STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

投資成績2017年上半期

2017年も半分が過ぎました。

ここまでの投資成績ですが、わりと順調だと思います。
昨年は、上半期は本当にやばくて(英国のEU脱退などあったり)、下半期に何とか盛り返したのですが、今年に関してはその逆の展開です。昨年の11月のトランプラリーあたりから、ここまでまずまずの状況です。

ただ、日経平均が2万円を超え、ここからさらに上昇するのはどうなのかなと思います。一進一退が続くのではないかと。日本の政治やアメリカの政治、あとは地政学的リスク(北コリア)などによって、大きく変動したりするのではないかと思っています。

個別銘柄では、ソニーがすごく伸びたと思います。ソニーは主力ですので、これが伸びると全体的に運用成績は良くなります。一方、同じく主力のマニーとトヨタは、一進一退です。

マニーに関していえば、2週間くらい前に結構一気に下がったので、その機を逃さずに積極果敢に買い増しすればよかったのですが、マゴマゴしていたらその後騰がってしまいました。

昔、柔道部物語という漫画の中で、『マゴマゴしている奴に、勝利の女神は微笑まねえ!』という五十嵐監督の名台詞がありましたが、まさにその通りです。

リスクとリターンというのは、表裏一体と理解しています。果敢にリスクを取りに行くことで、その他多勢を出し抜くことができると思います。マニーの場合、主力にしているわけだから自信のある銘柄です。だからこそ、下がった時には果敢に買い増ししてもよかったじゃないのかと自答しています。また同じような状況が起これば、果敢に行きます。

スターマイカとオカダアイヨンが、めでたく2倍になりました。どちらも100株しか保有していないので、あまり勝った気がしないですが。。。
あと、ハイデイ日高が5倍(いわゆるファイブバガー)になりましたが、こちらも100株だけなので、以下同文。。。

インデックス投信のほうは、相変わらず毎月3万3千円をコツコツ無造作に積み上げています。
積立を開始してからかれこれ6年目に突入しています。成績は、まあこんなもんかという程度です。
個別銘柄に比べると、ダイナミズムはありません。その代りボランタリーが小さいので、精神安定剤のような存在になっています。

インデックス投信に関しては、どんどん低コストの商品が出てきているので、そっちに鞍替えるするのは一案であると考えています。その場合、積立額の増額も検討しています。一気に倍以上とか?

普段の生活費(住宅費、食費、光熱費、通信費等)を株の益でカバーし、給与を丸々貯蓄するような仕組みができれば、かなり生活が楽になると思いますが、なかなかその道のりは長く険しいです。
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|INVESTMENT|2017-07-31_06:52|page top

トヨタ株

トヨタに限らず、自動車メーカー銘柄は景気循環銘柄と言われます。
景気に敏感な動きをします。
景気が良ければ自動車が売れるので騰がるし、景気が悪ければ自動車が売れずに下がる。
本当は、そんなにシンプルではないですが、大体はこんな感じです。

現状では、トヨタ株はこのところ下がりもせず上がりもせず、良く言えば安定しています。
これは、もしかして仕込む(買い増しする)チャンスなのではないかと捉えています。
配当利回りを確認してみると、3.3%を超えています。

日本経済新聞

3.3%の配当利回りということは、
100万円分保有すると毎年3.3万円(課税前)、
500万円分保有すると16.5万円、
1000万円分保有すると33万円、
が自動的に入ってくる計算になります。

もちろんそんなに余裕資金はないので、たくさん保有できませんが、将来に向けてコツコツ増やしていくことはできるかなと思っています。

モノづくり国家:日本を代表する企業トヨタ。
勝負銘柄として(すでに主力級なので勝負しているんだけど)、自分の資産を預けることができる銘柄のひとつとして考えています。

そのほかでは、ゴーン率いる日産の配当利回りがなんと4.6%となっています。トヨタと日産を半分ずつ購入すると、利回りがちょうど4%くらいになります。4%なんて、恐るべき数字であると思います。

少し頭を冷やしつつ、考えます。
comments(0)|trackback(0)|INVESTMENT|2017-07-15_22:58|page top

投資で最も大切なことは退場しないこと

投資も語学や仕事と一緒で、コツコツと経験や学びを得ながら上達していくものなんだと思います。

投資でもっとも大切なのは、『退場しないこと』に尽きると思います。
つまり、投資を継続するということです。

逆に言うと、一発逆転を狙ってハイリスクな投資に手を出し、失敗して退場ということは絶対に避けなければなりません。
まだ、投資を本格的に初めて6年程度なのですが、これがこの6年の中で学んだもっとも大切なことです。
これまでの6年、退場しないでやってこれました。微々たるものですが利益を出すことができています。

この6年の間にはアベノミックスやトランプラリーがあったので、もっと上を目指せたのではないかと思わなくもないのですが、退場せずにこれたのは、本当に良かったと思っています。運が良かったというか。

今後も退場しないように投資に取り組んでいく際に、留意すべき退場しないための3か条としては、以下が挙げられます。

1.分散投資(複数銘柄に分散させる。)
2.現物取引(信用取引には手を出さない。)
3.リスク資産の割合を高めすぎない(メンタル安定のためには、リスク資産と無リスク資産の割合は5:5くらいがちょうどよい。)


子どもの教育費、我々(私と妻)のリタイア後の生活費のためにも、これからもコツコツと手堅い投資家でいこうと思います。

『粘る投資』:勝てなくてもいいので、負けない投資家を目指します。
comments(0)|trackback(0)|INVESTMENT|2017-07-08_10:00|page top

若干、円安に触れてきたかな

5月はうまく乗り切れたのに、6月に入ってから日経平均は下がり続けていました。その結果、僕の保有銘柄群もダラダラと下げていました。今年のプラス分がすっからかんになったと思います。

しかし、今週から徐々に円安に触れてきており、そのおかげなのか日経平均が上昇気流です。

一昨日は、ソニーが3%くらい騰がりました。
ソニーを保有して久しいですが、一日でこんなに騰がったのは初めてです。

ここ一年ほどいろんなところで、ソニーは復活しつつあると言われてきていますが、株価を見ていてもそんな状況が確認できます。正直、ソニー商品にそれほど思い入れはないのですが(ウォークマンは好きだけど)、世界と戦えるポテンシャルを秘めた企業だと思っているので、応援しています。
もう一回、ウォークマンで世界を席巻したあの頃のカッコよかったソニーのようになって欲しいと願っています。
そうなったら、きっと株価は今の2-3倍くらいになるんじゃないかな。

一方、他の主力であるトヨタはさっぱりです。
ただ、配当率が3%を超えてきているので、粘り強く保有したほうがいいのかなと思ったりもしています。税金でいくらか引かれますが、3%の配当率ということは、例えば100万円分保有していれば3万円が毎年入ります。1000万円分保有していれば30万円が毎年入ります。

どちらかといえば、キャピタルゲイン>インカムゲインというスタンスでいますが、たまに入ってくる配当の力を軽視はできません。
配当を再投資することが大切だ、と誰かが言っていましたし。

その他では、コムチュアが好調です。早く分割してくれないかと期待しています。

comments(0)|trackback(0)|INVESTMENT|2017-06-21_09:01|page top

海外にいても、日経平均の動きが気になる

タイにきて、2週間が経過しました。今のところ体調を崩すこともなく、元気にやっています。

元気といえば、日経平均がまた騰がってきました。北朝鮮リスクが沈静化しつつあるということ、フランス大統領選挙が終わったことにより地政学的リスクがある程度落ち着いたという結果なんだと思います。

そういった背景のもと、所有銘柄の含み益は今年に入って一番の入りになっています。
その中でも、ソニーやマニーといった銘柄が騰がってきています。一方で、ソニーとマニーとともに三羽烏(3主力)の一角を担う、トヨタ自動車がさっぱりで、低空飛行(ギリギリで含み益状態)です。

そのほかでは、コムチュアとオガダアイヨンが2倍を目指せるところまでやってきました(それぞれ+80%くらい)。

Sell In Mayなんて言葉(文字通り、5月に売れ)がありますが、今年は当てはまらないのかもしれません。昨年は、この時期ひどいありさまだったことを考えると、有難いことです。
comments(0)|trackback(0)|INVESTMENT|2017-05-13_19:09|page top

最近の投資環境

2-3週間前は一時北朝鮮に関する地政学的リスクで、日経平均はダダ下がりしていました。

その結果、今年のプラス分が2週間位でゼロまでに下がってしまいました。その下がりっぷりには、日ハムのだめっぷりな戦いと相まって、相当落ち込みましたが、ここ1週間は、この北朝鮮の地政学的リスクが若干弱まり、日経平均は息を吹き返してきています。

日ハムは、相変わらずどうしようもないですが、僕の保有銘柄はそれなりに健闘しています。

三機サービスとソニーに期待しています。
特にソニーは、昨日業績の上方修正が発表されており、かなり期待できるような。

営業利益は2,850億円(従来予想2,400億円)、税引前利益が2,500億円(同1,960億円)、当社株主に帰属する当期純利益が730億円(同260億円)へと上方修正されています。

明後日が楽しみなんですが、明日のフランス大統領選の結果が気になります。この間のオランダ大統領選は無難な結果に終わりましたが、フランスでもし極右政党が政権を握ったら、また少しおかしな状況になっていくのかもしれません。



comments(0)|trackback(0)|INVESTMENT|2017-04-23_06:21|page top

スター、まあいっかあ

スター、まあいっかあ、こと(株)スター・マイカから株主優待券が到着しました。
2700円分のノエビアの入浴剤セットになります。

これを2700円出して購入するか?と言われれば絶対購入しないと思いますが、ただでもらえるのなら有難い品です。まだまだ寒い日が続きますので、重宝しています。気持ち、体があたたまる気がします。

comments(0)|trackback(0)|INVESTMENT|2017-02-28_14:10|page top