いろいろと出来ることが増えているようです。いつも保育園で足の早い子たちとかけっこしているようですし。難易度が高くて明らかにできないようなアスレチックに対しては【これはできない】と言うようになりました。以前であれば、どんなに難しそうなものでもまずは挑戦していた気がするのですが、これはやはり成長により、想像力がついてきたということでしょうか。ただ、一度高さ150cmくらいの細い橋を渡るアスレチックをやった時には、落ちたら怪我するような高さだったのにも関わらず、スラスラ怖がることもなく渡っていたので、身体能力は確実に伸びていると思います。そういう難しいのをクリアした時には、しっかり褒めるのが大切なんでしょうね。自信を持たせる意味で。

ベッドの上でプロレスごっこをやるのですが、かなり力が強くなってきました。本気で叩かれると結構痛いです。

3.言語能力
かなり上達してきました。大人との会話もだいぶ出来るようになったと思います。また、日本語とその他言語との違いがはっきりとわかってきているようで、僕が店員などと英語で話しているのを聞いて、あとで【なんて喋っていたの?】と質問するようになりました。タイ語もどうやら違う言語らしいと認識しているようです。

4.その他
これは仕方ないのかもしれませんが、久々に両親が揃うと甘えが出ますね。普段なら、着替えや靴を着脱は自分でできるのに、いつもやってと言っていました。また、外を歩く時に、抱っこやおんぶをねだっていました。まあ、これは仕方ないかなと思います。妻は自分で歩きなさいと言うのですが、僕はどうしても抱っこしてしまいます。そのせいか、肩と首がパンパンになりました。

日本からレゴを持ってきていたので、一緒にレゴ遊びをやったのですが、ああいうブロックを組み立てる作業というのは、指先を使うだけではなく、脳みそもふんだんに使うんだろうなと思いました。今までは、デュプロという一般的なレゴよりも大きなレゴ(3-5歳用)で遊んでいたのですが、今回タイで普通のレゴを購入しました。デュプロよりもかなり小さいので、扱う難易度が当然上がります。脳みそへの負担(刺激)も相当なものだと思います。久しぶりにレゴをやったら、すごく眠くなりました。

短期間だったのですが、色んな面で息子の成長を感じることができたのは良かったです。
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|CHILD-REARING|2018-01-09_07:09|page top

息子が3歳になった。

5月23日、息子の3回目の誕生日です。
早いもので、満3歳。
タイに来てから3週間が経過したので、3週間会っていないことになりますが、写真や動画を見る限り元気に過ごしているようです。

保育園にも慣れたかな?

最近、驚くのは言葉が正確に言えるようになったこと。

以前)ごちました → 現在)ごちそうさまでした
以前)ありがとう → 現在)ありがとうございました

大きな変化だと思います。
今日は、自宅でハッピーバースデーを歌ってから、ケーキのろうそくの火を消して、ケーキを食べたようですが、歌の後に、ちゃんと『有難うございます』というのが言えていました。

さらには、きちんとろうそくの火を消すことができました。
2歳の時の誕生日では、ろうそくの火の高さと、息を吹きかける高さがちょっとずれていましたが、この1年でその差を調整することができるようなったということです。

大谷やダルもそうですが、調整力というのは大切ですね。試合中に、投球フォームを修正できることがダルの強みであり、大谷もまだダルにはかなわないものの、そういった調整力が備わっていると思います。

誕生日プレゼントは、僕が日本を離れる前に、先んじてレゴブロックをプレゼントしていたのですが、そのほかにいくつか今日もらったようです。ちょっと前から野球帽子が気になるのか、あれほしいというようなことを言っていたので、大谷のナンバーが入った(11)帽子をプレゼントしました。ひさしの裏側に大谷の写真が載っているという、なかなかカッコいい帽子です。

8月にそれをかぶって、タイに来てくれることを楽しみにしています。
comments(0)|trackback(0)|CHILD-REARING|2017-05-23_19:15|page top

かなしい

タイに到着してから、ほぼ毎日、家族とスカイプやラインを使ってテレビ電話しています。

今日、妻から聞いた話です。
日本の住まいの近くには同年代の子どもたちがおり、今日息子は近所の子どもたち遊んだそうです。
そして、その子どものお父さんも一緒で、いろいろと遊んでくれたようです。
その帰り際、息子は自分のお父さんのこと(僕のこと)を思い出してしまったのか、突然『○○○の父ちゃんはいない~』と大泣きしてしまったようです。この日は妻が仕事でお義母さんに息子を見てもらっていたのですが、その光景を目のあたりにしてお義母さんもグッときてしまったようです。

妻が帰宅して、その話をお義母さんから聞くと妻は涙。

さらに、その話を妻から聞いた僕も涙。

小さい子どもがいるのに、こんな海外に来てしまって申し訳ないなあと思ってしまいます。
そして、こんないろいろ犠牲を払ってきているので、しっかり仕事をして成果を残さないといけない、無駄な時間にしてはいけないと気持ちを新たにしました。

家族は、夏休みに来る予定なので、それを励みにやっていこうと思います。


comments(0)|trackback(0)|CHILD-REARING|2017-05-07_09:54|page top

脱臼しちゃった。。。

明日で2歳11ヶ月になる息子が、左ヒジを脱臼しました。。

今日は、妻が仕事だったので、午後から息子と図書館に行って本を借りてきました。
図書館の駐車場で、息子を抱っこした時に彼の左腕に無理がかかってしまって、脱臼したのかもしれません。
幸い、近くの接骨院が開いていたので、すぐに治療を施してもらいましたが、子どもの脱臼は癖になりやすいということなので、気をつけなければなりません。少し強く腕を引っ張ったり、寝返りを打っただけで脱臼することがあるようです。


comments(0)|trackback(0)|CHILD-REARING|2017-04-22_08:17|page top

I doからI want to do

これまで撮りためてきた息子の動画を、たまに見返すことがあります。

Facebookにアップロードし、家族内でシェアできるようにしています。

昨年10月に撮った動画を見ていてあることに気付きました。当時、息子は2歳5ヶ月くらいだったのですが、~したいという表現を使っていませんでした。なにかを開けたいときなどは 指を指して「あける」と言っていましたが、今では「あけりたい」と言えるようになっています。

これは英語だとI doだったのがIwant to doと言えるようになったということだと思います。

いつから、「~したい」と言えるようになったか覚えていませんが、こうやって言葉を覚えていくのかと妙に納得しました。

おそらく、僕が第二外国語を学ぶ過程とそれほど違わないんだろうなと思います。もちろん、吸収のスピードと両方たるや段違いだと思いますが。
comments(0)|trackback(0)|CHILD-REARING|2017-04-10_09:16|page top

あけりたい、みりたい

どんどん言葉を覚えていっている2歳10ヶ月の息子ですが、変な言葉遣いが出てきます。

たとえば、「あけりたい」、「みりたい」。

「あけりたい」とは、「開けたい」のことであり、「みりたい」とは、「見たい」のことです。なぜか、「り」が余計に入ってきます。

そして、「やってなかった?」とか「行ってなかった?」とよく言いますね。「これ(とサッカー中継を指差し)、○○(自分の名前)はやってなかった?」とか、「これ(と野球の中継を指差し)、○○は行ってなかった?」と質問してきます。これって、おそらく英文法でいうところの付加疑問文だと思うのですが、こういう言い方を良くしますね。最近、多いです。

あとは、「しまりたい」とか言います。これは、「隠れたい」とか「タオルやふとんをかけてほしい」時に言います。

こうやって、徐々に日本語を覚えていくんですね。息子と接していると、いつも新しい発見があって面白いです。


comments(0)|trackback(0)|CHILD-REARING|2017-04-08_10:15|page top

やっぱり朝は早く起きてしまう

今週水曜日は、うまくいって、朝7時まで寝てくれた息子ですが、木曜日、金曜日はママがいないことに敏感に気づき、朝4時半に起きてしまいました。

ママなしで、7時まで寝るのは今の段階ではなかなか難しいです。ただ、そうはいっても毎日朝4時半に起きるわけにはいかないので、慣れもそうですが、寝る配置等もすこしずつ変えていかなければならないかもしれません。

夜8時に寝たとしても、朝4時半に起きると、睡眠時間は8時半程度なので、少し少ないです。最低でも9時間、できれば9時間半くらい寝たほうが良いと思います。最近の昼寝の時間は1時間ー1時間半程度なので、できれば夜ももうちょっと寝られたらと思います。

来週から、いよいよ午睡が始まります。これも息子にとっても、我々家族にとっても、次のチャレンジです。
comments(0)|trackback(0)|CHILD-REARING|2017-04-07_19:52|page top